Top | RSS | Admin
Enola Gay ただ一人の生存者  | 世界から見た日本


ごく小さな研究チームでしかなかった、原子力のリサーチプロジェクトは、フランクリンルーズベルト大統領の命令で原子爆弾の開発計画は国家の命運をかける、130,000人が関わる巨大プロジェクト 【マンハッタン・プロジェクト】 へと発展した。

『1944年、まだ爆弾が出来ていなかった時から私たちは爆弾を落とす準備をするように命じられたんだ。』

Theodore Van Kirk はインタビューアーの質問に淡々と,極事務的に答えていた。

飛行機に乗り込む時、どんな気持ちでしたか?


『それは簡単な事さ! 全て順調にプランどうりに事が運んでいたんだから。爆弾を落として旋回して帰ってくるまではね。』

『一番心配されたのは、この人類史上初のプラティアム爆弾が果たして予定通りの働きをするのかどうか? それだけだった。』


あの瞬間どのように感じておられましたか?


『私は任務が遂行できて幸せでした。それが第一です。 日本に真珠湾を攻められてから長い間戦争が長引いていました。』

『日本人は当時あまり良い人たちではありませんでした。 今日、日本人が世界に認められている性質とはまったく違う性質をもった民族だったんです。』

『当時のアメリカ合衆国の政策は大日本帝国を征服する事。もちろん私もその政策に準じていました。』


貴方は日本人が広島と長崎に起こった惨劇について、アメリカをこの先許す事ができると思いますか?



もし私が広島か長崎に住んでいたなら決してアメリカを許さないでしょう。 しかし、彼らが認めようと認めまいと、原子爆弾は日本とアメリカ両国の沢山の尊い人命を救ったんです。 第二次世界大戦は生半可な戦争ではありませんでした。15億人という人が戦火に散ったのです。 もしこれ以上に私たちが日本本土に対して侵攻しなくてはならなかったなら、もっともっと大きな被害が出ていたでしょう。


原子爆弾を落とした事に対して後悔はありますか?


原子爆弾を落とす任務に就かなければならなかった事には後悔がありますが、

  そうせざる終えないようにした大日本帝国こそ我々に謝罪するべきだとも考えます。

     結果的にはこの行為自体が戦争を終わらせ、世界の核戦争を終わらせた。


もし、第三次世界大戦が起こって、貴方に核爆弾を落とす命令が下ったとしたら、あなたはその任務を遂行しますか?



  『全ての状況が1945年と同じ状況下なら、私は喜んでその任務を遂行するでしょう!』



    


スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=気になるニュース - ジャンル=ニュース

【2010/08/07 14:03】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<A ROSA DE HIROSHIMA / Ney Matogrosso | Top | テキサスのBJ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1885-64d3821c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |