Top | RSS | Admin
お客様が美容師を育てる  | 美容道
日本で美容歴が17年あってもアメリカへやってきて自分が盲目だった部分に気付きを得た。

ねこっ毛で薄毛の金髪の方がいかに髪の存在感を誇示したいと願っているか

癖毛やカーリーヘアーの方が必ずしも皆、ストレートパーマをしたい

ストレートな髪にあこがれているとは限らない。



日本では標準というものがしっかりあって、全てそこに持っていく事を前提に仕事をしていた感が強かったので。


ある程度髪質の幅があっても補正をかけて向かうところは同じ


という仕事の仕方が身についていた。


しかし、これ程極端な髪質・骨格の違いや


価値観の違いの中で仕事をしていると


まずはそれらをきちんと自分ごとのように把握してから、その人の個性に合わせて仕事を進めなければ、きっとお客様の要望は聞き入れる事が出来ないのでは無いだろうか?


と、つくづく考える今日この頃です。


今日は既に3回目担当のお客様が来店


ハネて落ち着かないうえにねこっ毛、薄毛で悩んでいたのを

ボリュームを出すためのスクエアーシェイプのグラデーションをラウンド気味に角を無く仕上げる事で


自然乾燥でも髪の毛が収まる


というところをフックに固定客になっていただいていましたが、どうも彼女の要望のシャロンストーン前髪がまだ表現し切れていないらしく


以前持ってこられた白黒写真よりももっと解りやすいカラー写真を用意してきて下さって、やりたいイメージを語って下さいました。


その写真では前髪がディスコネクトでカットされて内側は短く強いラインが出ているのに上に被っている毛はシャギーで仕上げてあるのがしっかり写っていたので、それを真似てやってみました。


すると、ただ梳きでギザギザに切った時よりももっと前髪のエッジ部分にシャドウがかかって、輪郭がはっきり出てきました。 

しかも以前は弱弱しく張り付いた感じにしかならなかったのですが


今回のディスコネクトの採用で内側の短い毛が表のシャギー部分を支える事でしっかりと前髪が固定されるうえに、とても立体感のある仕上がりになりました。


つまり、


エッジの存在感をしっかり出したいけれど、シャギーな前髪を手に入れたい! 一見相反するような複雑な要望にこのツーセク前髪がとっても効果的なんです。


僕はこの新しい発見に、思わず・・・・・


『おかげさまで、今日は本当良い事学びました。


      お客様が美容師を育てるって言うのは本当ですね・・・・・』


って、彼女にお礼を申し上げると、、、


彼女は照れながら


『あら、こちらこそ満足のいく仕上がりにして下さってありがとう』


って言ってくれた。



二人ともご機嫌(o~)>






スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=美容のお仕事 - ジャンル=就職・お仕事

【2007/02/28 16:40】   トラックバック(0) | コメント(6) | Top↑






<<モンドリアンとサンディエゴDOWNTOWN | Top | 第一回サンディエゴ・ビューテイー座談会>>
コメント
まりまりさん、こちらこそありがとうございました。(o~)>

まだまだ勉強不足の僕が偉そうな事を言ってしまって申し訳ございませんでした。 僕自身はまだサッスーンカットに片足を突っ込んだぐらいでしかないので、発展途上ではありますが、できるだけ自分の理想に近い美容師になれるようにがんばりたいと思っていますので、これからもお互いはげましあって、はっぱを掛け合いながらがんばっていきましょうね!!!

【2007/03/07 16:48】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

coolcutsさん、お忙しい中・・返信をありがとうございました。

お陰様でここ数日間心の中にあったモヤモヤがすっっっきりしました!!
こればかりは美容師以外の友人や旦那(笑)に相談しても解ってもらえないし、思い切ってココで相談させていただいて良かったです。

ココは田舎で、coolcutsさんのような環境にないのです。
多分、日本人美容師なんて私ひとりだと思います。
こちらの美容学校に1200時間(8ヶ月間)通ってみましたが、何も学ぶことがありませんでした。
カットの講義なんて、1200時間中・・1時間もありませんでした。(っていうか、講師自身がカットの仕方を知らないのです)
あとはフロアに出て、お客さんの頭であ~でもないこ~でもないとやっているわけです。
カットの途中で訳解らなくなって泣き出す生徒もいたり。。。

で、卒業してライセンスを取得したら、ハッタリと話術で堂々と働くわけです。
今、働いているサロンもこの辺じゃ有名なサロンなのですが、どのスタイリスともカットの基礎がわからずに切ってるのですよ。
そして、coolcutsさんがおっしゃるようにプロダクツと巧みな話術で誤魔化してるように見えます。
それでクライアントも「うわぁ~素敵ね~♪」と言い帰って行くのです。

でも、coolcutsさんにアドバイスいただいたように、チャンスがめぐってきたら自分に自信をもってやっていこうと思います。
お家に帰ってシャンプーした後の手入れのし易さに重点をおきたいと思います(偉そうに。。笑)
シャンプーでお客さんから「こんなシャンプー初めてよ~」なんてチップをいただいたりすると「ヨッシャ!」なんて思いますよね(笑)
これでもう少し流暢な英語が出来るといいんですけどねぇ・・

長々と愚痴を並べですみません。
では心を入れ替えて 行って参ります!!(^_^)/~
ありがとうございました!coolcutsさん!
【2007/03/05 22:42】 URL | まりまり [ 編集] | page top↑

============================================================


“僕の手”以来ですか~?

