Top | RSS | Admin
Bad day / by Daniel Powter  | MUSIC
ちょっと落ち込んだとき気持ちを勇気付けてくれる一曲をご紹介します。




ダニエルがまだ子供の頃、彼は他のほとんどのクラスメートがするようにようにアイスホッケーをプレイしませんでした。

その代わりに彼は、お母さんがピアノを弾く傍らバイオリンを弾くことを楽しんだのです。何はともあれ、彼の生涯の中で2つの出来事が彼にとって音楽が自分の一番やりたい事であると気付かせました。だけど、彼自身のやり方でね。

彼は難読症で、彼のバイオリンの先生は才能を厳しく判定しました。

ある時先生がダニエルに『楽譜がさかさまよ』って注意した時に、彼は凝り固まった音楽の世界を抜け出して自分自身の方法を見つけ出すべきだと悟った。もう一つの大きな理由は学校の他の連中にバイオリンを弾く事でいじめられ、目にあざを作って帰ってきた時だ。

『俺はもう2度とバイオリンなんか弾かない!』彼はそう思った。


それこそがダニエル・ポーターの『GOOD DAY』だったのではないでしょうか?

バブルの後に社会人になった若者達の喪失感をくすぐる一作ではないでしょうか?現実をちゃんと受け止めたうえで、未来に生きる活力を育みましょう!!!

公式ホームページ

When Daniel was a kid he didn't play hockey like most of his classmates. Instead he played the violin accompanied by his mother on the piano. However two events in his life made him realize that music was something that he wanted to work with, but in his own way. Daniel was dyslexic and his violin teacher was very strict on reading abilities.

Once she told Daniel that his music sheets were upside down, that's when he realized that he had to break free from the structured thinking in music and go his own way. Another big reason was that the other kids in school bullied him for playing the violin. The time he came home with a black eye he thought, "‘you know what? I'm not doing this anymore.'" that is seems to be a good day for Daniel Powter.

'Jimmy Gets High'
Bad Day/ by Daniel Powter

Where is the moment we need at the most
You kick up the leaves and the magic is lost
They tell me your blue skies fade to grey
They tell me your passion's gone away
And I don't need no carryin' on

You stand in the line just to hit a new low
You're faking a smile with the coffee to go
You tell me your life's been way off line
You're falling to pieces everytime
And I don't need no carryin' on

Cause you had a bad day
You're taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don't know
You tell me don't lie
You work at a smile and you go for a ride
You had a bad day
The camera don't lie
You're coming back down and you really don't mind
You had a bad day
You had a bad day

Well you need a blue sky holiday
The point is they laugh at what you say
And I don't need no carryin' on

You had a bad day
You're taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don't know
You tell me don't lie
You work at a smile and you go for a ride
You had a bad day
The camera don't lie
You're coming back down and you really don't mind
You had a bad day

(Oh.. Holiday..)

Sometimes the system goes on the blink
And the whole thing turns out wrong
You might not make it back and you know
That you could be well oh that strong
And I'm not wrong

(yeah...)

So where is the passion when you need it the most
Oh you and I
You kick up the leaves and the magic is lost

Cause you had a bad day
You're taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don't know
You tell me don't lie
You work at a smile and you go for a ride
You had a bad day
You've seen what you like
And how does it feel for one more time
You had a bad day
You had a bad day



BAD DAY

僕らがあれほど待ちわびた瞬間はどこへ消えてしまったんだろう?
君達が若葉を蹴り上げた時に、魔法を失ってしまった
彼らは僕に、『君達の青空が灰色に色あせているんだ』という
彼らは僕に、『君達の情熱がさめてしまったんだ』って言うんだ。

だから、僕はもうこれ以上がむしゃらになんてしなくていいんだ!

