Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






生々流転  | Family
MIZUASOBI.gif


『人間は、オギャー! と生まれて、

飯を食らって、

そして、糞して、

歩きながら死ぬ。 

ただそれだけだよ。』



種田山頭火か松雄芭蕉か何かの請負だと思うけれど、そんなセリフが口癖の父親でした。


思春期の僕が、最初にこんな話を聞いた時には


『なんか人生あきらめているみたいなセリフだな』


って正直思った。


だって、あの頃はそんな最低限の営みは当たり前のように親が用意してくれて、僕はきらびやかな世界への憧れをどんどん増幅させていたからね。


だけど、最近になってやたらとこのセリフの真意が身にしみてきたような・・・・・


あきらめの言葉でもなんでもなかったんだ・・・・

人生、何時いかなるところで、どんなスタンスで生きていようと前向きに生きる理由がある。



細胞一つ一つが望む事が、狂おしいほどうごめいて、
僕らの体を形作り、脳を通して『生きる事』を激しく実行に移す。




昔、めったに時間を共にしない親父と珍しく二人きりで映画館へみに行った、『二百三高地』という映画を今でも覚えている。


厳しいシベリアの悪天候と必死で戦い、最後には部隊が全滅してしまう兵士たちの、あの雪の上に小便をするシーンは今でも忘れられない。
小便がすぐさま凍ってしまい、若い兵士たちはその痛みに苦しみながらの最低限の生きる為の営みを行っていた。


なんとも浮かばれない、希望の無い映画を小学生の頃に見せられたものです。 壮絶な死を遂げる兵士たちの姿と、それを物語るように


さだまさしの『生々流転が』バックグラウンドに流れる。


教えて下さい、

この世に、生きとしいけるものの

全ての命に 終わりがあるのならば~

海は死にますか?

山は死にますか?

風はどうですか?

空もそうですか?

教えてください。



確かこんな感じの詩だったかな?


今でも、希望の光が日々一刻と薄らいでいく-40度の苦境の中で、希望を捨てず生きる望みを持ち続けた若い兵士たちの姿が目に焼きついて離れません。



その時に受けた衝撃は不思議とあの当時よりも今のほうがある意味強いような気がします。


あの当時理解できなかったのは、彼らの胸中にあった『昇天』。 つまり、なんでこんなにがんばって浮かばれないの? という事ばかりで、彼らが生きる事を全うした喜びというものがまるっきり理解できなかった。



人生の中で何度も聞いた『悔いのないように』って奴・・・・



そして、あの親父のセリフも・・・・



有機物と無機物の違い・・・・


『生きている、もしくは以前生きていた可能性のあるものは全て炭素を持っている。』 


つい最近、微生物の勉強でそんなことを知った。



つまり何かを燃焼させたことがあるものが有機物で


それが生きた、証 っていうこと。


そんなこんなで、当時親父が僕に何を言いたかったか? って振り返って考えると、多分


『結果はどうであれ、歩き続けることに意義がある!』



という事なのかな? どんな苦境の中で、たとえ自らの人生が何の価値を持たないように思える時が来たとしても、希望を捨てず歩き続けることが命を燃やす事!


体の芯が熱くなる。それを感じたら、なんだかとてつもない幸せに導かれるような気がしませんか?


親父は表面的なものや物質的な欲求を満たす事よりも、そんな究極の幸福感がこの世に存在する事を教えてくれようとしたのだと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


『お父さんとお母さんは、カナダへ旅行へ行って来るから・・・試験勉強をがんばりなさい・・・・・』 


『最近、さりなの写真が見られないのがちょっと寂しい・・・・』



見せてあげましょうぞ! 命を燃やしている孫の姿を!!!!




っていっても今頃旅行中かぁ・・・・・



Happy Fathers Day








スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=父の日 - ジャンル=結婚・家庭生活

【2006/06/19 01:08】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






<<父の日のひととき | Top | SAMURAI>>
コメント
REDさん中田はかっこいいですね。

それにしてもワールドカップは残念でした。
【2006/06/30 02:33】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

燃え尽きました・・ジーコジャパン!
背水の陣で臨んだ予選最終ブラジル戦。
王者ブラジル相手に最低でも2点差で勝利しなければ決勝トーナメントには進めないという、日本にとってはかなり苦しい状況。
先制点こそ決めたものの結果は4-1で完敗・・
試合後ピッチに倒れこんだまま交換したユニホームで顔を覆ったまま一人男泣きしていた中田の姿に胸が痛くなりました。
これまでボクが持っていた中田のイメージに無い行動だったので余計に印象的でした。
きっと誰もいないところでは何度も泣いたんだろうな・・・
頑張ったのはみんな同じだけど、常に代表のスポークスマンとしてインタビューにクールに応える中田。
時にチームにとっての目の上のタンコブ的に叩かれる中田。
スポーツ選手という常に結果がすべてという過酷な環境で三度ワールドカップに日本を率いてきた中田。
ボクが見てきた彼に笑顔の中田はほとんどいない。
彼が人生をかけてきたサッカーはスポーツとしてのサッカーじゃないんだろうな。
日本対諸外国との戦争だったのかもしれない。
だとしたら勝利以外の笑みなど有り得ないし、戦いの途中での笑みも有り得ない。
サムライなんていないこの時代に今日一人のサムライの生きた証しを見ました。
【2006/06/23 19:03】 URL | RED [ 編集] | page top↑

============================================================

ゆきてぃ~さん王様だなんて、いつもどおり家来で終わりましたよ。(笑)

広島県人会も人数が増えたようで! 楽しみたのしみ

もう会長はお帰りで・・・?

日程の件は近いうちに連絡をします。
【2006/06/20 11:11】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

父の日ですねv-238
今日ばかりはCoolcutsさんも王様のように振舞っても良い日。(笑)
素敵な父の日を過ごしてください。

しかし、久々に見たさりなちゃん、日焼けをして健康的になっていますね~。(☆∀☆)

そろそろ県人会第2回目を開こうと思うんだけど、今月終わりか来月初めくらいで都合の良い日があればメールをしてくださいね。
【2006/06/19 04:11】 URL | ゆきてぃー☆ [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/981-46395c39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。