まりまりさんお久しぶりです。・・・・再就職されて手荒れが始まっているそうで、僕も芽吹きのシーズンはアレルギーがひどくてちょっと荒れ気味ですね。 くしゃみばかりするし。。。。
まあ、それもこれも僕の戦友ですな! しっかり手洗いだけはまめにしてくださいね。(水道水じゃない方がいいかも)

それから、ニュアンスカットの件ですが

1990年代から始まったスタイリング剤商戦の末、大資本になったプロダクツカンパニーが美容室を乗っ取り始めたのがきっかけで美容室の本来の技術修練意欲を削ぐ形になっていますよね。


プロダクツカンパニーの看板が美容院の名前になり、そこでは“正確なカットが髪型を決定するのでは無くて、タイリング剤がデザインを決定付ける”なんて洗脳をお客様にも美容師にもし始めたものだから、カットの教育プロセスが軟弱化してしまいましたね。この頃発明されたファイバー入りのWAXのはサッスーンが持っているデザインの中の力線の変わりをします。つまり流れるように切っていなくても固めなくても流す事ができる、起こし上げることもできるというのは “まとまりが良い”という錯覚をお客様に与えているし、もしかしたらきちんとカットを習得しない美容師にとっても同じではないのでしょうか?


僕自身も『WAXをつければ大丈夫ですよ。』って言っていた頃を思い出すとちょっと苦笑してしまいます。

でも、実際にはサッス-ンがデザインの中に見ているのはシャワーを浴びてそのままスタイリング剤を使わなかったときのシルエットであったり、3~4週間後の形であったり、骨格や毛流のためまとまりにくい方に対してのアプローチであったり、完全に視点が違うとおもうんです。

僕の美容院はサッスーンの理論的なカットを奨励している美容院なので客層もお客様の評価もすでにカットのできばえを中心に判断が下される土壌があります。 実際ほとんど根元を起こし上げるスタイリングと言うものをしません。 まりまりさんが今の美容院でサッス―ンの理論的なカットで仕事をしたければ、道が無いわけでは無いと思うし、僕のお店にも、お客様がボリュームを出したくないと言っている場所にラウンドシェイプが形成されていて、『これが原因ですよ!』って教えてあげると、彼らも新しい評価のしかたを学ぶ事ができます。それに、このツーセク前髪のようにブラントカットでもニュアンスカットと同じような効果を発揮して、再現性はより高いという表現方法はまだまだ未知数ではないでしょうか?


現在のお店でもサッスーンで学んだ事を自信を持って大いにふるわれたらよろしいのではないでしょうか? 崩す事は簡単に出来ますからね~。 まりまりさんはカラーもやっていくそうで大変ですね。

僕もいずれはカラーをやり直さなければいけない時が来るかもしれませんが、現在はお休み中です。

それではお互いがんばりましょう!
【2007/03/05 05:48】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

Coolcutsさん、こんにちは。
ご無沙汰しております。(覚えていらっしゃいますか?)
時々ココを覗かせていただいては、エネルギーをもらっていました。

再就職して、本科的にアメリカの地で働き始めて、日々様々なこと感じています。
アシスタントとして働いていて、時給は低い(ーー;)のですが「Coolcutsさんだって頑張ってるんだ」って自分を奮い立たせています。
今はシャンプー命で、毎日毎日心を込めてシャンプーをしています。
でもね、これが私にとって初めてのバックシャンプーなんですよ。自分なりに日々研究を重ねております(笑)
以前、手荒れしたことがないとココで豪語しましたが、今はボロボロっす。年には勝てません。

そして、サッスーンのカットを学んだ私は、他のスタイリストのカットを見て・・・いろいろと思うのですよ。
もしかして、この辺りの人達はきれいなカット&ブローよりも てきと~に雰囲気で切っちゃうカットを望んでるのかな・・と。
今、自分の中で悶々としてるところです。
Coolcutsさんのご意見が聞きたいです。

それと、カラー&ハイライト。これが今の私の課題です。
日本では絶対に使わないようなカラーを使用しますものね。
今は頭の中でカラーチャートがクルクル回っています(@_@)

ということで、しばらくシャンプーガール(シャンプーおばさん?)頑張ります!!
【2007/03/03 22:45】 URL | まりまり [ 編集] | page top↑

============================================================

ASAKOちゃんこないだはどう~も!
シェイプとテク二ークとダイメンションですね。 
アルゴニズムの考えから人間の間接の動きまで計算に入れて手順が作られ、形をコミュニケートする表現方法を生み出したサッスーンの理論は本当にすごいですね(o~)>
僕ももっと早くにフラットレイヤーの本当の意味について知りたかったし、スクエアレイヤーの構造をきちんと把握しておくべきでした。 形だけで無くその中に隠された見えないもの。
これを機会にはまりまくったら面白いですよ~。きっと
ぼくもおちおちしてられない~~~ 
【2007/03/03 14:33】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

サスーンの講習会へ行ってやっと、COOLCUTSさんの書いている内容が分かるようになってきました。めちゃめちゃいい話ですねえ。あなたの日記でいつも初心にかえらさせます。私も早くカットも出る切って、技術者になれるように、努力しなくちゃ☆
【2007/03/02 00:10】 URL | asako jinno [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1149-4bab12f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |