Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






メキシカンはドラマチック?4  | アメリカ移住
それで、私はまた国境を越えてアメリカへ移住したの。
わずか1年のティファナ生活は、私の精神をボロボロにしてしまった。

今度はおばの知人の家で厄介になる事になったんだけど、私の身の上話を少しでも聞き知っていたそのご家族は

ある条件を提示してきたの。 

彼らはキリスト教会でいろいろな世話役をする事が多いほど、厳格なキリスト教信者だったのですが、

毎週3回のミサに必ず通う事。

これが守れなければ家を出てもらう、という内容でした。

私はもう21歳、一人暮らしをしてもおかしくは無い年齢でしたが、周囲の誰もが私の精神状態を心配していたし、私自身もどこまで正気を保てるか不安たったの。


でも、週三回のミサへ通い始めて、色々な新しい友人関係のつながりが出来てきました。

そこに来る若い人たちとの交流も、今までの汚れた友人関係とはまるで違って、

酒も、薬も、セックスもまるでその話題に登っても来ない。

荒んだ生活を送って来た私にはとっても新鮮な感覚でした。

そんなある日、教会の男の子の一人から交際を申し込まれたの。

彼は今までの誰よりも私の事を大切にしてくれて、とっても幸せな気持ちに包まれたわ。

でも、いつもいつも、もし、彼が私の過去を知ってしまったら?

私の本当の姿を知ってしまったら? 

そんな不安がいつもいつも定期的に襲って来ました。

そんなある日の事

私の23歳の誕生日

彼は朝早くから中華料理を買いに行くと言って、家を出てからなかなか帰って来ませんでした。

私の誕生日の日にこんなに待たせるなんて、もしかしたら心変わりでもしたのかしら?

それとも、私の過去の事を知ってしまったのかしら?

次々と湧いて出て来る不安にさいなまれながら彼を家でじっと待っていると。

『待たせてごめん。』

と、言いながら、彼はお持ち帰りの中華料理をテーブルに広げ始めました。

不安な気持ちはひと時に晴れて、楽しく中華料理を一緒に食べたのよ。

『あ〜あ、お腹いっぱい。』

『フォーチュンクッキーが残ってるよ。』

『もう、食べられないよ〜。』

『だめだよ、フォーチュンクッキーはちゃんと割って、おみくじを見ないと・・・・・』

『わかったわよ、じゃあ食べるわよ・・・・・』

クッキーを割って中のおみくじを取り出したとたん、

感激で涙が出て止まらなくなってしまったの。

そこにはね。。。

『 Will you marry me? 』って書いてあったの。


もちろん『Yes』って言ったわ。

その夜、おばさんが誕生日パーティーを開いてくれたんだけどね。

既に彼が朝のうちに挨拶に来た事を知らされたの。



彼は私の婚約者、、、、



どうしよう、、、、


あの事を伝えなきゃ。。。。。。。


ある日意を決して、告白したの。


『私の過去の事、私が子供をおろした事。』


そうしたらね、彼は何て言ったと思う?


『C、神はもう君の事を許しているんだよ。どうして僕が君を許さなけりゃならない理由があるんだい?』


もう、私は迷わない。 もう、私は二度と。。。。。

彼の愛に包まれてほんとうに幸せな日々をおくってるの。

ね、なかなかなハッピーエンディングでしょ?


わ〜お、それって君の体験なの? 

ええ、私、それから教会の古いシステムでは流産に対するディスカッションが行われるどころか、それ自体が禁止されているからね。

私は同じような境遇を持った人を集めてフォーラムを開いているのよ。

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=幸せに生きる - ジャンル=心と身体

【2012/05/20 11:20】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






<< New Soul/ Yael Naim | Top | メキシカンはドラマチック?3>>
コメント
ロベルト様、返信が遅くなってすみませんでした。
最近何かとバタバタしてしまいまして・・・・・

この話は最近までバケーション中の従業員の代わりに働きに来ていたカラーリストから、細切で聞いた内容です。
色々な人生があって、不幸の度合いも、幸福の感じ方も人それぞれです。 しかし、感動はエテシテ恵まれない環境の中から突如として現れるのかもしれません。

僕の人生なんて平坦すぎて、、、、、、
【2012/06/18 02:17】 URL | [ 編集] | page top↑

============================================================

おはようございます。
朝から泣けました。
「神はすでに許しているのに…」
なんてハイパーな言葉なんでしょう!!
【2012/06/01 08:38】 URL | ロベルトねんきうセブン [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/2189-28c7961f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。