君達はさらに落ち込む為に順番待ちしてる
持ち帰りのコーヒーを片手に作り笑いをして。
君達は生活がはみ出してしまって収拾がつかないって言ってる。
時間の経過と共に、粉々になっていくんだ。
だから僕はもうこれ以上耐える事なんてしなくて良いんだ。

君達は今日ついていなかったから
だからビールを飲んでいるんだろ?
気持ちを紛らわすために悲しい歌を歌いながら
何故こうなったか解らないって言ってる
僕に『嘘っぱちなんか辞めてくれ』って言うんだ。

無理矢理笑いながら、どこかに出かけてしまったよ
君達はついていないだけなんだよ。
カメラに映る事は全て真実で
君達は現実に戻ってきた時も、本当に気になんてしないんだ。
君達はついていなかっただけだからさ。
君達はついていなかっただけなんだ。

君達には休日と青い空が必要なんだ
問題なのは彼らが君達の言うことを笑っていること
そして僕は頑張らなくてもいいんだ

時々システムは点滅状態になって、
全てが突然狂い始めるんだ。
完全に取り戻せやしないけれど
それでも君は立ち直れるんだ。
だって君達はきっとそれほど強いはずだからね。
僕の言ってる事は間違っていないよ。

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2006/03/23 12:11】   トラックバック(0) | コメント(8) | Top↑






<<宇宙の根っこにつながる生き方 | Top | Windowsに戦いを挑んだLindows>>
コメント
楽しみにしていますね。(o~)>
【2006/03/25 11:34】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

そんなcoolcutsさんにけっこう励まされていますよ~とっても感謝しています!!遠くても近くても目指すものが近いと通じるものや何かが生まれてきますよね。
僕は今の状況から学びがたくさんあり、日々大変ですが楽しく充実しています。

感動が最近たくさん増えてきました。先日ヘアーショーしましたが、さっきスーパーで買い物していたら年配の方が、「ヘアーショー成功おめでとうございます」って言われました。CANSISのお客様でした。とっても感動しちゃいましたよ!!

音楽聴いても感動・・・・涙腺弱し・・・・・小田和正聞いてですよ・・・・やばいかも最近・・・・歳かな~~~~

最後に美容室SHIMAのお話(八木岡さんや高橋マサトモがいた頃)
聞きたいですか?これもかなりいいお話ですよ

そうそうCANSISにレセプションとクリーンレディ(掃除、雑用)
を計3名入店しました。
これがとてもいい状況に変化してきています。スタッフの時間コントロール、お客様への付加価値すべてです。詳しくはメールで!!






【2006/03/25 11:09】 URL | ckb [ 編集] | page top↑

============================================================

ckbさんありがとうございます。ちょっと照れくさいですがこれからもご期待にこたえられるような記事を書いていきたいと思います。って言っても頑張る必要はないんですけどね・・・・・。
アメリカも日本と負けじを劣らぬ物質大国です。大体の人が人生のスタンスを固め始める時期にさしかかってアメリカにやって来た僕は一旦全ての欲求を排除しなければならなくなりました。多分僕にとってこれこそが一生の財産になりうる事なのだと思います。ckbさんも似たようなところがありますよね。でもckbさんのすごいところは現在生でその精神性表現していることかな?僕も早くリアリティーの中に飛び込んで自分のスタンスを推し進めたいですね。
【2006/03/25 02:46】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

最高!!!!!!

ブログに添付しちゃいました!!!
【2006/03/24 23:22】 URL | ckb [ 編集] | page top↑

============================================================

Tedukaさんなんかこう吹っ切れるビデオクリップですよね。
時代が違うんだから、思い描いていたような日々じゃないかもしれない?でも、行き続けるのだから、長い人生の中でついてない日があってもおかしくない。『あ~ついてなかったってさらっと流して、前に向かって歩けばいんだ』って聞こえて来ました。
【2006/03/24 16:45】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

ビンゴさん認めてあげるだけで十分なのでは無いでしょうか?
きっとビンゴさんなら正しい導きをしてあげられると思います。
【2006/03/24 16:41】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

ビデオを見ました。やさしいく力強い雰囲気の歌ですね。素敵な歌を紹介していただいてありがとうございます。難読症でバイオリンの先生に評価されていなかったとのこと、他人の評価はほんとにあてになりませんね。そんな障害を乗り越えて、こうして素敵な歌を歌っているってすごいですね!
【2006/03/24 08:51】 URL | Teduka [ 編集] | page top↑

============================================================

すごくすごく勇気がでました。ステキな記事とビデオと音楽です。私のかかわっている子の中にも、学習障害の子どもがいます。彼女は絵がとってもとっても上手なんです。あ~私もがんばろう!
【2006/03/23 18:12】 URL | ビンゴ [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/828-f0cd9f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |