Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






CHARGERS  | D2Xs
_MJH5529.gif


渡米7年目にして初めてフットボールの試合を見に行きました。

一階席の台にブロックでタッチダウンのラインに近い席だから、写真撮影がとっても楽しめました。

チャージャースもなかか好調で、サンディエゴで絶大なる人気のあった、55番 ジュニア・セアウ の自殺後初めての試合とあって、客席もチームも一体化していました。 

総勢6万人以上が見守る中、なんとタイタンズに対して38対10点の圧勝! 55番永久欠番の旗が翻る下で本当にエキサイトな試合が繰り広げられました。

これは、チャージャ–スがタッチダウンのライン付近で、タイタンズのディフェンスラインを崩しにかかっている時の模様を撮影したものです。


僕が持っているズームレンズは Nikon 70-210mm アパチャーが4−5.6

ほとんど 210mmで撮影している状態だったので、事実上f5.6撮影とISO100で前半は頑張っていました。

シャッタースピードが遅く、ピントもシビアなのでこの設定では、フットボールフィールドを駆け巡る選手達を追従する事が困難で、手ブレにボケの続出。


それで、ヨセミテ公園の撮影で学んだ【ハイアパチャー数値撮影で被写界深度を広域にする】というテクニークを活用。 アパチャーをf9に設定。それで当然遅くなってしまうシャッタースピードをISO を400に引き上げる事で補いました。

でこれが渾身の一枚!
_MJH5505.gif

ニッパチ望遠とエクステンションリングが欲しいな〜

ん、でも、アメリカンフットボール、生で見るととってもエキサイティング!

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカンフットボール - ジャンル=スポーツ

【2012/09/18 03:46】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






<<ベトナムの難民 | Top | 合気道マスターの教え>>
コメント
ロベルトねんきう様、ISO1000〜2000ですか、羨ましいですね〜。
僕のD2xsはISO650が限界かな? 柔道撮影はやっぱりハイISO機種でないと無理
という結論にいたりました。 
【2012/10/08 05:05】 URL | [ 編集] | page top↑

============================================================

こんにちは。
おお!確かにf9まで絞れれば被写体深度も稼げるので、外での撮影にはいいですね!
よその保護者さんに、少年サッカーの撮影も頼まれているので、参考にさせて頂きますね。

僕は室内でのバスケ撮影では、300mm/f4の単焦点ではISOを1000~2000、1/200秒、f4で撮っています。
300mmでは近すぎる場合やf4で暗すぎる場合は50mm/f1.8の単焦点や、17-50mm/f2.8を使用してます。
ただf値を開放気味にするとピン合わせがシビアになるので、いつも現場の雰囲気で設定してますね。
できたらf2.8以上で、1/200~250秒、ISO800くらいまでで撮れたらいいかな~なんて。
5D MkⅢだったらISO6400でもそんなにノイズが出ないから、あれは羨ましいですね、はい。
【2012/09/21 13:31】 URL | ロベルトねんきうセブン [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/2205-e5ecceb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。