Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






ロホイヤ・ミリオンダラーの景色  | アメリカ移住
LJMillion3.gif

iMACが喪に服してからというもの、ずいぶんとブログを更新していませんでしたが、6年前に買ったNECのラップトップがやっとこさ、まともに動作するようになったので、そろそろアメリカ生活話の続きを始めることにします。

先日、サンディエゴで一番不動産価値の高いといわれる、ロホイヤの海岸沿いに立つ家に行ってまいりました。

美しいロホイヤの海が目の前に開けて、すばらしい景観でした。

大きな鉄の門をくぐりぬけたら、一階には海の面した庭を望むベッドルームが3部屋。

玄関から階段をあがると、そこには広いリビングと宝石のようなクッキングセットが散りばめられたキッチン。 

そして広い海が望めるのベランダからは水平線がきらきらと輝いているのが見える。

LJMillion4.gif

もう、とろけるような景観です。
こんなのところに住んで海に沈む夕日を毎日眺めてみたいものです。

資産価値はわかりませんが、10億円行くか行かないか? というレベルの話だろうと思います。
ここの住人は家賃を支払っているので、毎月$12,000だそうです。 ゼロが一つ多いですね。

普段はNYに住んでいて、ここは別荘として借りているそうです。 いったいどんな仕事をすればこんな別荘が持てるのでしょう?

借主はローファームを経営する弁護士さんだそうです。


LJMillion2.gif

とってもいいものを見させて頂きました。

でも、ちょっと意外だったのは、人間が必要な居住空間はそれほど違わないって事。

立地は最高立地で、もちろん中にあるデコレーションはとっても高価なものばかりだったけど・・・・・


---------人間が生活するということはあまり変わりがなさそう。-----------


と、いうのが正直な感想かな?

しかもこの景色は生まれ故郷の瀬戸内海と比較すると、瀬戸内海もなかなか互角で戦えるかも?


なのに何故、今眺めている景色と同じ感動を感じ取れなかったんだろう?


そういえば広島の海沿いの家って、ミリオンダラーじゃないよな。



贅沢はある程度仕組まれたところにあるってのが実際のところ。



織田信長が土地を褒美に分譲する事をやめ、高価な茶器を家来に与えた当時。

茶器は土地よりも価値のあるものへ変化した。


動乱の戦国時代では、日の本一の権力者に認められるということが、土地を得る事よりも最も栄誉あるな事だったからではないだろうか?



現在の資本主義の世の中では、人々が幸せを追求するという事=お金持ちになる。 そんな風に考える風潮が多いような気がするが、

このベランダに座って海風を受けながら、宝石のような波間の輝きを眺める

このことほど至福の時は無かった。


もしかしたら、ここに実際に暮らして毎日この景色を眺めている人よりも、10倍も感じ取る感受性を持ち合わせているんじゃないかな?


”幸せである” という事はそれを感じ取る感受性を持つ事なのだとつくづく思います。


こんな良い景色が見れるのだから、明日からもがんばって仕事しよう!

そして、一つづつ、一つづつ、自分の描くものを形にしていけばそれでいい。


どんなちっぽけな事だとしても、この景色と遭遇した時と同様の感動が得られるなら。

それは、僕の人生の中で得られる最大の宝物では無いだろうか?
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2011/10/17 11:22】   トラックバック(0) | コメント(7) | Top↑






<<アシュリーの夢 | Top | スティーブ ジョブス逝く>>
コメント
魂を酷使する最前線 < そんなたいそうな事ではないですよ。 もともと僕は日本の環境の方に適応しきれない人だったから、妥協点の多いアメリカの生活はお気楽そのものです。

別に『日本人の掟どおりに考えなくていんだぁ~』っていうメリットが、『日本人の感覚が生むストレス』と平行して存在します。


僕が渡米して得たのは『それを選択する権利』という事でしょう。


長時間働かなくてもいいし、働いてもっとお金儲けしてもいいよ。 みたいな。。。。。

僕に無いのはリソースですが、『たくさん望まない権利』 っていうのもほんとうに普通に存在するのがアメリカのいいとろだとも思います。


だから、お気楽なのです。(笑)
【2011/11/11 03:24】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

