Top | RSS | Admin
Grease  | 本物
親子三人でサンディエゴの Civic center へミュージカルGrease を鑑賞に行きました。

現在アメリカンキッズをとりこにしている映画 『Grease 2』 を視て、娘のさりながミュージカルを観に行きたいとせがんだのがきっかけですが、タイミングのいいところで、Grease がサンディエゴで上演されました。 と、いうかこれもきっと流れの中で仕組まれてるのだろうと思いますが。


僕の奥さんが子供の頃、両親に連れられて観に行った1978年上演の映画 『Grease』 

当時映画館に行ってもなかなか入場できないぐらいの盛況ぶりで、Baby Boomer とその子供達の世代がこぞって視た映画です。

物語の時代背景は50年代のアメリカ。 まだまだ男女の間は封建的で性的描写に関してもタブーな事ばかり、プレスリーがテレビで腰を振って踊る事すら禁じられた当時の若者達の生活ぶりを、60年代に 『チャタレー婦人騒動』 も一息ついて、70年代の女性解放運動の頃、このミュージカルは1971年に制作上演されました。


今日はじめて実際のミュージカルを観に行ってこのミュージカルがあれほどの大ヒットになった訳がはっきりと解りました。



これは有名な冒頭のシーン、Summer Nights。 二人が浜で出会ったいきさつを歌っているシーンですが、ダニーはcoolなプレイボーイ、彼の手にかかれば女なんてイチコロ、と周りの男友達から憧れの目で見られていた。 一方サンディーは奥手な普通の女の子、本当はダニーは彼女に指一本触れてもいないのに、男友達の前でカッコつけたいがために、『彼女はとっても良かったぜ』 なんてうそぶいてみせる。



そしてこれは Hopelessly Devoted To You ドライビングシアターでダニーに体の関係を要求されて、車から逃げ出したり、友人の女の子の妊娠問題発覚など、思春期の女の子が直面する心の動揺と、どうしてもそれでも彼をあきらめきれない感情が描かれた一幕。



そしてサンディーはとうとう彼の為に自分を変える決心をする。 今までの清純なイメージの自分を捨てて、ダニーの為にBad Girlに変身するシーンがこの You're The One That I Wantでした。

50年代→60年代→70年代 の若い男女の変化を描いた物語を、50年代を生きた若者の子供達が、自分の子供を連れて劇場へ足を運んだ。

その舞台の中のあちらこちらに仕掛けられた、50年当時タブーとされた性的な描写。

最後のサンディー変身のシーンなんて、男達が要求するから女達も変化してきたのに、何が不服なの? と言わんばかりのアクティング。 


1970年代初頭はフェミニズム団体の中でも、急進派と保守派に分裂していた。



そんな時代背景にあって、この 『Grease』 は老若男女誰にでも見所のある傑作に仕上がったのだろうと思います。


今日は このgreaseの製作者であるサンディエゴはカールスバッド在住の Ken Waissman氏 が客席に観覧に来られていました。

それから、第5回アメリカンアイドル優勝者Taylor Hicksが友情出演して、生で彼の歌声を聞く事ができました。 やっぱり上手でした。

最後に彼の持ち歌 『Whats Right is Right』を歌ってくれました。

そしてこの歌の中に描かれている男女のあり方は、互いに共鳴しあって生きている人間です。 


70年代に見た50年代の気風と今2000年代に振り返る70年代の価値観。

表現の仕方が変わっても、結局昔も今も男と女が共鳴しあって生きてきたのだと思います。
この 『Grease』 という作品は時代を超えてそれを教えてくれる作品であると、僕は感じました。  

したがって”本物” の称号を与えます!!
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=ミュージカル映画 - ジャンル=映画

【2009/03/04 17:12】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






<<VIDAL SASSOON SANTA MONICA 四日目 | Top | ナンシー提督の助言>>
コメント
中学校一年生って、1978年の作品ですよ。

そうか、僕はもう10歳になってた訳ですね・・・・・・

ドラゴンへの道 ブルースリー

がんばれベアーズ うわぁ~ 懐かしい~ 僕も見ましたね。

それにしてもオリビアは本当にかわいいですね。今回のミュージカルでサンドラ役だったEmily Padgett もそうとうかわいいですよ。

See you in Hiroshima!!!
【2009/03/06 01:38】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

ちょー懐かしいな~
俺はね、この映画リアルで見にいったんだよ!
中1ぐらいかな?
見終わった後は「トラボルタウォーキング」したよ
革ジャン欲しいなと思ったし、大人になったら絶対アメリカ行きたいと
思ったんだよな~それで米軍のアメリカ人に英会話習いに行ったりした^^
なんといってもオリビアが可愛かった!!!

ガキのころ見た映画で忘れられないもの
1 ドラゴンへの道
2 がんばれ ベアーズ
3 グリース
4 ボーイズボーイズ

思い出させてくれてクール君 ありがとう♪
じゃあ、広島で待ってるぜ!!!

【2009/03/04 23:04】 URL | taka [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1582-d29c612f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |