Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






4回会社を倒産させた男の話 (ハワイアンバーベキューソース誕生秘話)  | エージェントへの道
おお、そうやった。

わが社の主力商品の一つに 【ハワイアン・バーベキューソース】ってのがあるんやけどな。

あれはそもそも【チャイニーズ・スイートソース】として開発されたんや。

コストコさんの依頼でな。 

わが社がもともと持っていた商品ラインナップは、アメリカ人のバーべキューに使うソースとして、【吉田グルメソース】。 日本食用のソースとしてより広くアメリカ人の過程に普及する事を望んだので、あえて 【テリヤキソース】 とはネーミングしなかった。

そしてもう一つは、コストコでキッコーマンのテリヤキソースのシェアを奪うようにして売り出された日本食専用ソース【テリヤキソース】。 このエピソードは先ほどもふれましたが。

わしがシアトルにやってきた時に比較すると、ずいぶんとアジア人の人口が増加傾向にあった頃、コストコさんから


オリエンタル料理の為のソースを開発してみてはどうか?という提案があった。


それでコストコと共同開発で作り上げたのが 【チャイニーズ・スゥイート・ソース】やった。

そのソースがぜんぜん売れへんかったんや。

手痛い失敗にパイナップル・ジュースの大缶が倉庫に山積みになってもうた。


コストコの社長のジムも気の毒がってな、 『そのジュースの在庫を自分達が引き受けよう。』 そう提案してくれた。

それもなんか、心もとなくってな。 それでこう、腕組んで考えよったんや。


それで、ひらめめいたんや!

『ハワイアン・バーベキューソースや!』


【チャイニーズ・スゥイートソース】 の敗因は、なんとなく解ってたんや。 料理に使うソースやから、それを使っての料理の仕方を提案せな、そりゃ買わんでしょ。

バーべキューソースやったらそんな必要ないやんか。

もちろん 【ハワイアン・バーベキュー】 なんて当時ありまへんがな。

ただ、パイナップルを使ったソースの甘ったるさがなんとなくハワイアンって感じがして、思いついただけや。

チャイニーズ・スゥイートバーベキューにトマトソースでちょっと赤色つけてな。 ラベルを張り替えGood to Go! や。

売れた、売れた、大ヒットや!


人生なんてゲームのようなもんや!

            夢中になって走ってれば、やがて決着が付く



だから、わしは 『大変苦労しました。』 という人の言葉を信用しない。 

               そりゃあ負け言葉や!


      ほんまにその物事に一生懸命打ち込んでいる時には、それを苦労とは呼ばないもんや。


狭い部屋で何百本もソースを自分で瓶詰めしたあの当時の写真が一枚も無いのが悔やまれて仕方が無い。 誰も写真を撮っておこうなんて考えもなかった。 無我夢中やったんや。

---------------------------------------------------------------------------------

9/22 Litehouse 主催の吉田潤喜氏(吉田ソースの創業者)講演会での公演内容より

 
(注) 先日サンディエゴで開催された吉田ソース会長の講演会の最前列で講演をご拝聴しました。 あまりにもその屈託の無い話口調と、彼の人生のスケールの大きさとのギャップに、夢中になってそのお話に吸い込まれていきました。 これまで6話に渡って書き連ねたエピソードは。当時の走り書きしたメモ帳と頭の中に残っている記憶を頼りに表現したもので、若干、ご本人の話された内容と異なる場合もございます。

ただ、吉田潤喜という人間をこのブログに読んで下さっている方達に知っていただく事は、アメリカ移住を考えておられる方、若しくは、仕事や人生を前向きに生きていらっしゃる方に良い刺激になると思い表現させていただきました。 この講演会を僕に紹介して下さいました、Lighthouse の廣田様、それから Blue Bazar の ひろこ様本当にありがとうございました。

もちろん、吉田氏の人生談はここに書いた内容に留まるものではありませんし。 実際の倒産の危機に直面した時のエピソードなどは本当に不思議としか言いようの無いものでした。 ボランティアに充当する姿勢も、彼のそんな何か目に見えない力に支えられてきた。という謙虚な思いの現れです。 僕の言葉では語りつくせない彼のエネルギーを、ぜひお近くで講演会が開かれる時には足を運んで感じ取ってみてください。 それから 【人生 商売も 出る杭うたれて なんぼやで】 という吉田潤喜氏ご本人著書も合わせてお勧めいたします。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=マーケティング - ジャンル=ビジネス

【2009/09/28 00:51】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<ダンス大国アメリカ! | Top | 4回会社を倒産させた男の話 (NIKEとの専属契約)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1710-cb65bb06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。