『幸せは雲の上に~』って坂本九さんが歌ってた時、僕は(なんだ、手が届かないんじゃん!) って思ってしまってましたが、実は実は、『望みが叶うと信じて、前向きに希望に満ちて歩き続けることが心の幸せなんだ』って、アメリカでの生活は僕に教えてくれました。

しかもそれを分かち合いたい人がそばにいる。

それこそがすべての望みを叶えるよりも 尊いものだな。

------------------------------------------------
すごい!
なんか日頃、心の中に溜まっていくヘドロが流されていくような言葉です!
僕も坂本九さんの「上を向いて歩こう」の‘幸せは雲の上に~♪’は、現実を思い知らされるシビアな歌詞だなと、学生の頃から思っていましたが、、『望みが叶うと信じて、前向きに希望に満ちて歩き続けることが心の幸せなんだ』はすごいです!

魂を酷使する最前線(外国人として海外で生計を立てることを僕はそう感じています)で生きているcoolcutsさんは、やはりすごいな~としみじみ思います。
【2011/11/01 12:23】 URL | ロベルトねんきうセブン [ 編集] | page top↑

============================================================

セブン様、

”それも幸せのカタチなのかなと。”

結論的にはそれが幸せの形なのだ!と思います。
アメリカは歴史の浅い国で、建国間もないころから民主主義、資本主義 を推し進めてきた国です。 オールドマネーの存在は個人資産の内容にかなりの隔たりを作ります。一生懸命一軒の小さな家を買うためにがんばる僕たちのような人間もいれば、キャッシュでポ~ンと自分の家だけじゃなくて、別荘や子供の家までも買ってやる大金持ちも身近にいます。

それでも不幸な人は不幸です。

もちろんお金があると自分の欲望を簡単に満足させることができると思います。
家を持ちたい、店を持ちたい、日本に帰りたい。
その望みをすべて一瞬にしてかなえてくれる。 いやな仕事場ならさっさとすぐ辞める事だってできる。

でも、その望みがかなう事と幸せとが、まるっきり{=}じゃ無い気がします。
『幸せは雲の上に~』って坂本九さんが歌ってた時、僕は(なんだ、手が届かないんじゃん!) って思ってしまってましたが、実は実は、『望みが叶うと信じて、前向きに希望に満ちて歩き続けることが心の幸せなんだ』って、アメリカでの生活は僕に教えてくれました。

しかもそれを分かち合いたい人がそばにいる。

それこそがすべての望みを叶えるよりも 尊いものだな。 とそんな風に思います。
【2011/10/29 01:20】 URL | [ 編集] | page top↑

============================================================

僕も四十になって色々と考えるようになっています。←遅いですね。
息子娘が遊びにいく友達の家は一戸建てで、なかには4人家族で車4台なんてお宅も!!

もし僕が大金持ちになったとして、奥さんにも贅沢させて、子供たちにも好きなようにさせながら、習い事や塾に投資して…。
僕はバイクでのツーリングを満喫しながら、それこそ眺めのいい部屋で、風呂上りの牛乳を一杯。

ふと現実を見ると、県営アパートの6畳の部屋に家族6人が集まってギャーギャー言いながら、食事をしています…。
それも幸せのカタチなのかなと。
coolcutsさんのおっしゃるように、感受性次第で、世の中は幸せに満ちあふれるはずなんですよね。

でも大黒柱として、余裕のある暮らしもできないのは、家族に対し、ものすごく心苦しいです。
しかもわざわざ外国から嫁いで来ている奥さんに、贅沢させてあげられない不甲斐なさ。

いつも両極端な理想と現実の振り子に振られているオヤジなのでした。
【2011/10/24 18:05】 URL | ロベルトねんきうセブン [ 編集] | page top↑

============================================================

ありがとうございました。
これから頑張って行こうと思います。
【2011/10/22 10:49】 URL | かな [ 編集] | page top↑

============================================================

はじめましてかなさん、

> 美容師免許を取るのは大変でしたか?

