Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






いじめられっ子参上!/Paul Potts  | MUSIC


かつて、これほどアマチュアのパフォーマンスが、観衆の心を打った事があっただろうか?


2007年にイギリスのタレント発掘TV番組 『Britans Got Tarent』で見事グランドチャンピョンに輝き

レコード会社との契約を獲得した PAUL POTTS そのあまりの反響に、公式発表を待たずに日本公演が進められてきた。 日本時間の今日4月29日と明日4月30日に渋谷のオーチャードホールにて来日公演が行われる予定になっている。 


イギリスのブリストルの片田舎でバスの運転手の父とスーパーのレジ係の母の平凡な家庭で4人兄弟の一人として生まれた彼は、子供の頃からずっといじめられっ子だったせいか、自分に自信を持つ事が困難でした。

唯一そんな彼に日常のすべてを忘れさせてくれたのが歌を歌う事。

やがて、彼はオペラを自分の職業にしたいと思うようになる。

いたくたびもオーディションに挑戦して挫折して、それでもオペラへの情熱は冷めず、イタリアでボイストレーニングを受ける。


そしてやっと手に入れた華やかな栄光!


携帯電話のセールスマンが一夜にして期待のテノール歌手に!


セミファイナルファイナルとじょじょに自信がみなぎってくる彼の表情も見ものです。



かつて coolcuts もいじめられっ子でした。 

そんな僕が何かを変えたくて、中学二年生の時に突如として生徒会へ立候補した時のことを思い出しました。

講堂の壇上に立ったとたん、目の前に広がる人の壁が、冷ややかな目線で僕を見下ろしているんです。

誰も僕の演説に期待なんかしていないんです。


僕の場合、結果は惨敗でしたが、演説だけは手が震えながらも必死で怖さと戦いながら最後まで終えました。


会場から起こった拍手がだんだん大きくなって、僕の心の中で何かが溶けしだしていくのを感じた。


それは、とても温かかった・・・・・・・


その挑戦があったおかげで、役員を任せられて、少しずつ積極的な子供へと変化して行きました。


チャレンジすることは自分の中で何かが変化する事なんだと思います。

 

いじめられっ子参上! ってやってごらん、明日から違う自分が見つかるかもしれないよ。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2008/04/29 04:27】   トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑






<<君の背中 | Top | 世間は狭いのです>>
コメント
ロベルトねんきうセブンさん興味深い経験を教えていただきありがとうございました。

いじめられているときって本当は根性を試されているときなのかもしれませんね。


結構その多くがセンシティブになりすぎて精神的に弱っていっちゃうように思えますが、ねんきゅうさんの場合は逆に強くしたのでしょう。 あっぱれです。
【2008/05/10 16:54】 URL | [ 編集] | page top↑

============================================================

natsuさん彼の歌声はほんとうに感動ものですね。

何故この才能をもっていて、自分に自信がもてなかったのか不思議でしかたありませんが。

久々にパワフルな歌声を聴けました。
【2008/05/10 16:51】 URL | [ 編集] | page top↑

============================================================

まりまりさん僕は小学校低学年でいじめっ子

高学年ではいじめられっこをそれぞれ経験しました。

しかも、いじめた子にいじめかえされて、その後は仲直りしてとっても親しくなりました。

いじめっ子いじめられっ子の境界線なんて、本当はちょっとしたバランスの問題なんでしょうねきっと。
【2008/05/10 16:49】 URL | [ 編集] | page top↑

============================================================

僕はいじめられっこではなかったのですが、高校のときに、いわゆるヤンキー(しかも高校デビューの)が多く集まるクラスになり、非常に苦労をしました。あまりの理不尽さに、親に高校中退する許可までもらいました。大検受けるからと。
僕が考えた中退への道は、こっちからケンカを吹っかける、ということでした。それでも多勢に無勢、勝てる見込みはゼロです。なので、ひとりひとり指の骨を折っていってやろうと。
結果は…、結局しませんでした。
番格が中学の同級生で、それでそいつの鶴の一声でぴたっと終わったんです。
今となってはいい思い出、とはいえませんが、そんな苦労もあったなぁと思い出したりしています。長くてすみません。
【2008/04/29 23:20】 URL | ロベルトねんきうセブン [ 編集] | page top↑

============================================================

先週この方を初めてテレビで見て、
オーディションのものでした。
私も興味なく見ていたんですけど、声を聞いたとたん、思わず顔を上げて見入ってしまいました。

素晴らしい、久しぶりの感動でした。
あとで、生い立ちとか感動秘話的なことを聞いたけど、そういうこととか関係なくこの方の声をもう一度聞きたいです。

人を感動させられるってすごいことですよね。
【2008/04/29 14:02】 URL | natu [ 編集] | page top↑

============================================================

coolcutsさんがいじめられっ子だったなんて想像がつきません。

うちの娘が気が弱く、自己主張の強い子ばかりいるアメリカでやっていけるのか心配しています。

coolcutsさんのように、何かがきっかけで変わってくれるといいのですが・・・
【2008/04/29 08:37】 URL | まりまり [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1427-539cdca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。