Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






ミニスカートは女の戦い!  | ファッション傾向


50年代後半にイギリスのファッションデザイナーがマリークワント(Mary Quant)がキングスロードの有名なブティックBazaarで短めのスカートを発売し始めたところ、その当時のロンドン娘に飛ぶように売れた。

今日はその当時のアメリカで生まれ育った女性のお客様の会話の一部をご紹介します。



僕は当時のSwinging Londonを肌で感じてみたかったですね。

テーラードのスーツにミニスカート。

それからブリティッシュロックの到来!

Sassoon が切り開いて行った新しいヘアーデザイン世界。



『私はその頃女学生だったわ。

     あの頃の学校は、女の子に対する服装の制限が厳しくてね。

  あれは着ちゃダメ、メイクはダメ。 ミニスカートどころか、ズボンだって履く事が禁止されていたのよ。』

ええ! じゃあ、あのグリースの中で女の子達がショート丈のパンツを履いていたのは結構型破りな事だったんですね。


『そうね、あの頃の女の子はね、、、、

   その母親の代まで抑圧され続けたファッションに対する欲望が

      一挙に爆発しちゃった感じね。』


一人、また一人、もうその開放感を求めてミニスカートが流行して止まらなくなっちゃったのよ!



ミニスカートはある意味、女性解放運動の戦いの火ぶただったのかも知れないわね。



スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=ファッション - ジャンル=ファッション・ブランド

【2012/03/19 15:19】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






<<オイラは雇われハッカーだい! | Top | Skypeで分娩室実況中継>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/03/22 05:37】 | [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/2175-1eb4351a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。