Top | RSS | Admin
Memorial Day / 地球 戦没将兵追悼記念日   | coolcuts


遠い遠い昔の話し......


アフリカから奴隷達を輸送中の奴隷船が大海で沈んだ


多くの奴隷達を鎖につないだまま死に追いやってしまった


そのとき初めて罪の深さに気付いた奴隷船の船長は......


その死を弔う為にAmazing Graceを歌った


かつて、奴隷の解放を望んだ北部は南部と戦争をした


負けた南部は北部の戦死者の追悼を拒んだ。


第一次世界大戦では南部からの戦死者が多く


彼らを弔う為にメモリアルデーはアメリカ全体の行事として認められた。


今も世界で多くの犠牲者を出し続ける戦争......


その死者を悼む肉親の気持ちは全世界共通のものには違いない



だとしたら、いつの日かメモリアル・デーは世界各国で行われ


地球人のかつての戦死者を弔う日の為にこの歌が歌われる


そうであって欲しい。




1861年から65年に渡り続いた南北戦争

当時、イギリスの産業革命に追従するためにアメリカ北部は工業の近代化を進め安い賃金で働く労働力が必要でした。 

北側社会を牛耳っていた経済界は南部のアフリカンアメリカン達を奴隷制度から開放させ、北側で最低賃金労働層として迎え入れる事で賃金値上げを叫ぶ白人低賃金労働者達を黙らせるのが目的でした。


しかし、南部の農場主達もまたイギリスの産業革命による綿花の需要の上昇から、供給量を増やすため奴隷たちの存在は必要不可欠でした。


また、イギリスからの完全独立を図ることを意図している北部は急速な工業化を進めつつあり保護貿易を望んだ


農業中心のプランテーション経済が永続する事で富を得る南部の農場主達は自由貿易を望んだ


南部と北部との経済・社会・政治的な相違が拡大したため、


南北戦争に突入した


南北戦争の終結後、多くの地域社会で戦争終結の記念日又は戦没者を追悼する日と定められたのが

メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)前進のデコレーション・デーだった。


多くの南部諸州は戦没将兵追悼記念日をずっと認めなかった。


北軍に対して残っていた敵意のため、また、南部に暮らす北軍の復員軍人がきわめて少なかったからです。


しかし、当時フランスやイギリスに貸し付けていた多額の貸付金が回収できなくなることを恐れたアメリカは

1915年5月7日、ドイツのUボートに撃沈されたアイルランド南岸沖13キロの海上を航行していたイギリス船籍客船ルシタニア号の事件で128人のアメリカ人死者を出したのを理由に、1914年から1918年にかけて戦われた世界規模の大戦争第一次世界大戦に参戦を決定する。


アメリカ遠征軍は1918年夏と秋の作戦で非常に高い死傷率を経験した。


第一次世界大戦の多くの復員軍人は南部出身であったためメモリアル・デーは

北部も南部も戦死者を追悼する

行事となった。


かつて争った北部も南部も連邦国として一塊になった今でも・・・・・・


石油がどうとか、利権がどうとか、核兵器がどうだとか???


各国の利害関係もっともっと複雑になり、ある日崩れ落ちたツインタワーの犠牲者が計2973人出たと言う事でアメリカはタリバン政権を鎮圧、イラクへ戦線布告した。


国境の境界線が消えない戦争が絶えず繰り返されている・・・・・・・


アメリカ兵の犠牲者は2006年12月に3,000人を突破したとされているが、これには軍に従事する民間軍事会社の職員(米軍から民間委託分野として警備や輸送業務に従事し、治安作戦への参加も指摘されている。実態として傭兵に近い)の殉職者は含まれていない。

どちらにしても既にテロ被害者の人数を超えている。

また、英軍の死者は127人、その他諸国軍は123人の死者を出しており、連合軍全体の死者数では合計3,254人となる。


報道を基にこれらを集計したサイト"Iraq Body Count"によると、イラク人の死亡者は同時点で50,000から55,000人の範囲と推計されている。


いつの日か全ての死者の命の犠牲が報われて.......


世界が一つとなって


地球全体のかつて戦死していった人々の勇士を称える日


メモリアル・デーになる


それを望んではいけないのでしょうか?
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=戦争・原爆 - ジャンル=政治・経済

【2007/05/28 01:34】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






<<外95号線ドライブの見所 | Top | ゲイの一目ぼれ>>
コメント
yoshieさんお久しぶりです。
いつも自分が立っている側のことを考えるのは普通の事ですし、結局歴史の中でも片側の事を考える者同士の利害関係が一致した時に初めて一くくりになるというのを繰り返しているような気がします。 ただ、近代の社会ではなかなか完全に一致するという事が難しいようで、持って行き場の無い悲しみが地球の中をぐるぐる回っているようなそんな気がします。 アメイジンググレイスが歌われた時の船長の気持ちが世界に広がれば少しは何かが動くようなきがするのですが・・・・・・
【2007/06/02 14:41】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

お久しぶりです。
お元気でしょうか?


久々に覗かせて頂きました。

coolcutsさんの内心がジンジンと伝わる感じで、
久々に現実の自分の反省と共に、平和を心より祈りたくなる
そんな私でした。

「Amazing Grace」
唄いたいのに中々上手く唄えないのは
理由があった気がします。

ありがとうございましたv-22



【2007/05/30 22:12】 URL | yoshie [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1218-545ed87c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |