Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






Noと言えないアメリカ人  | アメリカ移住
日本人の性格を表す表現に 『ノーと言えない日本人』というのがありますね。

民族、社会、地域、そして住民、組織、それぞれ自分が所属するグループにとって柔和な対応を取ろうとする【和の思想】が強い日本人が。 


まずは相手の主張に肯定的な返事を返しつつも、柔らかに反論を述べる。


そういった対応が、欧米ではしばしば誤解招き、日本人はとうとうノーと言わない人種になってしまった。

実際こちらで『イエス』と物事を承諾してしまえば、そのまま事は前へ進んでしまい、後で撤回するのは難しい。

裁判ざたになるケースも少なく無いのです。


さて、じゃあアメリカ人は自由奔放に生きているのか? 


その疑問に回答をもたらすお話を、アメリカで物資運搬業を営む日本人経営者から聞く機会があったのでお話しします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【アメリカ人】って一言で言ってもね~、色々な人種がいるでしょう? 

それぞれのバックグラウンドからくる考え方が会社組織の中で混在していてね。

それを放任主義で扱うと、とんでも無い話になってしまう。

会社がどっちの方向にも進まないんだ。

だから、会社の方針を打ち出したらそれを社員に伝達してね、

そこの部分では是が非でも同じ方向性で進んでもらわなければならないんだ。


ここの基本方針部分での協調性は帰って日本社会でのそれに比較してもっと強い姿勢で対応しなければならない時が多々あるんだ。


社員の中にまるで社の方針に添った動きができない人間がいたとしたら、オフィスに呼び出して。


『貴方はこれから我が社の方針に添って動く覚悟が有るのか?』と、問うて。


『NO』って返答なら辞めてもらう以外選択は無いんだよ。


だって、その一人を野放しにしておくと本当にこの国の人間はバラバラになってしまうからね。


考えようによっちゃ日本での【NO】にたいする対応よりも、もっと厳しいんじゃないかな?



プライベートに関しては全くこちらが関与する余地はないけれどね。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=働くということ - ジャンル=就職・お仕事

【2010/11/19 03:04】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<Reflections are Protections by La Roux | Top | 負け犬の遠吠え>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1954-d3d53207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。