Top | RSS | Admin
告訴されちゃいます。  | 美容道
まあ、次から次へと色々な事が起きるものです。

法律では二週間前に告知して仕事を辞めるように指導されている。 

そのルールに従って、2 weeks notice を土曜日に提出したその次の火曜日。

仕事を終えると、社長のマークが僕の事を待ち構えていた。

君が辞めるのは構わないんだけどね、君のお客さんが、君から『他の美容院へ移る』っていう知らせを聞いたって報告があったんだ。


僕は君を相手取って訴訟を起こさなければならないハメになってしまった。


これが正月にサインをした君の従業員規約のコピー。

もし、告訴されたく無ければ 示談金で型をつけてもいい。

決行高くつくけど仕方が無い。

だって、もうこれ以上お客さんをとられるとビジネスが続けられなくなってしまうからね。


お客さんから連絡があったというのは恐らくうそだろう。 もしそれが本当なら僕が独立開業をする事を知っているはずだからだ。

でも、彼は僕がお店の外でお見送りしているときに、お客様に話しているという事をうすうす解っている。

でも、どうやって証明するのだろう?

『君のお客さんに承認になってもらって、裁判所に来てもらうとしたら、彼らは嘘をつけないからね。』
(と、言う事は証拠を掴んでる訳ではなさそう。)

これから先の君のスケジュールはお客様に電話して全てキャンセルした。

君はもう明日から来なくていいからね。

でも、君を首にしたって訳じゃないからね。

今までは告訴なんてしなかったけれど、ごめん、今回は本気だから。

だって経営状況がもう大変すぎるからね。

君も弁護士に相談しておいた方がいいかもね。 僕はもう僕の弁護士と話してるし。

出来るだけこんな事はしたくは無いんだけど、仕方が無い。

どこかで顧客データの流出を防がないとね。

君で終わりさ。

僕が君を告訴したって言う事が解れば、他の奴はきっともうそんな事はしなくなるだろう。


ちょっと待って下さい。僕は顧客データを盗み出したりはしていませんよ。 実際に盗んだ奴らは訴えないで、盗んでいない僕らを訴えるなんて、それはあんまりではないですか?』


そう言う事は弁護士を通して話そう。 荷物は全部まとめたかい? じゃあ、お見送りするから、とっととこの建物から出てってくれ。

『マーク、状況がどのようなものであっても、君が真っ先に言葉のままならない僕を雇い入れて下さった事は、本当に感謝しています。さようなら、お元気で。』


『君が僕に感謝しているって事は手紙にも書いてあった。 でも、これは感謝の気持ちを表現する方法とは違うね。 君は本当によく働いた、とっても良い従業員だったよ。今の今まではずっと本当に良い従業員だったけど、最後にミスを犯した。最後が最悪な従業員になってしまったな。本当に良心の呵責に耐えられないけど、君を訴えるしか無いんだ。このビジネスを守る為にね。』 

(お互い涙目で握手をした。マークは申し訳ない、『申し訳ない、こうするしかない。』と繰り返し言った。)

今まで、誰が辞めようと訴えたりはしなかったマーク。 今回はロホイヤ店のクローズプロセスで、どんどん人が辞めて、最後に稼ぎ頭の僕とオンが抜けるという事状況に至って、やはり必死で抵抗の姿勢をみせているんだと思う。

僕はその日のうちに、弁護士とのミーティングをスケジュールした。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=美容のお仕事 - ジャンル=就職・お仕事

【2013/02/20 16:39】   トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑






<<弁護士との面談 | Top | 夜逃げ騒動>>
コメント
続きが気になるアメリカサクセスストーリー!
楽しみに読んでますよ~
【2013/02/26 10:01】 URL | may [ 編集] | page top↑

============================================================

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/02/21 16:00】 | [ 編集] | page top↑

============================================================

胃が痛くなりました。
【2013/02/21 11:21】 URL | ロベルトねんきうセブン [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/2249-c6ff68e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |