Top | RSS | Admin
気球に乗って大冒険  | Sports
Hotairballoon.gif


僕が30歳の誕生日を向かえたある日の朝、目が覚めたとたんにね


何だか新しい事をしてみたくなった。

だから隣に寝ていた妻を起こしてね

『なんだか今日は特別な日にしたいんだ、何か面白い事は無いかな?』

妻は寝ぼけた顔で【?マーク】を一杯放出しながらただだまって聞いていた。


『そうだ!気球に乗ろう!!』


早速調べて電話で予約を入れたんだ。

初めて妻と一緒に乗った気球はどんどん高く舞い上がって

人も車も、そして道路も山もどんどん小さくなっていったよ

フリーウエー5だって、もう地面についた、ただの引っかき跡にしか見えなかった。

そして海へ海へ・・・・・

さすがに海は広かったな~

僕たちは気球の旅を本当に満喫していた。


あまりの美しさに水平線と夕日の隙間がとっても狭くなっているのに皆、気付かなかったんだ.....
パイロットのおじさんもね。


そしてちょっと空に長居しすぎたらしい。

パイロットのおじさんはこう言った

『ああ、もう暗くなりそうなので夕日が沈む前にランディングをしなければ暗闇では着陸がとても危険になります。

今、まだ着陸場には1キロほどありますが、この下に見えているアボカド畑から低空走行でステーションへ戻る事にします。 誰か一人着陸を手伝ってくれる人が必要です。』

パイロットは乗客メンバーを見渡して俺を指差したんだ。他は皆年寄りばかりだったからな・・・・・・

それで、どうすればいんですか?

『ちょうどいい高さだ。ハイ!飛び降りて』


ええぇ!!


僕は命綱も無い状態で気球の籠にぶら下がったままアボカド畑をつき走ったんだ。

熱気球のおかげでまるっきり全ての重量を感じなかった、自分自身の体重さへもね。


一つ問題があった、熱気球の装置に遮断されて僕にはぜんぜん前が見えないんだ。


『ああ、いいですか~タイミングを合わせてジャンプしてください』

1 ・ 2 ・  スリ~!!!!

さっきまで地に付いていた両足がふわりと大気の中に浮いた。


足元をみると高い有刺鉄線が北南に張り巡らされていて、僕の体はその上を軽々とジャンプして越えていく。

妻と目があって、驚きとも恐怖ともなんともいえないような表情でこちらを見ていたよ。

はい、そのまま捕まっていてくださいね~

足の下には道路が走っている事は解っていたが、真下を見る勇気は無かった、その代わり僕は今まで走り抜けてきた有刺鉄線の中のアボカド畑を振り返りながら、自分がこれまでやって来た事が信じがたくて顔がほころびっぱなしだった。

道路を越えてしばらく僕はまた気球を抱えて草むらを走り続けた。

そして気球の籠が地面に付いた時、けたたましい音を立てながら崩れ落ちた。

僕は空き地に一人取り残され、気球は真横に転覆したまましばらく引きずられていった。

幸い妻にも他の誰にも怪我は無かった。

ステーションにたどり着いた直後の僕は力が抜けてしまったようだったけど、帰りの車の中では、

体の芯からみなぎって来る勇気を感じてね

まるで映画の中のヒーローに完全に感情移入してしまった感覚に似てるかな?

まあ、とんだ大冒険だったが、なんだか生まれ変われたようだったよ。



-サンディエゴ在住Nさんの気球体験談より-












スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=気分転換 - ジャンル=ライフ

【2007/10/09 02:04】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






<<PC復活!!!! | Top | いちばん星>>
コメント
UZさんしばらくスパイウエアーと格闘していたので
レスが遅れてすみませんでした。


別に年齢詐称しているわけではありません(笑)


これが僕だったらやりぬく自信が無いかも?

高所恐怖症なもので・・・・・・
【2007/10/17 23:45】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

CKBさんコメントどうもありがとうございます

当分自分のパソコンが使えない状態だったので

コメント放置状態ですみませんでした。

商売も大冒険ですよね~

でも地に足がついているから大丈夫
【2007/10/17 23:43】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

気球羨ましいです。

先月の北海道旅行で楽しみにしてたのに、強風中止に
なったので。。

最初、coolcutsさんの体験談かと思って、
「30歳の誕生日」と聞いて一人悩んだuzでした(^.^)
【2007/10/09 19:39】 URL | uz [ 編集] | page top↑

============================================================

素敵な話し。

とってもかわいい。。

商売も大冒険ですけどね。。

でもそこには喜びと感動が飛び交っている。

だから楽しい。
【2007/10/09 17:01】 URL | CKB [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1316-481383e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |