Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






久々の説教  | 美容道
うちのお店はカラーリストが今たった一人しかいない。

それでアシスタントはいない。

予約を詰め込むと、カラーリストは洗髪したりブローしたりする人手が無くってかなり困る事になる。

そこでオーナーは新人ヘアーカッターが臨時で配属されてきて、少ない顧客数をこなしながらカラーリストのお手伝いをさせようという作戦に出てきた。

これは、僕が07年に始めてフローアーに立ちはじめた頃も同じような内容だった。

うちには先輩後輩システムすら無いけれど、組織の中で売り上げ貢献度が低い場合はせめてその売り上げを確保するお手伝いをする。という流れはごく当たり前の事。 

フロアーに立ちはじめてからあまり期間が経ってないぶんなかなかお客さんを回してもらえないという状況があるにしても、少しづつの仕事で結果を出して信用を積み重ねるというのができて初めて大きな仕事を任される。

最近の若い美容師さんにはそう言う事が理解できないらしい。

と、言っても自分もそうだったのかな~ 


その日は新人Kのスケジュールがブロックされて、カラーリストSのお手伝いをすることになっていた。

しかし、Kはまだカットの時間がかかりすぎて通常一時間のカット時間を1時間30分に延長しても時間以内に終えられない。 しまいにはコーディネーターのJが彼女のお手伝いをする始末。

自分のお客様に時間をかけすぎてSのお客様のシャンプー&ブローのお手伝いができないでいた。

すぐ次の顧客に入らなければ僕が後でカットするお客様を遅れさせてしまうから (僕はアシスタント使わずに45分でシャンプー&カット&ブローというスケジュール。時間の遅れはかなり痛い) Kに途中で自分の顧客の作業を辞めさせ、とりあえずSの顧客をシャンプー&ブローするように! と命じた。

Kはその事に不服だったのでシャンプーはせずにブローだけ手伝い。 後で自分の顧客を仕上げた。

僕が最後の男性客をカットしていると、後ろの方で片付けをしている二人がなにやら言い合いをしているのが聞こえた。

そう!さっきの件で二人が大モメにモメていたのだ。


S 『貴方のスケジュールの中に私のお客様のシャンプーブローが設定してあるんだから、貴方にはそれを行う責任があるのよ!』

K 『自分のお客様の仕事の手を止めて他の人の顧客を手伝わなきゃならないなんて見たことも聞いたこともないわ!だいたいブロードライは私のスケジュールにあってもシャンプーは貴方の仕事でしょ!』


僕は慌てて二人を制止に向かったがSにはじき返された。


『貴方は黙ってなさいよ!』


あ~あ、これはもう処置無しだ。


僕は自分で起業をしようと考えている青年の髪をカットしながら、先日行った吉田ソースの社長の【バスを動かせ!】と言う話を熱く語っていた最中だったから、

先ほどにも増して、大きな声で熱く語っていた。


僕が話している内容と後ろで起きている状況がまったく正反対の状況ではあったけれど、とりあえずお客様は+のエネルギーを持って帰ってくれた。

その後、Sは既に帰ってしまっていたが、Kがまだバックルームにいた。

お客様の前で従業員どうしが喧嘩をするなんて、僕にはとうてい理解できないよ。 スケジュールにある事柄は君の責任だし、もしそれがやりたくないんだったら、カラーリストのドライオフを自分のスケジュールに組み込まないでくてってオーナーに言えばいい。 仕事だってもっと速く的確にできるはずだからね。』


Sは 『でも、スケジュール上での私の仕事はブローだけでシャンプーはSの責任でするべきでしょ? それに自分のお客様をほうっておいて他の人を手伝いにいく人なんて見たことが無いわ!』

『なあ K、ここには色々な考え方の人が働いているよね、手にあまる事を 『自分にはできない』 って言いのけてしまって、改善をしようとしない人もいれば、できない事を自分なりに努力してできるように向上心を持って突進む人と二種類があるとしたら、君はどちらを選択するんだい?

もっと強い自分になってさ、他の人も助けられるようになったらいいじゃないか! 

僕もそう思って、今このタイトなスケジュールを必死でパフォーマンスしてるんだよ。』

もちろんSにも後日同じような内容でお話をしました

うざったがられるから、しばらくおとなしくしてましたがとうとうまた説教をしてしまいました。

常識が通用しないから大変です。


スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=働き方 - ジャンル=就職・お仕事

【2009/10/09 02:03】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<メキシコ誘拐殺人事件 | Top | 受身>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1712-ce8daef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。