Top | RSS | Admin
侍になりたかったアメリカ人 其の二  | 世界から見た日本
【SEVEN VIRTUES】

Bushidou2.gif

(私は侍になりたいんだ。手伝ってくれないか?)

そう言われてきょとんとしている僕の目の前に、ずっしりと厚みのあるバインダーが取り出されて、テーブルの上に横たわっていた。

彼はきちんと整理されたバインダーの中から、プリント用紙を一枚を丁寧な手つきで取り出した。

そこには美しいフォントで印刷された文字列がほぼ等間隔の見出しと一緒に並んでいた。


これは 【Seven Virtues】と言って武士道の中で7つの美徳を唱えたコードを私が簡潔にまとめたものなんだ


難解そうな文章を訝しげに目を通している僕に、彼は話を続けた。


以前も君に話したように、僕はベトナム戦争で沢山の戦友を失った。その経験からなかなか人に対して心を開く事が出来なかった。心を許し合った友人がまた、私のそばからいなくなってしまうのでは? そんな恐怖感が心のどこかにあってずっと心を閉ざしていたんだね。

ご存知のとおり、先日私は、生と死の狭間を彷徨った。 意識を取り戻した病床で、手に取って読んだのが武士道についての文献だったんだ。

戦争から帰還してからというもの、とっくの昔に【死】とは和解をしていたつもりだったが・・・・

やはりあの時ばかりは、『これでいいのか? もうやるべき事はやったのか?』 って自問自答してね。


それで、以前 PTSD の症状が出ていた時に読んだ新渡戸稲造著の【武士道】を手にして読み返したんだ。 武士道には死生観が詰まっているからずっと愛読書なんだよ。


だって時々、何故、私が今だに生き長らえているのか? それが不思議なくらい、人間の存在は儚いものだって、嫌という程経験したから。


そして、柔道仲間の献身的な見舞いに感動したこともあってね。


このまま誰にも心を開かないで生きて行くのか?


せっかく拾った命だ。 目の前の友情に引っ込み思案にならずに、積極的に心を開こう!



そう思ったんだよ。



だから、この七つの美徳を彼らと分かち合いたいんだ。

まずこれを和訳してもらえないだろうか? 

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=文明・文化&思想 - ジャンル=学問・文化・芸術

【2010/10/16 16:17】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






<<Seven Virtues of Bushido | Top | Lucky / Jason Mraz>>
コメント
May さん、僕はたったいま、七つの美徳を知る入り口に差し掛かったところなので、うまくは説明できませんが、彼がまとめあげたものをご紹介したいと思います。
【2010/10/18 23:13】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

先日、7つの美徳についてお尋ねした後
忘れてしまっていたので、またお伺いしたいと思っていました。

よかったら、次回もう一度詳しくお願いします^^/
【2010/10/17 12:59】 URL | may [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1927-3af77342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |