Top | RSS | Admin
アムトラの車窓から  | 海外旅行
オレンジカウンティーのアルバインからAmtrakに乗ってサンディエゴへ帰ってきました。

片道19ドル、快適な沿岸列車の旅ぃ~!!

一応チケットには座席番号が書いてあるのに、乗ってみるとガランガラン。

制服を着た車掌さん風の女性が僕がカメラを抱えているのを見て、


『右側の窓際の席に座りなさい、ビーチが見渡せるからとっても奇麗よ。』 と教えてくれた。



DSC_0174.gif

今まで車でしか通った事の無い OC←→SD の道のり、フリーウエー5号線は道路と車しか見えなくてとっても味気ない。 しかも混んでいる時は3時間以上もかかる。


bikini.gif


ビーチ脇のトレイルを自転車に乗っている人、ウォーキングをしている人。

そして浜で釣りをしている人に、水着姿で日光浴をしている人


DSC_0181.gif

浜ベリの丘に咲く春の花々


DSC_0177.gif

そして、もちろんサーフィンをしている人だっている。



DSC_0178.gif


オーシャンサイド名物『Nipple』 原子力発電所の建物がおっぱいの形に似ている事からついた通称。

アムトラからはかなり建物が巨大に見えます。 これが見えたらあと一時間

DSC_0185.gif

今まで見た事も無かった角度で見る湿地帯



DSC_0183.gif


海のきらめきを車窓から眺めながら、くつろぎの2時間足らず。



Amtra.gif

アムトラックはサンディエゴダウンタウンのサンタフェ駅に着きました。


と、ココまでは順調でしたが・・・・・・



僕が住んでいるEast Lake まではこれからまたトローリーに乗り換えて、30分も揺られるとやっと、最寄りの 駅にたどり着きます。そこからバスに揺られる事約30分。

待ち時間も加えたらやっぱりみっちり3時間はかかってしまいました。

アメリカのサウス・ベイの公共交通事情はやっぱり不便ですが、


アムトラックの車窓からの眺めは、結構うっとりする風情があります。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ - ジャンル=旅行

【2010/04/30 15:54】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






<<Smoke follows beauty | Top | 春の浜>>
コメント
ロベルトさんはサンフランシスコへ住んでいたのかと思いましたが、NYにいらしたのですか?
最高に奇麗なところですよね。

もし、もう一度NYへ行けるチャンスがあるなら、ぜったいタムロンの18mm ~270 mmを新調して撮影に挑みます!
【2010/05/03 10:15】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

写真しびれますー。
アムトラックって響きだけでも、ワクワクします。
以前NYにいた頃に、Kingston(綴り合ってます?)からマンハッタンまでアムトラックに乗って行ったことがあります。
西海岸のように太陽が眩しい風景ではなく、ハドソンリバーを左手に眺めながら、優しく落ち着いた雰囲気の景色だったと記憶しています。
【2010/05/01 01:09】 URL | ロベルトねんきうセブン [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1820-4d5a3322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |