Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






テンプル騎士団とスイス銀行  | シリーズお金の歴史
YoroiA.gif

第一次十字軍の遠征において、武装修道会という新しい概念が生まれ、テンプル騎士団が組織された。

テンプル騎士団は建国間もないエルサレムの治安維持が主な存在意義だった。

1291年のエルサレム王国の陥落によってエルサレム巡礼者の保護という、本来の役割を失った。

その時点で巨大な組織と化していたテンプル騎士団はヨーロパにおいてネットワークを築いていた。

テンプル騎士団はソロモンの秘宝を掘り当て巨万の富を隠し持っていた。 と、いわれている。

そのうえ騎士団は税金の免除という特権を持っていた。

巡礼者達が騎士団に財産を預け、証文を発行。 ヨーロッパ中の騎士団のネットワークにあるどこでもその証文でお金が引き出せるという、

現在の銀行に非常に近い仕組みをヨーロッパ各地で作っていた

そのうえ、通常の修道院と同様、寄付金や寄進も受ける。 全て税金免除だった。

彼らの富は次第にどんどん膨らんで行き、軍隊のトップや貴族、そして国王にまで金を貸し付けるようになった。


特にフランス国王 フィリップ4世の頃、

当時のフランスはイギリスとの戦争によって多額の債務を抱え、テンプル騎士団が最大の債権者であった。

フォリップ4世は1307年に、テンプル騎士団を弾圧しその財産を没収した。

テンプル騎士団と聖ヨハネ騎士団を合併し、自らがその指導者の座について聖地を再征服。その後、自分の子孫にその座を継承していくことで自らの一族が何世代にわたって全ヨーロッパにおよぶ強大な影響力を及ぼす、というのが国王のもくろみだった。

彼らは1306年にはユダヤ人の迫害も行っている。

教皇クレメンス5世はフィリップ4世の意をうけて開いたビエンヌ公会議で正式にテンプル騎士団の禁止を決定。

フランス以外の国においてもテンプル騎士団の禁止を通知した。 カスティーリャとアラゴンでも、ドイツのキプロス島、スコットランドなどではその罪は問われず弾圧も行われなかった。

テンプル騎士団は財産をフランス国王に没収され、異端のぬれぎぬを着せられたまま彼らは路頭に迷う事になる。


この弾圧の最中、密かに財産の命を持ち出し、命からがら逃げ出したテンプル騎士団がスイスまで逃げ延びて隠れ住んでいたそうです。 そこから持ち出した財産を元手に再び銀行業を営み始めました。


現在のスイス銀行はテンプル騎士団が作ったと言われています。

今でこそ預金額の掲示が義務づけられて、そのお役目をレバノンの銀行に持って行かれてしまいましたが。
以前のその秘密めいたスイス銀行の姿は、まるでテンプル騎士団の秘密結社のようでしたね。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=歴史 - ジャンル=政治・経済

【2011/08/15 07:04】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<色盲のカメラマン | Top | California State Game 2011 金メダル獲得!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/2105-a1b48b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。