Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






出店第六計画 “詐欺まがいのSACO"  | 美容道
マーケットストリートで働き始めたコーディネーターのケイトリンの彼氏が、ちょくちょくお店に顔を出すようになっていた。

彼の名前はジョシュ。

Sassoonをはじめ決行メジャーな美容院のビデオクリップを手がけてる顔の広い男だ。

今では、僕も彼のビデオ撮影に参加したりして交流を深めている。

こんなエピソードからその関係が意外な方向へ発展して行く。

オンと二人でLong Beachで開かれるBeauty & Spa Expo Long Beach へ来ていた。

そこで、一人ポツンと立ち尽くしてSACO美容室のエジケーションビデオを売っている男に出くわした。

僕たちがサンディゴから来た事を伝えると、

『僕はカナダから来たんだけどね、サンディゴでSACOっていう美容院を経営してるんだ。

         君たちにいい話があるから、ぜひ僕がサンディエゴにいる間に僕に電話してくれないか?』


Sassoonのライブパフォーマンスの撮影を終えたジョシュとケイトリンが打ち上げパーティー会場にいる事を聞いて、合流すべく会場へ急いだ。

すると、なんとさっきのオヤジがジョシュとなんとも親密に話し込んでるじゃないか。

彼は僕とジョシュが知り合いなのを知ると、とってもばつの悪そうな顔をしていた。


サンディエゴへ帰って来た僕らはとりあえず、その男に電話してみる事にした。

『水曜日に仕事の後、SACOへ来てくれ。』

話はこうだった。

二人で$10,000ずつSACOに投資をしてくれ、そうしたら二人に50%の経営権を譲るよ

『次の週の月曜日にもう一度返事を持って来る』と言って、その場は別れた。

彼はジョシュにも何かのオファーをしたに違いないので、彼のお店に行って聞き出す事にした。

ジョシュが聞かされた内容は、『マネージャーのポジションと売り上げの75%コミッション』という内容だった。

SACO についてもリサーチを開始。

そのお店は半年後に家賃が今の倍に膨れ上がり、負債額も一億ドルと超えていた。

その後、ジョシュに呼び出され、彼と食事の席で


『僕はSACOのオファーを受ける事にした。君にあのお店で働いて欲しいんだけど、一緒にやらないか?』

と告げられた。

ジョシュ、悪いけどそれはできない。

僕には彼から、$10,000の投資で50%の経営権を譲渡するって話が来てるんだ。

君には75%のコミッションだろう?

まともな経営センスだとは思えないからね。

だって、あの規模の美容院で$12,000の家賃が毎月かかってご覧よ、いくらスクールがあるからって、恐らくやって行けないだろうと思う。家賃の10倍が売り上げバランスっていうの知ってるだろう?どう考えてもこの不況下のダウンタウンで$120,000以上の売り上げなんて上げられるわけないよ。

それに、50%の経営権って負債の責任を負わされる口実にしか聞こえて来ないよ。

そんなこんなでこの話は白紙に戻った。

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=美容のお仕事 - ジャンル=就職・お仕事

【2013/02/08 15:42】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<出店第七計画 "パートナーシップ再編成” | Top | 出店第五プラン “出資者の出現”>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/2241-f6231ab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。