Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






レンダーオークション  | エージェントへの道
IMG_3558.jpg


3月から格安で借りていた一軒家もそろそろまた引越しをしなければならない雲行きになってきました。

それと平行して、5月の後半から一軒家で3ベッドルームでもかなり価格がお手ごろになってきている事と、公定歩合が1%引き上げられたことで市場は買いの空気が出始めています。

おちおちしていると価格が上昇し始めるかもしれません。


個人的にはサブプライマル問題がこれからもっともっと深刻化するデータがでているいのでもう少し価格の落ちを読んでいるのですが、このままたくさんの人が買いに走るとやがて価格上昇を引き起こす事になるので実際の価格の流れを確認する為に


今日は知り合いの不動産屋さんにお願いしてオークションへ行ってみました。



コンベンションセンターのだだっ広い会場がたくさんの人で埋め尽くされていました。

9:00に会場入りするとすでに競りの練習が行われていました。

『ちょっと、失礼ここ開いてますか?』

僕の隣に座った年配の男性はブローカーをしているそうです。

『私だったらまだまだ価格が落ちると考えているから焦っては買わないね。このオークションで怖いのは高く値付けをしすぎるケースが多々あることさ。』



それにしても、競りを担当するアナウンサーの早口な事早く口な事・・・・・・

それにいっきに価格をジャンプさせてあたかも誰かがその値段で入札しているかのように見せかけます。そしてつられてこないと思いきやまた価格を下げてくるんです。


オークションがスタートしてからは、一生懸命数字を聞き取りながら競売物件のカタログに実際の落札価格をメモしていきました。

中には既に僕達が見学に行った事のある物件もあって市場価格とオークション落札価格を比較することができました。


すると隣のおじさん・・・・・


『お~こんなgood deal は見た事が無いよ、私はこの物件見にいったんだけどね~かなりいい家でしたよ。』


僕達が見に行った事がある物件もそのときの表示価格よりも$100,000近く安値で落札されていきます。


舞台の上で競りを担当している方があきれ顔で


『どなたかいませんか?200、では195、あ~190!!! どうしてしまったんでしょうねサンディエゴの価格は、この物件は前回取引価格$300.000以上だったんですよ。 え~い185で落札』

多くのコンドーは月々のローン返済額が家賃よりもかなり下回る内容での落札だったので、投資用物件としてはもうもってこいです。


会場内を走り回って顧客と競りの間でサポートをする係りも結構頻繁にフックをかけてきます。

実際には$240,000までしか金額提示がされていないのに『$260、000で落札できますよ』なんて吹っかけてくるから、注意深く価格の流れを追わなければ本当に高い買い物になりそう。

エージェントを従えて来ている人は適正価格のセンスがあるのですが、まったくの素人さんは感情の抑揚のままかいに焦ってしまいとんでもない高値をつける人もいらっしゃいました。

実際に、なんであんな物件をあの値段で買うんだろう?なんて場面って結構あったんです。


*それに、落札後にさまざまな諸費用がかかってくるのも頭において賭けなければかえって損をしてしまいます。

まずは$5000のキャッシが準備できる事が条件

落札価格プラス5%のBuyer's Premiumが加算され

その後にまた5%のEarnest Priceが加算される

上記の合算分に含まれるが$5000ほどチェックで支払いを終えておく

そしてRemainder Personal Check が$5、500


3%の closing cost と financing cost は別途必要

しかもこれらに対して交渉不可能ということらしい。


$200、000の物件で26、000のプラスです。 


本当にお得な買い物をしない限りちょっと高く付きそうです。


もちろんこの値段の家はほとんどありませんから、どれだけ儲かるんですかねぇえ! 彼らは!


会場で係員として働く人の数、おそらく20人程度でしたか・・・・


家がまるで野菜や魚のように飛ぶように競り落とされていく中で、本当にうまい事やったね~なんて関心してしまいました。


ゴールドラッシュの頃、砂金採りにやってきた人々に道具を売る商売をした人がいました。

彼らにとって砂金が採れようが採れまいが、まったく関係ありません。 砂金を採る人たちから必ず一定額の収入を得る事ができたのです。 当時砂金採りよりもよほど儲かったと聞いています。


この次はリストアップされている物件を全て見て回ってから参加したいと思います。


さあ、coolcutsのマイホーム戦略、まだまだ続く!


www.US Home Auction.com ←詳しくはこちらで・・・・・





スポンサーサイト
------------------------------------------------------------
【2008/06/23 17:56】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<UKパンク | Top | FREEDOM '90/GEORGE MICHAEL>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1443-f02a75a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。