Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






キッシンジャー暗殺計画の生き証人  | アメリカ移住
私が軍隊で現役の頃の仕事はスナイパーだった。


除隊した後はCIAに所属したんだよ。


CIAではヘンリー・キッシンジャーの付き人として活動をし


同時に二つの異なる任務を遂行していた

一つは、国家安全保障問題担当大統領補佐官である彼をボディーガードする事

もう一つは、CIAから命令を受ければ私の手によって彼を暗殺する。



実はボディーガードの任務は表の顔で、私はミリタリー時代のスナイパーの経歴が目に留まってね、


暗殺部隊に所属していたんだ。


今でもあの頃の事が夢に出て来てうなされる事がある。


ターゲットがほとんどの場合が男性だったせいで、完全に男友達に心を開く事も出来ず。


全て自分一人の心の中にしまい込んでずっと誰にも話さなかった。


先だって入院した時、生死の狭間を彷徨って、今まで妻にも話した事が無かった空白の時間・・・・


それをこのままただ私と一緒に地中深く埋もれさせて良いものだろうか?


急にそんなふうに思えて来たんだ。


結局起こりもしなかった、歴史の片隅に埋もれて行く事実だけど、誰かに話しておきたい。


そんな気持ち解ってもらえるかな?




*この話はサンディエゴ旅行中にお店にご来店頂いた州外にお住まいの女性が知人の男性から聞いた内容なので、事実関係を確認する事はできません。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=軍事・平和 - ジャンル=政治・経済

【2010/03/27 01:07】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<人生 | Top | Instant Gratification>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1795-1d97ad31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。