Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






スーパーカブ70とがまの穂の思い出  | Family
DSC_0621.gif

スーパーカブ70の荷台に座り、荷台の取っ手にしっかり捕まった。

父ちゃんが体を右に傾けると

僕も真似して右に倒れてみる

左に向けば左・・・・

小さな僕の体でどれだけの効果があるのかわ解らないが

とりあえず自分がカブを操縦している感覚が味わいたかったのだと思う。

二号線を走り抜け

海岸沿いの188号線を滑走する

朝の光が反射する海のきらめきが、ヘルメットの下から入り込んで

それで、目を細めた。。。。

カブにくくり付けた釣り竿が、ふにゃりふにゃりとシナっている。

別に僕は魚釣りが好きなわけではなかったけど

こうやってカブの後ろに二人乗りして、遠方の防波堤に向かう時間が好きだった

普段仕事で忙しい父ちゃんをなんだか独り占めしているような気分になるからだ

火力発電所の煙突に目を取られて

足置きからかかとが滑り落ちた


『熱っ!』

僕の足が熱しきったマフラーに触れた

父ちゃんは発電所のビルが見渡せる路肩にカブを停めた。

本当にのんきな人で

心配しているときも、怒っているときも、ほとんど表情を変えない人物だ


『おお、水ぶくれになっとるの~。』


これまたのんきそうに言ったので


『すごい痛いんじゃけ~!』


と、ちょっと興奮して言ったら。


50メートル先の草原を指差して


『あそこにへんなソーセージのような形をした綿がついた草があるじゃろう。 あれは何て言う草か知っとるか?』

GAMA.jpg


『知らんよ! そんなの。』 半分ふてくされてそう言った。


『あれはがまの穂って言ってのう、昔はあのがまの穂から取れる油を傷薬にして付けよったんじゃ。


一枚が二枚、二枚が三枚、三枚が四枚・・・・・ って聞いた事あるじゃろうが?』


『うん、あるよ。』


『あれでも付けとくか?』


『ええよ~。』


『ほんじゃあ行くぞ、今度は気をつけえよ。』


何とも不思議な人だった。 


このの~んきな話し振りがいつの間にか水ぶくれの痛いのを忘れさせてるんだから。
(実際には薬効効果があるのは花粉だったようですが)


思春期には父ちゃんのそののんきな話し振りがすごく鼻についた時もあった。


(ちっ!こっちは真剣なんじゃけぇ~!)


今、大人になった自分と照らし合わせてみると


のんきでいるには忍耐が要るんだな。


そんなふうに思うようになった。

不思議なもので、外国暮らしを始めてからというもの、

いつとなく、不意に頭の中で声が聞こえるようになった。

滅多に怒らなかった父ちゃんが、たま~に怒った時に僕を呼ぶ声だ。


今日もちょっとだけ人のずるさを感じた。

なんだか気がめいったけど、すぐ聞こえて来た。

『こうじ!』 頭の中で僕をそう呼んだ。

スーパーカブに70にまたがって、時速60キロで国道188号線を疾走する背中

僕を絶対裏切らない背中が・・・・

またのんきに話しかけてくるような気がした。


ありがとう..........


Happy Father's Day!

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=小さな幸せ - ジャンル=ライフ

【2010/06/20 15:11】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<あなたへ / HAYABUSA | Top | Migoto Judo Tournament 2010>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1850-e4690bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。