Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






やっとこさ  | アメリカ移住
やっとこさ父からメールの返事が返ってきた。

もちろん予想通り広島はごく平常どおりの生活で、地震さへ感じなかったという事らしい。

でも、太平洋対岸のサンフランシスコでも海の写真を撮っていた人が3人、波に流されて一人が死亡したって聞いてるし、広島でも漁師が行方不明になったという話も聞くし、やっぱり心のどこかで心配していたのでホッとした。

『そんなに心配しているとは思わなかった。』 と父?

まあ、昔まだ僕たちが日本に住んでいた時、LAの山火事のシーンを見てサンディエゴの妻の家族にあわてて連絡を入れたのと同じ状況だろうからしょうがない。


サンディエゴに暮らす千葉県出身の友人が、KUSIテレビ報道のインタビューを受けていた。

日本のコミュニティーがどの程度家族と連絡が取り合えているのか? ご家族を亡くされた方がいるのか?
そういった質問に答えていた。


ガソリンスタンドでたった10リットルの給油を済ませる為に、1時間以上気が遠くなるような列に並んでいるドライバーの男性が、TVクルーに

『もう、このガソリンスタンド閉店してますよ。』

と、聞かされ.....吐いた言葉は

『え~、閉まってんの? え~~~?!』 だけ。


なんと日本人というのはおとなしく、忍耐強い民族なのだろうか? と感心した。


14日、被害にあって、非難していらっしゃる方がインタビューを受けている映像が増え始めた。

彼らが目の前で見たものが語られるたび、津波の悲惨さがより明確に浮き彫りにされていく。


目の前で人が津波に流されていく。

自分のすぐ後ろにいた人の姿が、波が去った後にはもう無かった。

市役所の屋上に上がったが、高さが足りないので避雷針の塔の屋根まで、鉄製のはしごを登って、難を逃れた。

3回もそのはしごを上り下りして、そのままそこで、寒さに絶えながら一夜を明かした。


再会して泣き喚きながら抱き合う親子。

子供と死別した事が解って、うずくまり静かに泣き崩れる母。


今日はそんな被災者の一人一人の真実のドラマが日本から送られてくる映像の中に沢山あって、胸がいたたまれなかった。


また、彼らの証言から想像するシーンは、まるで映画『アルマゲドン』で逃げ惑うシーンのようだった。


死者は2500人にもなった


発見される死体が何百人単位で増えていく傍らで、隔離された市町村で2000人の生存者が確認されたりもしたので、行方不明者昨日、約一万七千人、から今日、約一万五千人に減少。 

タヒチ津波災害の時の17万人に比較するとそれでも被害は少ないほうだが、やはり尊い命が失われるのは辛い。

TOMODACHI 作戦

アメリカの空母が太平洋上で中継地点を作って、物資供給に大々的に協力をする事を表明

それにしても原発事故の問題は、日に日にアメリカ人の関心ごとになっていいている。

米軍側ではその作戦をTOMODACHI作戦と名づけた。


それにしても原発事故は日を追うごとに、アメリカ人の大きな関心ごとになっていってるのを感じる。

と、いうのが、アメリカは世界最大の原発国でありながら、チェルノブイリ原発事故やスリーマイル島原発事故の後、安全性の懸念から30年近くも新規開発を控えてきた。しかし、CO2を排出しない発電技術として、グリーン事業を進めるオバマ政権になって、再開発を進める動きが出ていたおりだから。


日本の原発事業はアメリカの原発技術にS.O.Sを求めた。


なんとか燃料の温度を下げるために技術協力を求めると、日本はアメリカに打診した。

ここに来て、災害時の発電所職員の訓練の行き届かない部分も見え隠れして来て、この原発問題での日本の信用が崩れようとしている。

この事態に世界各国の投資家たちはすぐさま反応した。


株価が下落


電力の安定供給に対する懸念が、日本北部の工業復興が困難をきたす。と判断され、世界中の投資化が日本株を売りさばいている。 本日1000円安。 彼らにとっては自分の損を防ぐ事が重要。


日本は早期復興を目指して信用を回復するしかない。 


アメリカは、日本の復興支援にも力を貸すと発表。


食料不足、燃料不足、薬剤不足、被災地では何もかもが不足している。

そんな中で復興に向けての努力を注がなければならない。

戦後の日本の信用を支えたのは、その復興の早さだった。



復興速度は日本社会全体の経済にも影響を及ぼす。


被災地だけの問題では無いのだ!





アメリカから被災地への救援募金受付

RED CROSS
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2011/03/15 15:47】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<原発事故へ注がれる目 | Top | 東北地方太平洋沖地震>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/2016-6c97dc2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。