Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






通じ合う心  | 海外旅行
Flag--Mexico.jpg


昨日の夕暮れ時uz君から電話がかかった。

『今、国境越えの列に並び始めてます』

そう、彼らはメキシコへ勇敢にも2人きりで旅行へ行ってアメリカへ帰って来る途中僕を訪ねて来てくれたんです。

(無事でよかった・・・・)って思いながら、僕は6時から一時間ほどアポイントメントがあったので、SweetwaterのHanaokaというジャパニーズレストランでお二人と待ち合わせをしました。


『参りましたよ~。メキシコの道路はわかりにくい。曲がるすぐ直前に小さな標識が立っているだけで気がついてもタイミングを失って通り過ぎてしまうとUターンする場所もないんだから・・・・・。』


自分が何処を走っているか解らなくなるたびに通りがかりの人に、“英語話せますか”って聞いてまわってね・・・・・・

今日は何回『Can you speak English ?』って言葉を言ったか解らないよ。

いったい俺の母国語はなんなんだ? って状態ですよ~。

それでも英語が少しでもわかる人を見つけると本当に嬉しくなってしまって・・・・・。


だけど、スッゴク嬉しかったのは、まったくスペイン語しか解らないおじさんに道を聞いた時に、“ロザリト”っていう地名だけであとはボディーランゲージで会話をしたんですよ。

それが、通じちゃったんです!!!


コミュニケーションしていた。 言葉を使わずに相手に言いたいことが伝わって、相手がそれに対して答えてくれた事が僕達に理解できた。

ただ単純に言葉で通じ合うよりももっと感動したんですよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人と人がコミュニケーションを取るために口にする言葉のうち80%は不必要な表現という事を以前どこかで読んだ事があります。 伝達の確実性を高めるために言葉というルールがある事は人間にとってとっても重要な事に違いありません。

だけど以前ちょっとお話をしたアメリカ人の男性がドイツで見た勇敢な日本人青年ことをいまだに覚えていて僕にその時の驚きを伝えてくれました。

彼は、ありとあらゆるものの写真を持ち歩いて、まったくドイツ語も話せないのに、それらの写真を使って地元の人とコミュニケーションをしていたそうなんです。

言葉が通じる事の便利さはアメリカにやってきて、言葉が不自由な思いをしながら生活する事でいやと言うほど痛感しました。だけどその一方で言葉が誤解を生み言葉が人を傷つける事にもまた注意を払わなくてはならなくなります。


案外人はお互いにちょっと言葉が不自由な状態で、『すみませんもしかしたら間違った表現をするかも知れませんがその時は許してくださいね。』って互いに失敗がある事を認めながらコミュにーケーションをする方がうまくやっていけるのかもしれない。

いずれにしろ、互いに分かり合おうっていう心を無くしてしまったら全て終わり。

結論は、


会話は通じ合おうとする心に支えられて成り立っている。


と、言う事では無いでしょうか?


それにしてもuz君とゆり庵さんの勇敢さには脱帽です。エキサイティングなメキシコの旅お疲れ様でした。




スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=海外旅行記 - ジャンル=海外情報

【2006/04/29 01:56】   トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑






<<バーバラがカリフォルニアにやって来た訳 | Top | Inaudible Melodies / by Jack Johnson>>
コメント
uz君いや~君達は英雄ですよ!!!
本当にこれからの人生、生きていく中で重要な事をこの旅行で学んだのではないですか? uz君とゆり庵さんが日本に帰ってもきっと言葉の通じる国でもメキシコでの体験が生きてくると思います。
いや~いい話をありがとうございました。 NY楽しんできてね
【2006/05/01 13:52】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

どうも、uzです。

紹介ありがとうございます(^^*)

ホントに我ながらエキサイティングな旅でした。
メキシコ内は危険って聞かされてたから、国境前で駐車して
バスで行こうとしてたのに、気付いたらメキシコ内に
入っちゃってましたから・笑

帰りも散々迷って、アメリカ国境が見えたときは
近年ないくらい感動しましたよ~。

メキシコで出会った人たちはみんないい笑顔をしていて、
僕たちの旅を最高のものにしてくれました!
【2006/05/01 03:26】 URL | uz [ 編集] | page top↑

============================================================

Fujikoさん今日は! 僕はコチラへ来て会話をするとき、この解ってあげようという相手の気持ちにかなり支えられています。本心はどれほどもっとスムースにコミュニケーションが出来ればと願っているか! だけど、その反面、この状況で通じたからこそ嬉しいっていうのも確かにあります。本当に互いが通じ合うための努力を持ち寄るからこそ通じたときになんだか、本当に心が繋がったような気持ちになれます。
【2006/05/01 00:04】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

Tedukaさん道に迷って困っている外国人と言葉が通じないのにそれでも一生懸命理解して助けてあげようとする。その心と、一生懸命伝えようとする彼らの心が途中で“無理”って思った瞬間に通じるものも通じなくなります。 気持ちって大切ですね。
【2006/04/30 23:58】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

同じ言語を通していても、つまらない誤解や勘違いなどが余計な問題を引き起こしたりと、心を伝えるって以外と簡単な事でもない気がします。自分の言いたい事だけを言いたいように言うのでなく、相手を思いやりながら丁寧に会話を進めるって、普段から心掛けるべきだなと改めて思いました。言葉の通じない相手同士が通じ合うって、本当に感動的な体験ですよね。この感動を大切にしていれば、人類皆兄弟、暴力や争いも減ると思うのですが...。
【2006/04/30 19:45】 URL | Fujiko [ 編集] | page top↑

============================================================

体当たりの旅ですね、すごいです。こういう事例を見るにつけ、コミュニケーションは、技術ではなくハートなんだなぁということがよく分ります。
【2006/04/30 09:43】 URL | Teduka [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/876-147c6bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。