Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






未来を創造するもの  | 遠隔操作
2007年6月29日に発売されたi-phone、従来では考えられないほど人間の指と脳の命令系統に自然にフィットするマルチフィンガータッチスクリーンそろそろお客様の中にも入手された方が持ち歩いています。



レヴィン氏は指先でi-phoneのミュージックデータのサムネイルをコロコロと弾きながらこう話し始めた。

君はMinority Report (2002)っていう映画を見た事があるかい?

『ええ、見ましたよもうだいぶん昔の話でストーリーは忘れてしまいましたが・・・・・・』

あの中でトムクルーズが透明なガラスの板の上で映像を両手で引っ張り出したり収めたり、動かしたりしているシーンがあっただろう。


あれがこのi-phoneに搭載されているマルチタッチスクリーン機能なんだ。映画の製作にあたっては実際に開発者の【Jeff Han 博士】が携わってプロトタイプを創り上げたという話しらしい。

それだけじゃないよ、あの映画の監督スティーヴンスピルバーグはね、2054年のワシントンDCの風物をよりリアルに再現するためにテクノロジー・環境問題・犯罪取締・医薬健康問題・社会サービス・交通機関・コンピューター技術などの分野で最高の頭脳を召集して詳細に渡って何度も討議を重ねたんだよ。


映画の中でトムクルーズが逃亡中にいたるところに設置してあった遠隔網膜スキャンだってそれほど非現実的な事じゃなくなっているらしいからね。実際に人間にたんぱく質でできたICタグを埋め込んで管理するなんてアイデアもあるらしいし。


『そうやってちゃんと未来をイメージする題材をリサーチしてから映画作りをしているんですね。

そういえばキューブリック監督の作品【2001年宇宙の旅(1968)】では宇宙船の中からテレビ電話をかけるシーンやクレジットカードのようなものを使用するシーンも出てましたね。』


ああ、あの映画も製作段階でSF小説家のクラークを相談役に引き入れて、かなり科学的な裏付けのある映像作りにこだわったらしいからね。

ところで67年前頃が最も世界的にクレジットカードが普及した年なの知ってた? アポロ宇宙旅行は確か【2001年宇宙旅行】の上映一年後69年さ。



未来を創造するものは人々の心

心の中に思い描いたものが現実の姿になって現れる

そう思えばイメージする事って大切だと思わない?


そして・・・・・・・


預言者達は人々の心の中にあるイマジネーションをかき集め

明確な言葉や鮮明な映像にして見せてくれるんだ。






スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル=映画

【2007/07/31 13:31】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






<<Pink Floyd / Echoes | Top | 余命一ヶ月の花嫁>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1253-901c60cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。