大変なのは準備でした。必要な書類当をそろえるのにかなり調査と時間を要しました。
それから申請してからの待ち時間もかなり長かったわりに、通達が来てから試験日まで1ヶ月しか勉強期間が無くて
あわてて勉強したから、本当に四六時中勉強しました。 
勉強するボリューム自体は整理をきちんとすればかなり小さいのでまず、問題の元になっているキーオブジェクトを探り出す勉強法を行えば比較的スムースに合格へ導けると思います。


> そこで、英語はペラペラに話せていましたか?


僕は英語が話せると思っていました。 が、気のせいでした。

未だに日常の英語でさへ不自由を感じることは多々あります。 でも、僕たちの仕事は技術とセンスさへあれば
お客様に認められ、同僚よりも良い売り上げを作ることはできます。
ただ、組織の中でのステップアップや、後の独立などの段階に至っては、必ず英語力の必要性は出てくるでしょう。
日本にいるころからもっと勉強しておけば良かったな、と思うときは多々ありますが、アメリカに来て勉強するほうが、英語力の伸びは速いと思います。


> やっぱり、アメリカの英語は早かったですか?

聞き取りに関して言えば、僕は10代後半からたくさんの国籍の方と交流を深めていたしアメリカ人の女性と結婚もしていたから ”ぜんぜん大丈夫” なんて思っていましたが。 アメリカに来てみると、どれだけ周囲の外国人が僕の聞き取り能力に合わせて話してくれていたかがよ~くわかりました。

映画を観て言っている事が字幕なしで聞き取れるというところまできていれば、まるっきりこちらでも支障が無いとは思いますが、別に僕みたいな中途半端なヒヤリングでもやっていけているんだから割と適応はできると思います。

それと、ヒヤリングにはほかの要素も必要だとつくづくおもいます。 僕は渡米し依頼、このブログを書く作業を行っていますが、アメリカの時代背景や人々の考え方、さまざまな自称に対してのキーワード等、日本に暮らしていて、知らなかった事が多々あります。 まったく自分の知識の無い話をされてもまるっきり理解力が働かないので、常日頃から色んなことを調べる事はコミュニケーションに大変役に立つ事を、身をもって実感しました。 
起こった事件の内容を長ったらしくこちらが説明すると、短い単語で返してくれたりするので、そこでまたボキャブラリーが増えていきます。

今、もしまだ若いのでしたら、一度アメリカへ英語の勉強に来られると良いと思います。
一番手ごわいのはワーキングビザの取得だから、その件も踏まえて実際にこちらで暮らしている方に会って方法を探るのも手でしょう。

それから、アメリカ人相手に美容師をする際にはサッスーン系の美容院の技術体系をしっかり勉強しておくことをお勧めします。 ラインの崩しや削ぎのテクニックよりもフォルムコントロールを重要視するお客様が多いからです。


アメリカに来て日系の美容院で働く事は比較的簡単にできます。 お試し気分で働いてみるのも良いでしょう。
多少のリスクはありますが・・・・・・・


若いうちに経験しておくとかなさんに何かきっと違ったものの見方をもたらしてくれると思うので、失敗してもぜんぜん問題ではありません。 海の向こう側を見ることはきっと自分自身を成長させてくれると思いますよ。

思い立ったら、きっと完結してみてください。 それだけでもあなたの人生に大きなプラスです。


また何か質問があれば下のメルアドリンク宛てにどうぞ。
【2011/10/21 01:00】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

初めまして。
少し、質問させてもらいます。
こたえてくれると嬉しいです。
私は、アメリカで美容師として働きたいと思っています。
そこで、貴方に質問です。
美容師免許を取るのは大変でしたか?
最初のころは英語はペラペラに話せていましたか?
やっぱり、アメリカの英語は早かったですか?
【2011/10/17 22:56】 URL | かな [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/2130-52197ba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。