Top | RSS | Admin
ダグラスがありがとうと言った訳  | 美容道
弟のマイケルに聞いてある程度の事情は知っていた。

彼が仕事を辞めた事、上司にいじめられて気がめいっていたからと言う事などなど・・・・・・


ダグラスは開口一番


『新しい仕事が見つかったからね! SEXYな髪型してくれ!』


え?仕事のためにSEXYになりたいの?


『ああ、気持ちの問題だよ!君だって仕事のために先ずは身なりを整えるだろう!!! それと同じさ!!』


ああ、そうだね! じゃあ、今日は新しい仕事に向けて SEXY HAIRで行きましょう!


『八月はじめまでの貴重な無職生活をエンジョイするためにもねぇ!』


本当はそっちがメインなんじゃないですかぁ~?(笑)


『あはっ、バレタか?!』


前と同じ仕事に就くんですか?


『以前はコンピューターのシステム管理の仕事をしていたんだけど、今回はソフトウエアーの営業販売の仕事についたんだ。BIG CHANGEだよ』


と、言って彼は少し不安そうな顔をした・・・・・・・


僕ね、【全ての変わり目はあるべきしてある。】って、いつもそう信じているんだ。 


(マイケルから聞いていた事情なんておくびにも出さずに話し始めた)


以前僕達がいた場所で栄光やその裏側にあった影の部分も全てがね、一旦、全て捨てて新しい人生を歩き出さなければ、多分いつか行き詰っていたのだろうって思う。


『本当にそう思う?』


ええ、たとえもし事実がそうでなかったとしてもね、ダグ・・・・・


全ての変化を肯定的に捉える事でプラス思考を保てるっていう風に思わないかい?


『そうだな、君の言うとおりだよ! プラス思考を保つって言う事が一番難しいことだからね。あれこれ考えるよりこの運命ししたがってがんばればいいって事だね。』


そうそう、本当にそう思うよ!


『ありがとう、MIYAGIさん。なんだか吹っ切れたよ!』


MIYAGIさん?


『そう、君の話を聞いていると急に君とあのKARATE KIDMIYAGIさんとだぶっちゃったよ』


ああ、そのMIYAGIさんですか、実はね~僕以前彼と絵本の中で競演するよていだったんですよ!


へえそうだったの・・・・・・・・○△□・・・・・・・ワイワイ!ガヤガヤ!



しばらく歓談が続いた後



『弟のマイケルが君を指名するようになったのはね、あることがきっかけなんだよ。』



なんですか?それって?



『君が弟を始めて担当した時に扉の外までお見送りに出て、お辞儀をしたそうじゃないか? あれを見た時に本当に特別扱いされているような気持ちになったらしんだ。』

ああ、あれはおまじないですよ。【また来てね】っていう(笑)


僕にとってはそうやってしつけられて来たから本当に普通の事なんだけど、アメリカでも通じたんですね。


『おかげですっかり元気が出たよ! ほんとうにありがとう。』



ここのところ元気が無かったダグラス、今日は本当に背筋をすっきり伸ばして帰って行った。



アメリカにだって、日本の接客が心を打つ場面もあるんだな~ってちょっと嬉しくなりました。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=美容師 - ジャンル=就職・お仕事

【2007/07/26 15:17】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<クレームはお客様のラブレター | Top | 38歳のショートボード  パート3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1261-8cd47633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |