Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






A ROSA DE HIROSHIMA / Ney Matogrosso  | MUSIC


今年もまた8月6日の原爆記念日がやって参りました。

最初に元エノラゲイの乗組員のインタヴューをご紹介させて頂きました。

僕も実際聞きながら憤慨してしまいましたが、


しかし、それぞれの国の立場で物事を考えれば、また違ったものの捉え方があるのも事実だろうと思います。



マンハッタン計画が実行に移されたのは、人類最大の失態です。


人間はこの広島、長崎の貴重な“学び”を基に、

二度と核の爪痕を地球上の何処の国にも残さぬように、ただただ願うのみです。



こんな歌を見つけました。

広島で起こった惨事を我が事のように、世界規模で考えてくれているアーティスト Ney Matogrosso (あえて出生地は調べていません。)の作品です。


Hiroshima の声を 訴えてくれて

ありがとう......



広島の薔薇

テレパシーを使って全ての若葉の子供達を思ってご覧

不確かだけど、全ての盲目の娘達の事を思ってご覧

一生涯、身体に障害を負った女性の事を考えてご覧

薔薇のように赤く深い、火傷傷の事を忘れないで

私たち全てが授かった広島の薔薇

またいつ来るかわからない、放射線の薔薇

原子爆弾の薔薇は死の花



香りも無く、赤い色も無く、薔薇でも無く、まさに 『無』




“The Rose of Hiroshima”



Think of all the seedling children, telepathically

Think of all the blinded girls so inexactly

Think of all the women crippled ever turning

Think of all the scars like roses red and burning



Forget me not the red red rose so esoteric

The rose of Hiroshima rose we all inherit

The rose of radiation don’t know when it’s gonna come

The flower of the dead the rose of the atomic bomb



No perfume no color red no rose no nothing

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=音楽 - ジャンル=音楽

【2010/08/07 14:52】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






<<盆踊り | Top | Enola Gay ただ一人の生存者>>
コメント
May さん初コメありがとうございます。

日本がパールハーバーに奇襲をかけなければ、アメリカが日本に奇襲攻撃をかける段取りになっていました。 太平洋の沖合で日本軍の軍艦を攻撃して先に挑発したのもアメリカでした。 日本が他国との戦争で、奇襲攻撃をかけるので有名だったからというのと、序所に力を付けつつあったアメリカ本土の日本人実業家達へ対する不満があり、参戦方向へ世論をまとめたい為に、情報をつかんでいながら攻撃を黙認した。とも言われています。本当は原爆等落とさなくても日本を制圧できる事を知りながら、ソ連を威嚇するために日本人を犠牲にしたとも言われています。

そんなこんなを思いながらもと乗組員や原爆開発に携わった科学者の話を聞いていると、非情に頭に来ますが。 日本人が軍部に洗脳されていたように、彼らもまた、それを信じて疑わなかった訳だから。仕方ない事なのでしょう。
【2010/08/10 16:14】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

今年も8月6日を迎えましたね。
わたしもこの日は原爆、平和、日米の関係などを考える日です。

非常に繊細かつ議論の絶えないトピックです。

先日メキシカンの友人に
「日本はそもそもどうして真珠湾攻撃したのか」と聞かれました。

今月は映画「442」がBalboa ParkのMuseum of Photographic Artで
上映されますね。

この映画は日系人の部隊の話ですが
ハワイ出身の日系アメリカ人のルームメイトにこの話をしたら
少し不機嫌になっているような気がしました。
(気のせいかもしれませんが)

おっしゃる通り、歴史にはそれぞれの見方があります。
ただただ、悲劇しか生まない戦争をしないことを
各人が誓ってほしいと思います。

世界ではいまだに争いが絶えませんが
そんななかで平和な世の中に生まれたことを感謝しています。


【2010/08/08 01:47】 URL | may [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1886-7d4dda70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。