Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






アメリカでの原爆記念日  | 世界から見た日本
本日がアメリカ西海岸時間での8月6日。今から67年前のこの日、僕の生まれ故郷広島に原爆が投下されました。

時刻は8時15分。 

5分前にサイレンのならないサンディエゴの一室で黙祷を終えました。


7年も日本を離れていると、原爆記念日がどのメディアを通しても予告される事が無いので、その日を察するのがとっても難しい。

実は、昨日出向いた友人のパーティーでこの話が登って、初めて気がついた次第です。

広島県人としてはとっても恥ずかしい次第ですが、なんとか黙祷に間に合って良かった・・・・・。(一日遅れじゃ!)



日本からこれだけ長く離れていると、戦争というものをまた違った視点で見るようになりました。

あの戦争というのはいったい何だったのだろう?

という言葉がもう、この67年繰り返し叫ばれて来ました。

世界史上最初で最後の原爆投下が行われた国、日本。 

世界中がキューバ危機におののき、その後の惨状を見て後は核拡散防止法が制定されました。

そのため、核爆弾の被害者は今にも先にも、日本の広島と長崎のみという事になっています。


アメリカ自身が開発した原爆が自国に投下される恐怖に制定された協定ですね?


以前、何故アメリカが日本の広島、長崎に原爆を投下しなくてはならなかったか? という内容の記事は
 
2011年の8月に書いた アインシュタインの手紙という記事で掲載しました。

では? 日本にはそれを回避できる手だては無かったのか? という視点では。
2005年8月6日に書いた 『誰が原爆を投下した!日本編』で考察してみました。

この内容で説明される人間の戦争破壊行為の根本的な心理は、欲望と好奇心という事だと思います。

何か人間が可能にできる未知の世界があったとしたら? 私たちはどんな犠牲を払ってでもそれを現実の空間にもたらそうとします。

世界をより早く駆け巡る事ができるようになったら、より多くの自由に行き来できる土地を開拓しようとやっきにもなります。

たとえ、人間が宇宙に出てもその真理は変わる事無く続き、その発明や発見のたびに多くの人の血が流されて来た。

と、そのような気がします。

しかし、 そんな事を続けていても結局せっかく作り上げたものを片っ端から壊して行くだけなので、いずれは何らかの協定を結び落ち着く時が来るのでしょう。


日本という国が侍にコントロールされていた時、国内で繰り返し流されて来た戦乱の血。


日本はその期間を経て現在一つの国に収まっています。


現在内戦を続けているシリアなども、いつかは一つの大きな国境の中でまとまる日がやって来るのでは無いでしょうか?

そして、地球が火星と戦う事になって、地球は本当に一つの連合国となりうるのでは無いでしょうか?


めでたし、めでたし・・・・・・・?


でも、どうでしょう?


今度は超ど級の破壊武器が発明されて、この美しい地球まるまる一個を破壊の恐怖においやる爆弾を、人間は作りかねないと思いませんか?


やはり、戦いに勝ち残った強者が、より広い領域、領空、海域を支配する。

そのような動物的な考え方自体を根本的に改める必要があるのでしょう?



それができるのか? 人間達よ!




スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=戦争 - ジャンル=政治・経済

【2012/08/07 01:20】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






<<文化伝承の瞬間 | Top | ヨセミテ国立公園>>
コメント
領海、領地、利権、縄張りを拡大し安全とリソースの確保。
そういった考えが無ければ、学問はただ学ぶだけの事。 宗教は教えを個人的に教授すれば良いだけの事。 根本的に拡大思想があるところには縄張りを拡張する考え方があるように思います。 もちろん、その中には良い考えや生き方を広めたいという決して”悪”とは呼べない内容もあるでしょう。 でも、これも指導者によって変化します。
良い教えのあるグループも、リーダーの欲に翻弄されて間違いを犯す事だってあります。やはり、それが人間の本能というものなのでしょう。 ねんきう様。。。。。
僕だって自分自身解んないですから・・・・・。
【2012/08/14 06:02】 URL | [ 編集] | page top↑

============================================================

おはようございます。
人間ってららーらららーらー…。

世界中にある戦争から紛争、やくざの抗争に学校内のいじめ、家庭内暴力に職場でのパワハラにセクハラと、人間に嫌気がさすネタは尽きないですね。

ブッダに孔子にイエスにマホメットまで、偉大な宗教指導者たちが人としての在り方を説いてはいるのですが、宗教の違いで争いが絶えず、ましてや同じ宗教でありつつも、内部で争い分裂を繰り返してきた人類歴史。

神様は70億人もの人間が右往左往する世の中を、どういう風に持っていかれるんでしょうね。
【2012/08/07 08:56】 URL | ロベルトねんきうセブン [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/2198-149fdb1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。