Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






Pay yourself first ! 401K  | エージェントへの道
入社2年にしてやっとこさ401Kの手続きができる日が近づいてきたので、ちょっとだけ調べておきます。 (当社の規定では1年で権利を与えられるはずのもの)

『アメリカにおいて採用可能な確定拠出型年金制度の一つ』 

掛け金が非課税

年金を受け取るまでの間は非課税なので、資金を目減りさせずに100%運用できるというメリットがあります。

非課税扱いとなる掛け金の額は米国が年間1万ドル(約107万円) これは年度によって変化します。

IRAよりも毎年の拠出限度額が高い。



将来受け取る年金の額は、掛け金の運用によって変動します。運用がうまくいけば受け取る年金の額が増加しますが、株価の下落などにより運用が失敗すれば年金額も減少します。

年金受給の権利はいついかなるときでも、1974年に制定されたエリサ法(ERISA)によって保護されています。  同じ保護はIRA勘定には状況によって適用されない。

転職した場合には新しい就職先に年金を「持ち運ぶ」ことができるので 【退職金制度】 のような企業の従業員拘束を促進するものではありません。

そのかわり401Kの運用は個人に全責任が置かれ、その運用先も本人の判断で行うといった。

自己責任に基づく年金制度です。



アメリカの401Kはマッチング制度がある

米国の場合は、従業員が支払う掛け金に企業がさらに上乗せする、いわゆる「マッチング拠出」の仕組みがあります。

勤める会社によってマッチングパーセンテージの内容は異なります。


個人事業主として独立したり、401K制度を持たない企業へ転職した場合、IRAへの掛け変えになります。

国民年金や厚生年金など現在の日本の年金制度は大半が確定給付型で将来受け取る年金額が決まっています。

掛け金は非課税扱いで、給付を受ける時も税制上の優遇措置があるので、個人が自分で資産を積み立てるよりも有利になります。

ただし、この制度は「貯蓄」ではなく「年金」ですから、払い込んだ掛け金や運用益は

60歳になるまで引き出すことはできません。

従業員が引退する(現行の法律では59歳半)前に口座から金銭を引き出す場合、ほとんどの場合通常の所得税に加えてIRS(内国歳入庁)への10パーセントの罰金を課せられる。

自分の401(k)からの低利の固定金利による借入れも認められているが、その分は課税後資産から返金されなければならない。


雇用者側にも年金コストがペンション制度に比較すると安価になるので人気が高い。

2007年以前の世界的な好景気の時には40歳から毎月$333拠出して65歳では$442,000になると言われていました。 今現在では個人の401K資産は元本を割って目減りをしている状態なので先の予測は立ちにくいですが。


・会社が上乗せで貯金してくれる事

・掛け金に対して非課税である事

・景気が過去10年で最悪な状態からのスタートで以前ほどでは無いが上がる可能性はある

・いついかなる時もその受給は保障される



この四点において投資の一つと捕らえ掛けておくほうが良さそうだ。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=めざせ経済的自由! - ジャンル=株式・投資・マネー

【2009/02/20 01:13】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<つみきのいえ | Top | VIDAL SASSOON SANTA MONICA 二日目 >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1575-825bdb82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。