Top | RSS | Admin
Story of Stuff  | アメリカ移住
オープラで見たデンマークの様子と対照的なのがこちら、Earth DAY のために用意された映像


今から60年も昔の話・・・・・・

合衆国大統領、アイゼンハワーが掲げたマニフェストは

『消費者にできるだけ多くの物資が供給できる社会を目指す!』

公的医療保険や年金の確保でも無く、商品の流通!?

彼が目指した消費大国アメリカの夢は見事に果たされた。

それと反比例してアメリカ国民対して行われたリサーチで『アメリカ人の幸福感』は50年代以降減少気味という結果が出ている。


アメリカ合衆国の人口は全世界人口の約5%。年間に消費する物資は全世界規模トータルの30%にもなった。

アメリカの森林はたったの4%しか残っておらず

40%の水が飲めない水と化してしまった。

足りない資源は他国から取ってくる。

世界中の海で75%の魚が乱獲され

80%の原森林が失われた。アマゾンだけで一分間で2000本の木が失われて行っている。

その量、なんとフットボール場7個分に相当する。

安く物を沢山流通させるめに、他国で化学合成薬品を使用して毒をまき散らし、自国のスーパーマーケットで働く人々の福利厚生の是正にも無関心。

70年代以降、早いデザイン変化の展開でどんどん次から次へと物を購入する仕掛けが充実して来た。 

古いものを長く使うという感性は ”恥ずかしい”とされるようになった。

人々は購入した商品を6ヶ月間で1%しか手元に残さない。 99%がゴミと化す。

その大量のゴミを購入するために、多くの収入を必要とするようになった人々は、家族や友人と一緒に過ごす時間を削って長時間働くようになった。

人々を幸福に導くはずだった”消費活動”ですが、今そのあり方を再検討するべき時が来ているのではないでしょうか?

環境保護 公平 自然科学 無駄遣い防止 環状生産流通方式の確率 再生可能なエネルギーの開発 地域経済との共生 全てもう改善の方向へ進んでいる。

人間が始めた事だから、人間が改善する事ができる。 

さあ、皆で新しい未来を創造していきましょう!


スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=エコロジーライフ - ジャンル=ライフ

【2009/10/29 15:29】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<遅ればせながら Happy Halloween! | Top | This is it. >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1732-f042f86f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |