Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






Three Little Bears / Jimi Hendrix  | MUSIC


-----アフリカンアメリカンの父とチェロキーの混血児としてシアトルで生まれたジミー

母はまだ17歳の若さだった。

ジミーがまだ小さな頃、遊び好きの母はやがて家を飛び出してしまい、数年後に他界。

ジミーは父子家庭で育つ。

15歳の頃ギターに興味を示したジミーに父が家計を切り詰めて中古ギターを$5で買い与えた。

その後シアトルの楽器店でエレキギターを購入した。----------

やがて、前代未聞の天才的ギターリストとして世界的に成功を納めたジミヘン

しかし、その人生はあまりにも短すぎた。

女性と二人でロンドンのホテルの一室にいた時に急死した。

死因は睡眠薬のオーバードースと、多量のアルコール摂取だった。

当時ジミーヘンドリックス27歳という若さでした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このLittle Three Bearsという歌は、 The Story of Goldilock and the Three Bears という物語ベースに作られたものだと思います。


ある日3匹の熊が幸せに暮らしている家に人間の女の子がやってきて、彼らの朝食のスープを平らげて、疲れて小熊のベッドで眠っていた所を散歩から帰って来た熊の親子に見つかってしまいます。

女の子は『助けて~!』と悲鳴をあげると彼らの家を飛び出して、二度と訪れる事はありませんでした。

という物語です。

ジミーはチェロキーの祖母からこのようなインデアン伝承物語を沢山聞かされて育ったので、彼の歌には時々それを題材にした歌を書いています。


恐らくこのThree Little Bears もまた祖母から聞かされていたのでしょう。


また、この物語の中に彼はいつも母を感じていたのではないでしょうか?


そんな彼の生い立ちを理解したうえでこの支離滅裂な歌を聴くと、なんだかジミヘンがクリスマスに抱いていた感情が蘇って来るようですね。


『母の愛』、

   それは、

     どんなに豪華なプレゼントよりも名声よりも、

            
                 それに勝るものは無い




Merry Christmas!


Three Little Bears / Jimi Hendrix

ははは、お母さん熊はお父さん熊の穴の開いた下着にアイロンをかけながら笑った。

そして、『ひ~ひ~ひ』 お父さん熊は息子がシスターの髪に蜂蜜を注ぐのを見て笑った。

まあ、とにかく3匹の熊はその後も幸せに暮らしたのさ。

ああ、『ほ~ほ~ほ』魚が笑う

悲しい釣り人が、獲物無しで家に帰るのを見てね

だけど『ひ~ひ~ひ』釣り人は笑うのさ

嫁さんがフレンチフライをフライパンで炒めていたからね

(あ~あ、こりゃ本当に馬鹿げてるぜ)

『ひ~ひ~ひ』あんたが俺に言う

(なあ、もうこれ以上続けたく無いな、だってアホ臭くなって来た。)

なあ、俺は死にたいぜ

だって、地上を歩き回る事が、とっても俺のいかれちまった頭にゃ苦痛だからな

あんたのいないこの世でこれ以上暮らせない

さて、いったいこれって三匹の小熊とどう関係があるんだい?

ただ落ち込んでいただけだよ、だってあんたの事本当に気にかけてるんだ

でもあんたは俺の元から出てったきりだ、限界までの悲しみを感じてるよ

だから、俺はこの歌を歌い奏でる、あんたが俺の元へ帰って来てくれるまでずっと

Three Little Bears / Jimi Hendrix

"Ha Ha Ha", says Mama Bear as she irons Daddy's holey underwear
and "Hee Hee Hee", says Daddy bear as Junior pours honey all on sister hair
Anyway you know they live happily ever after

Well, "Ho ho ho" say the little fish
as the sad fisherman goes home without a hitch

But "Hee hee hee" says the fisherman
with his lady burning french fries in the frying pan
(This is so silly man)

"Hee hee hee" says you to me
(Man I don't feel like going through with this, this is really silly)
Oh man, I wanna die
'cause walking around on the ground is really cramping my high
I sure don't wanna live without you forever after, no.

Now what does all this have to do with the three little bears?
Well, I was just feeling blue, 'cause I really care
That you're still gone from me and I'm as sad as I can be
So I'll sing and play this tune until you come back home to me




スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽ロック - ジャンル=音楽

【2010/12/24 02:49】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<Happy Holidays! | Top | 加州マリファナ合法化へ?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1972-2a3fea3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。