Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






有名になりたいんだ!  |
朝よく駐車する2ndストリートのパーキングメーターのところで

ばったり同僚のDと出くわした。

僕らは肩を並べて、一緒にお店までの道のりを歩き始めた。


すると、いきなり彼がこんな事を言い始めた。


『僕ね~、有名になりたいんだ。』


『え?何処で?』 って聞き返すと


『そうだな~、まずはこの街でかな?』


『そうか! じゃあ、さっそく君の夢を叶えに行こう!』


その朝僕は少しの間お店を抜け出して、ダウンタウンの不動産屋の前に無料配布用に置いてあった


【DREAM】 というタイトルの不動産カタログをサロンに持ち帰り、バックルームに飾った


そしてDが休憩のために入ってきたところで一緒になって


それを見かけた彼がこう切り出した。


『どうしたんだい、これ?』


『ああ、これ? タイトルがイカしてるだろう! そこの不動産屋で取ってきたから飾っておくんだ。捨てちゃダメだよ。』


『・・・・・・?』


『なあ、さっき有名になりたいって言ってただろう?』


『ああ、言ったよ。』


『誰だってみんな夢があるんだ。それがどんな夢かは人それぞれだけど

    夢が叶った後はどうなると思う?』


『う~んどうなるんだろう?』


『夢が叶っちゃうと、極普通の事になるんだ。 僕の渡米のようなものさ。君達にとってアメリカで暮らすという事は極普通の事だろう? それと同じになっちまうんだ。そうするとまた別のゴールが欲しくなるんだ。その繰り返しさ。』


『確かにそうだね・・・・・』


『だけどね、時折僕はあの頃に抱いた感情が懐かしくなるときがあるんだ。


夢ってね、追いかけている時がものすごく幸せを感じている時なのかもしれない。 

だからさ、大きな夢見なよ! 叶おうと叶うまいと知ったこっちゃ無い。 夢を追いかけるのは幸せな事だよ。』



『そうだね、僕もそう思うよ』


『ところで、僕の夢はまた叶っちゃうからどうしよう? 次のを探しとかなくちゃ?!』


『・・・・・・・』


『ああ~冗談冗談(笑)・・・・・』
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=前向き・行動的なあなたに! - ジャンル=ライフ

【2007/10/28 14:45】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<ヒーローになりたかった。 | Top | "Dreaming With A Broken Heart"/ John Mayer>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1323-2716bf7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。