Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






D70で柔道を撮るぞぉ! 其の2  f値の決定  | D70
Shizenkou.gif
ISO体育館の中でD70のISO数値は、窓全開で明るい場所ではISO400、

heisa.gif
閉鎖された場所で天窓の無い場所では1600、

tenmado.gif
天窓のある場所では800程度の数値を示していた。

会場にもよりますが、

D70のISO 限界値1600, 許容範囲800まで。

ISO800から1600でシャッター速度が稼げるシステムを組めばD70も現役でがんばれるという事になる。



それでISOと絞りとシャッタースピードの関係を調べてみた。

 絞りの値Av+シャッタースピードの値Tv=露出Ev

一番始めのブレの原因はこうでした。

体育館がいくら明るく見えても約7EVぐらいだそうです。


僕が持っている70mm - 210mm のズームレンズのF値は最大F4、ズーム端F5.6

ISO200  F5.6 SS1/8秒
ISO400  F5.6 SS1/15秒
ISO800  F5.6 SS1/30秒
ISO1600 F5.6 SS1/60秒
ISO3200 F5.6 SS1/125秒・・・

F5.6ではD70のISO限界値1600まで上げてもSS1/60秒


一般的な室内スポーツイベントに使用されるレンズはF2.8

ISO100  F2.8 SS1/15秒
ISO200  F2.8 SS1/30秒
ISO400  F2.8 SS1/60秒
ISO800  F2.8 SS1/125秒
ISO1600 F2.8 SS1/250秒
ISO3200 F2.8 SS1/500秒・・・


F2.8のレンズでやっと1/250秒が稼げる。


ちなみに1/250秒というのは柔道試合時の手足の動きを止めるギリギリのライン。


F値2.8のレンズとISO800 そして [ -1]  の露出補正でシャッタースピード1/500秒を稼げそうだ!


やっぱりF2.8の望遠が必要か~~~、、、、、

F2.8のズームレンズはほぼデジタルカメラをもう一台新調するぐらいの値段がする。



果たして、ISO3200以上対応の超高感度のセカンドジェネレーションDSLRを買うか? それとも大枚をはたいてf2.8 80-200mmズームを買うか? という選択に迫られる。


果たしてD70は生き残れるのか?
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=ニコンphoto - ジャンル=写真

【2011/05/14 14:17】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<D70で柔道を撮るぞぉ! 其の3 raw撮影に挑戦 | Top | D70で柔道を撮るぞぉ! 其の一 シャッタースピード>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/2046-cf2c90be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。