Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






2008年市場動向について  | coolcuts
Birthratechart_stretch.png


アメリカに住んで天気予報の番組を見ているとですね、とっても広いアメリカの台地の上を流れる雨雲を眺め続けるでしょう。

何故お天気がそうなるのかが地球規模でぼんやり理解できるようになるんです。


今回のテーマは2008年早々,
ちと気になったニュースについてです。



第二次世界大戦終戦後の復員兵の期間に伴って出生率が上がった(1964年~1964年の間に生まれた人々)をベビーブーマーと言います。

今年2008年はと言いますと

ベビーブーマー達がリタイヤをし始める年なんです。



彼らがオギャーと生まれてからというもの、ミルクおむつなどのベービー用品の会社がビッグネームの会社となり、各種玩具メーカーが成り上がり、ファーストフードなるものがワールドワイドの外食産業としてチェーン展開を成功! 彼らが10代の頃、ビートルズが空前の大ヒットアルバムを次々に送り出し、20代になって自分のお金で車を買い始めると、フォードのムスタングが爆発的な大ヒットセールスを記録した。

ITバブルはヒッピー文化の申し子、第一次住宅バブルに現在のファイナンシャル・アドバイザー達の格好のマーケットにもなっている。

彼らの引退を前に、各業界においてのリーダー達のバトンタッチが行われ始めたので

2006年の後半からしきりに市場動向が70年代80年代ファッションや音楽をベースとしたものに移る兆しがありました。

1980年代は今から30年も前の話ですから、ちょうど僕達の世代がそのボリュームゾーンにあたります。

やったぁ!!

俺達の時代がやってきたぁあああ!!!!

と、思いきや・・・・・

先日テレビでCBSのニュースを見ていると

【ベビーブーマー3世が続々と誕生し始めているとな】



っていう事は・・・・

ベビーブーマー一世と二世が最大ボリュームゾーンを作って最終的にITバブルや第二次住宅バブルを起こしたように、景気はブーマー2世と3世によって左右されると言うわけですかい?
しかしながら、今回のは、様子がちと違う。



だって前回まではベビーブーマーがリーダーのベビーブーマー&2世がお客様

僕達美容業界では【ディメンション】なんて美容院がこのボリューム層に70年代のハマトラ、ニュートラをモチーフにデザイン展開をして出版社ぐるみの戦略で、美容師ブームの貫きにでましたね。

アメリカでも実はこれと似たような傾向があったんです。ロックテイストを持ったフラッグデザインの美容院がやっぱり受けていたようです。


今回は、ジェネレーションXがリーダーの経済界でジェネXとブーマー2世&3世のカップリング

これはどんな展開になって行くのか?

2008年の傾向が楽しみです。 な!
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=気になったニュース - ジャンル=ニュース

【2008/01/07 03:41】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<新年会にて・・・・ | Top | 川口 日出旺 氏 の教え>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1377-e9a1bbcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。