Top | RSS | Admin
Like A Rolling Stone / Bob Dylan  | MUSIC


デビュー当時からずっと労働者層の代弁者として民衆だけでなく、多くのアーチストに至るまで

幅広い支持を受け続けてきたBobDylan。

1965年発表されたこの【Like A Rolling Stone】という 曲は定職を持たず、コロコロ道端を転がり続ける浮浪者を、かつての姿と対比しながら歌われた詩。


自身は自らの驕りへの戒めとしてこの曲を書いたと後に話しているが

60年代当時、弱者層のさまざまなデモクラシーが盛んに決起しており

その体制をひっくり返したい思いと重なって多くの大衆に支持されたことで、

ビルボードNo.1にランクインした。
Like A Rolling Stone / Bob Dylan

昔はあんたも着飾って

浮浪者に小銭を投げつけたものさ

気をつけなきゃあんたが落ちぶれるって

周りの奴らは噂した

でもあんたは冗談としか取らなくて

笑い飛ばしたもんだよな

今のあんたはかつてのように大声で話さない

ずいぶんと自信なさげじゃないか

毎回の飯をあさり歩くありさまじゃな



どんな感じだい?

どんな感じだい?

家が無いってのは

まったく誰もあんたの事を知らないってのは

転がり続ける石ころかい?


あんたえらく上等な学校へ行ったらしいじゃないか え、ミス・ロンリー?

だけどな、あんたはそいつにちょいと酔いしれたってだけの事

誰一人路上で生活する方法なんて教えやしなかっただろう

さあ、あんたはもうその生活に慣れるより他すべがないんだ

あんたは浮浪者に同情はしないって言ったよな!

でも解っただろう

あのうつろな目を見てみろよ

言い訳なんか売っちゃくれないんだ

取引したいかどうか聞いてみなよ


ジャグラーや道化師達があんたをだまそうとしている間に

彼らが見せるしかめっ面を振り返って見やしなかった

あんたはまずい事になっているのにぜんぜん気がつかないんだ

好き勝手やらせるべきじゃなかったんだ

あんたはかつてシャムネコを肩に乗せた高官と

クロームの馬にまたがった

あんたのすべてをしゃぶり取った後に

あいつが詐欺師だったて事に気がついた時には

さぞつらかった事だろうよ




お城のお姫様とすべての美しい人々は

飲んだくれて、高価なプレゼントを交換しあいながら

皆うまくやった、と思ってる

だけど、あんたその指にはめた指輪は

質に入れちまったほうが良いぜ

あんたはぼろぼろの服着たナポレオンと

彼の言葉をずいぶんとたのしんだろう

彼のところへ行きなよ。 断れやしないだろう

あんたが無一文なら、失うものは何も無いさ

あんたは誰の目にも見えないよ

隠さなきゃいけない秘密なんて

もう無いんだからさ






Like A Rolling Stone / Bob Dylan

Once upon a time you dressed so fine
You threw the bums a dime in your prime, didn't you?
People'd call, say, "Beware doll, you're bound to fall"
You thought they were all kiddin' you
You used to laugh about
Everybody that was hangin' out
Now you don't talk so loud
Now you don't seem so proud
About having to be scrounging for your next meal.

How does it feel
How does it feel
To be without a home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?

You've gone to the finest school all right, Miss Lonely
But you know you only used to get juiced in it
Nobody has ever taught you how to live out on the street
And now you're gonna have to get used to it
You said you'd never compromise
With the mystery tramp, but now you realize
He's not selling any alibis
As you stare into the vacuum of his eyes
And say do you want to make a deal?

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
A complete unknown
Like a rolling stone?

You never turned around to see the frowns on the jugglers and the clowns
When they all did tricks for you
You never understood that it ain't no good
You shouldn't let other people get your kicks for you
You used to ride on the chrome horse with your diplomat
Who carried on his shoulder a Siamese cat
Ain't it hard when you discover that
He really wasn't where it's at
After he took from you everything he could steal.

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?

Princess on the steeple and all the pretty people
They're all drinkin', thinkin' that they got it made
Exchanging all precious gifts
But you'd better take your diamond ring, you'd better pawn it babe
You used to be so amused
At Napoleon in rags and the language that he used
Go to him now, he calls you, you can't refuse
When you ain't got nothing, you got nothing to lose
You're invisible now, you got no secrets to conceal.

How does it feel
How does it feel
To be on your own
With no direction home
Like a complete unknown
Like a rolling stone?
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2008/11/20 02:57】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<サイクリング | Top | 解雇の契約書>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1526-e968f767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |