Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






屋根の上の鳥  | D70
birdonroof.gif

潮風を

鳥嘴で切り

岸に立ち

扇ぎ見るかの

遥かなる地

 2005年の5月、36歳で渡米して以来、もう5年の月日が流れました。

今日は僕の42歳の誕生日。

娘と妻が柔道の試合の為にLAへ行ってしまい、今日は一人でお留守番です。

おかげで、毎年続けていたお誕生日旅行も今回はお預けとなりました。


渡米5年、今の心境を写真で表すとこんな感じかな?

屋根の上の鳥

なんだか尖ってるでしょ。

ちょっとメロウになれないんですよね~

この頃になると、もう旅行者じゃなくて本格的にアメリカの移住者としての

生存能力を問われるようになってきます。

今まであまり気にならなかった英語力の不足だって、責任が増えてくれば周囲の鼻についてきます。

自分の中でも、日本からの移住者としての自分だけでは無く、

【もっともっとアメリカのソサエティーに溶け込んで行かなければ。】 と、ジレンマも募るのです。

サンディゴに引っ越して来る2年も前から不動産物件を購入する為の作戦を実行して来て、

住宅ローンを獲得したにもかかわらず、未だに物件を購入できないでいるいらただしさ。

その他にもいろいろね、やりたい事はあるのですが

ちょっこしつまづいてしまったりももちろんします。


だけどね、幸せなんですね。


上の写真の尖ってる鳥は見た目とっても辛そうじゃ無いですか、ぬくぬくとした家の中じゃなくて

屋根の上にいて風をもろくらって、震えているようにも見えます。

でも、あそこに立っていると水平線を眺める事が出来るんです。

その向こう側は計り知れない。

計り知れない場所にくちばしを向けて、その先にある何かを仰ぎ見るんです。

風を体いっぱいに感じながら・・・・・・



今日も、マーケットストリートをの片隅でいつものようにチョキチョキ髪を切ってました。

店の入り口で大手を振りながらステップを踏んでる男女が横目でチラット見えたから

ふとその方を見ると、昨日初めてカットさせて頂いたお客様がね。

顔がほころぶぐらいの笑顔を浮かべて、手を振りながら飛び跳ねていました。

時々自分の髪を指差してね。(ああ、気に入ってもらえたんだ。)

もう、僕もつられて彼らが去って行った後も

何度も何度も思い出し笑いを浮かべてしまった。

感情がダイレクトに伝わって来るこの国にいて、それを体で感じる。

時には厳しい事もあるが、そのおかげで嬉しさは倍以上にもなって全身に響き渡る。


それでいいじゃないか、屋根の上に立つ鳥よ!


僕はここにいて色んな風を感じるのが好きなんだ。


スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=写真にコトバをのせて - ジャンル=写真

【2010/07/03 14:59】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






<<Sarina Junior National 第4位! | Top | If it's Love / train >>
コメント
Fujiko さんありがとうございます。

歳ばっかりとって行くので、この辺でしっかりと成長しなければ! と思ってます。

よその国で生きてる事だけでも人生の中で勉強させて頂いてる部分が大きいから。

まるで、一からなんでもやり直しているようなね。

これがいつか自分の力になって帰って来るのだと信じています。

金箔Fujikoには負けませんよ!(って、絵が描けないから勝負にならないか。へへ。)
【2010/07/06 14:18】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

ロベルトねんきうセブンさん、

僕はバブルエコノミー末期に日本の美容院に勤め始めたから、頭の中がバブリまくっていた中年おじさま方が、若い子を侍らせて夜の街を歩く姿を見て、自分の中年になった時のイメージを重ね合わせていました。

そこには、”家族愛” ”友情” ”夢” ”生き様” という生身の人間が感動を持って感じ取る事よりも、お金、数字、権力、財テク、財産。 夜遊び、金妻。

そんな事が人の憧れの象徴としてTVドラマを賑わせていました。

ロベルトさんのブログには親子愛が溢れています。 自然を慈しむ心が写真から感じられます。

スポーツに熱狂する親父の気概がふつふつと感じます。 

中年の生き様はそれで良いじゃないですか! 僕にとってもそれが一番の幸せです。
【2010/07/06 14:13】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

coolcutsさん、お誕生日おめでとうございます。
あっという間に渡米5年ですね!
「だけど幸せ」共感します。
継続は力なり。
英語力は上達するのみです。
お互い異国の地で育ち続けましょう。
インスピレーション、有難うございます。
【2010/07/05 14:50】 URL | FUJIKO [ 編集] | page top↑

============================================================

すごいなぁ、CoolCutsさん。
僕は四十を前に、何かこういろいろと精神のテンションが緩んでしまっている感じです(悪い意味で)。
学生時代に考えていた中年の俺ってこんな感じじゃなかったはずなのに…。
わはは。
【2010/07/04 22:02】 URL | ロベルトねんきうセブン [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1863-930f7fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。