Top | RSS | Admin
$2札に故小渕首相を想う  | 世界から見た日本
$2.gif

先日スーパーのキャッシャーでおつりをもらった時、$2札が紛れ込んでいた。

$2はめったにお目にかかれないので、アメリカではラッキー紙幣と呼ばれている。

考えてみればアメリカドルには 1ドル 2ドル 5ドル 10ドル 20ドル 50ドル 100ドル と7種類も紙幣があります。 しかも流通はしていませんが、500ドル・1000ドル・5000ドル・10000ドル・100000ドルも存在するというから驚きです。

日本にはたったの4種類。 そのうち2千円札は使用頻度が低いので廃止の危機に瀕しています。


先日サンディエゴの朝のラジオ番組を聞いていると、

American would buy any thing, if it's under $20. と言っていたのにおもわずうなずいてしまいました。

TVショッピングを見ていてもたいていの商品は$19.99なんて値段がついているし。

デパートのセールも$19.99

最近では NINTENDO がゲーム機に付随するアクセサリーの価格を$19以内に抑える努力をしているのが解ります。


これを 『ニッケル&ダイム商法』というらしい。

消費者の心理の中で捨ててもそれほど悔やまない程度の貨幣と同等の価格設定で売り出せば、躊躇せずに買えるので、その商品は飛ぶように売れる。 という事らしい。 

まあ、今の時代 5セントや10セントでは何も買えませんが。

では、アメリカ人が何故$5札じゃなくて、$10札でもなくて、$20紙幣に対してそのような価値観を抱くのか? というところを考えてみました。

おそらく ATM で引き出せる最低の金額が$20札だからではないでしょうか?

$100引き出すのもたいていが$20札5枚で発券されます。

そんな事を考えていると、今や日本ではとんと使わなくなってしまった2千円札の事を思い出しました。

2000年に沖縄で開催されたサミットに向けて、当時の首相小渕氏の発案で発券が決定された2千円札。

たった8ヶ月の準備期間とバブル終焉後、不況の最中だった日本経済で銀行がATMの普及に投資する予算が無かった事が原因のようです。


普及し切れなかった → 失敗 → 小渕氏の愚案

とあちこちで酷評され続け廃止案も出ているこの2千円札。

もし、銀行がきちんとその経済効果を理解できていたなら、この2千円札はもしかしたら景気回復に一躍かっていたかも? 

なんて $2札を手にした coolcuts はふと思ったんです。

先ほどの ダイム&ニッケル商法の心理作戦から、当時円高で対外輸出産業が低迷している日本で、内需拡大に貢献した可能性は多々あると思うのです。


それに、同じ金額を流通させる時、1000円札よりも明らかに2000円札のほうが材料コストが安くつくし、パルプの輸入量が削減できるため、国外への金流出を抑えることもできます。


とは言っても、当時日本国内で暮らしていた僕がそんな事を知る由も無く、そんな説明を政府が行っている報道なんて覚えが無いので、国民が理解していないのは無理も無い。

だいたい、当の小渕元首相だって、

『2000年はミレニアムなので2千円札なのよ!』

なんて説明のしかただったようですから仕方ありません。

厄介がらずに2000円札を普及させるといい事があるかもしれませんよ!


1000円カットが無くなって最低ラインが2000円になるとか・・・・・・・て!? チャン・チャン


スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=お金の勉強 - ジャンル=株式・投資・マネー

【2009/01/12 14:48】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






<<いろはにほえど | Top | 『最後の授業』 / Randy Pausch >>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/02/08 05:02】 | [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1552-6bc9e483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |