Top | RSS | Admin
最近の音楽  | MUSIC
最近そういえば、ぜんぜん音楽ネタを書いてなかったですね~。

毎日満杯で仕事をしているから、忙しいというのもあるのですが・・・・・・・

原因は音楽の質。


何か良い曲は無いか? とラジオをチェックしているのですが。

ヘビーローテーションでかかっているのは、かなり性表現に偏った歌ばかりで、”心の歌” と呼べる内容のものが見当たらない。

Lady GaGa のPoker Faceは本題のポーカーフェイスの他にセクシャルな内容eの含みがあったというのは有名な話で、結構それからというもの、表現の自由がエスカレートしている。

Usher の Omg  はまだ可愛いもので、小さな子供に結構人気のある Katy Perry はそのファン層に対しての考慮も薄く、Last Friday Night 発表。

Bruno Mars の Lazy song だって結構危ういところがある。

『オッオー』や『オーマイガット』 や 『ポッ、ポッ、ポッ』 『I'm not doing anything.』

みたいな表現がどれもこれも子供が好きなタッチで表現されているから子供が好んで歌う。

それでいてティーンエイジャーが好む馬鹿騒ぎ的な表現をふんだんに盛り込んでるから、やっぱりキャッチー。

大人層も手中に入れてしまう、隠し性表現が、最近のポップシーンには仕掛けられているから、マーケットがグッと拡大してヒットにつながってるみたい。


でも、これだけはちょっと困る。

DevVEVO のIn The Dark

そのまんま、女の子が自慰をしてる歌。 これを子供に歌われるとちょっとキツイ。

思わず『そんな歌を歌うのは辞めなさい!』って言いたくなる。


以外にも少しはましかな? って思うのは Bad Meets Evil のLighters だけど、言葉遣いがお行儀が悪い。

でも、もともと80年代のラップシーンを支えていたのは、第二次公民権運動のようなものだったから、彼らがマーティンルーサーキングの思想を隠し味にラップの伝道者として頂点に登りつめるぞ! っていう意気込みはガンガン伝わってくる。

でもお行儀が悪い・・・・・・。

それに、結局自分が有名人なんだ、偉大なんだぞ~って言っているようにしか聞こえない。


Adeleは相変わらず美しい旋律を奏でるけど 今かかりまくってる Someone Like You はどうも頂けない。

分かれた男のことをネチネチ想って、『結婚したって聞いた。』 『私を忘れないで』 『あなたのような人を見つけるわ』ってのは ちょっと自己中心的な考え方だなって想う。

できれば彼のことを心から祝ってあげて欲しい。


Maroon 5 の Move like Jagger? う~んあれもちょっと軽いな~。 

きれい目な性表現だけど、完全に女の子が私物化しちゃってる感じ。


そんなこんなで、ちょっと感動的な心の歌を探しています。 何か知ってたら教えてちょ~だい!



スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2011/10/30 18:02】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






<<Halloween 2011 | Top | 青春の輝き>>
コメント
maru様、コメントの返答が遅くなってしまったことをお詫びします。

ただいまcoolcutsファミリーは引越しの最中で、ネット環境が家の中にありません。
やっと抜け出して、スタバでしばしのネットサーフィンを楽しんでいます。

「Speechless」チェックしました。

いい曲ですね~、レディガガを視てると、日本のバブル時代のユーミンを思い出してしょうがないのですが。

たぶん偶然じゃないでしょう。 アメリカもバブルの時期に彼女は有名になったから。

ユーミンと彼女が違うのはユーミンのほうがもっとプラトニックな曲作りが多かったですね。

きっと日本の風土がそうさせていたのかな? 

Lady Ga Ga は才能のある人だからこんな曲もかけるのですね。これから熟年期に入ってからの作品に期待感が膨らみます。
『All for one』懐かしいですね~、あの時代を駆け抜けましたぁぁぁああああ!!!!!!! 
【2011/11/11 03:14】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

>Lady Gagaのポーカーフェイス
おお、レディガガ!
彼女の、「さあ~、あんたたち アタクシのこのファッションしっかり目をあけて 
拝みなさいっっ!!」っていう態度がたまらなく好きです…歌よりも(笑)
彼女は小さい子供にも人気あるんでしょうか!?
ポーカーフェイス、確かPV見た覚えがあるけど確かにせくしぃなポージングが出てきたような。
歌の内容は知らんかったです。

せくしぃな表現はパブリックな場所で聞くとちょっと困るような。
日本に一時帰国中 派手なお姉さん系の服屋さんでうろうろしてると、アメリカの
ヒップポップ系の曲がかかり、ビッチが何とかかんとか…そんな歌だったりすると
いたたまれない(笑)
あまり詳しくないけど、ガガの歌では「Speechless」が好きです。確か、ずっとお父さんと不仲で、
その思いを綴った曲らしいのです。サビ部分がもう二度とあなたと話なんかしない…っていう歌詞で、
何度も繰り返すのだけど、曲の最後の方で、「ねえ また私とお話してくれる?」って
1回だけ歌ってるところにちらっと本心が表れてて、そこがたまらなく好きです。

>ちょっと感動的な曲

ひとつだけ

「All For Love」
ロッド・スチュワート、スティング、ブライアン・アダムス
1993年公開の映画「三銃士」のテーマ曲
映画の中にでてくる、三銃士たち+ダルタ二アンが合わせて喋る重要な台詞
「One for all,and all for one」に合わせてつくられた曲らしいです。
スケールの大きい愛の曲だなあ…とお気に入りです
【2011/11/01 05:59】 URL | maru [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/2135-284d7853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |