Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






バックパックとランドセル  | SARINA
アメリカには働くお父さんお母さんの仕事と子育ての両立のために

イヤー・アラウンド制という学校の制度があります。

9週間通って3週間お休みというスケジュールで動いているので、6月にキンダーガーデンの卒業式を終えたサリナも昨日から既に小学校へ通い始めました。

もちろん通常のトラディショナル制のように2ヶ月間みっちり学校が休みという学校もありますが、2ヶ月もお休みが続くと彼女を預けるところに困ってしまいます。


で、まあ娘も既に小学一年生!


僕がイメージしていた小学生の我が子は可愛い制服を着て、大きすぎる真っ赤なランドセルに埋もれるような後姿で近所のお兄さんお姉さんと一緒に登校する姿でしたが・・・・・・・・・


ここはアメリカ、ランドセルも制服もありません。


その代わりにバックパックをキンダーガーデンの頃から使っていますが、こちらのほとんどの学生が毎年新学期がやってくると、その都度新しいバックパックを買ってもらいます。


サリナも去年のピンクのキティーちゃんバックパックがお払い箱になり、今年はこれまた、ピンクのプリンセスバックパックになりました。


これで心機一転というところなのでしょうが・・・・・・・・・・


どうも、日本育ちの僕にはちょいと引っかかります。


毎年新しいバックを買ってもらう事と高価なランドセルを小学校入学の時に買ってもらって6年間ボロボロになるまで使い切る日本の教育とどちらが子供のためになるのだろう?


アメリカで子供用のバックパックは結構$10以下で買える代物なので、たとえ毎年買い続けたとしても、一度しか買わない日本のランドセルのほうがよほど高くついたりします。


でも、ポイントは幾らのお金を使うか?では無いような気がします。


アメリカは超消費国家です。


日本でデパートへ行っても、あまり買い物袋を沢山抱えた人にはそれほど遭遇しませんが、もうアメリカ人の買い物はものすごいダイナミックです。

確かに一つ一つの商品の値段を比較するとアメリカと日本では価格の開きがあって、どれだけのお金を費やしているか?という比較では五分五分なのでしょうが・・・・・・・・・


質素倹約、物を大切にする心


物に魂を宿らせると、人間の生活がガラッと変わってしまいます。


この国の国民の浪費癖が貿易赤字の原因になっているし、それを小手先でバランスを取るための国外でのドル新札の乱発行が、ドル通貨の競争力を弱めている。


資源の少ない日本は物を大切に使う事で国際競争を耐えしのいできました。


アメリカ人と日本人の国民性の根本になっているのが結局のところ、こんな小さなところなのではないかな~?って思います。

と、そんな事をココで書きながら

先日、ディスカウン・トショップでKENNETH COLECalvin Cleinのスラックスを一着$10以下で4着も買って超ご機嫌なcoolcutsもまた、どっぷり消費大国のシステムの中につかりきってしまいそうな今日この頃・・・・・・・です。


娘の教育をどうのこうの言う前に、まずは自分が反省しなくては!
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=パパ育児日記。 - ジャンル=育児

【2007/07/19 15:12】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






<<環境アセスメント | Top | Who Let the Dogs out??- Baha men Original version>>
コメント
いい話ですね~

30年大切に使われ続ける机はきっと妹さんの娘さんに良い教訓を与える事でしょう。


渡米した当初は住宅バブルの絶頂期! 2年経った今、沢山の幸せが見える範囲で崩れていきつつあるのを横目で感じながら生きています。どれもこれも、自分の収入以上にお金を使った慣れの果てです。僕達よりも遥かに収入の良い人達が金銭苦に悩まされている現状は、正にアメリカの浪費文化の成れの果てですね。

日本がだんだんアメリカナイズされていく今日この頃、だけどこの部分だけは子孫に言い伝えて行って欲しい者です。でなければ日本の資源力ではアメリカのように持ちこたえる事はできないですからね。
【2007/07/21 16:28】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

その意見に大賛成です!!問題は、「幾ら使うか」ではなく、「いかに物を大切にするか」ですよね。物を大切にすることは、自分を、そして他人を大切にすることに繋がっているような気がします。
 ある日、妹から電話がありました。私が小学生の時から使っていた学習机を、私が実家を離れてからは父親が使っていたのですが、この春、自分の娘が小学校に上がるというので、その机を父から譲り受けたらしく、元々の所有者である私に、わざわざ断りの電話を入れて来たのです。その姿勢に、我が妹ながら、感銘を受けたのを覚えています。私と過ごした約13年間の思い出と共に、その後机は父の書斎で父と共にあり、約三十年経った今、まだ始まったばかりの姪との時間。。。なんか、いいですよね。
 「もったいない」の日本人魂、私ももっと見直したいです。
【2007/07/19 23:40】 URL | kiss [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1256-129293d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。