Top | RSS | Admin
初めての指名客  | 美容道
昨日初めての指名客がやってきた。

といっても、現在僕はまだモデルレッスンを続けているアシスタントで、スタイリストになっていません。

マーケットストリートのスタイリスト二人が手一杯で担当できない状況の時にのみフリーのお客様を担当できるというだけなので通算でも両手に収まるくらいしか担当していません。

以前、在宅美容で担当していたお客様が予約しようとしても、お店側はまだ正式にスタイリストではないので断固として断るという強行な姿勢を見せています。


そんな状況の中で昨日のお客様は一ヶ月前に担当させていただいたのですが、ありがたい事に、どうあっても僕にカットしてもらいたいとフロントと交渉して下さったそうなのです。


彼は弁護士を務めるイラン人です。

イランで生まれ育って大学留学のためにアメリカへやってきたそうです。 自分の故郷に対しては先日のイラク人女性と同じようなことを彼もおっしゃっていました。

彼はのっけからこんな事を言いました。

『前回、君がカットした内容はとても良かったけれどいささか不満があった』と話し始めた。


(気に入ってくれたのではなかったんだ)内心思った。


僕は前回の彼のオーダーと実際にそれに対して行った事を覚えていたので伝えた後に、

『何処が難しかったですか?』

と質問した。


すると、数箇所の指摘をしてそれを改善して欲しいという意思を伝えてきた。


僕は今回その要望を聞き入れて改善した事で喜んでもらえました。


前々回の担当者からは

『彼はテクスチャライズ(削ぎ)が好きだから沢山してあげて』

という情報しかもらっていなかったのですが、どうやら彼は別にテクスチャライズに執着があるのではなくて、キワが上がった部分を目立たなくしたい事、こんもりと丸みを帯びて伸びてくる骨格と生え癖に悩まされているという事が解った。


彼は僕がその事を理解したことをとても喜んでくれて、


『今回のカットで難しいところがあったらぜひ教えてくださいね?』

って帰り際に伝えると彼はニコニコしながら


『もちろん君に伝えにくるさ! そんなに簡単に僕と君の髪型が完成するわけが無いからね、前回よりも今回。 今回よりも次回が良くなったらいんじゃない?』

ってダウンタウンの街の中にさっそうと歩いていった。



一回目でヘアースタイルが完成するなんて期待はしない。

だけど、改善してくれるだろうという可能性を買ったんだ。



僕は彼にそう言われたような気がした。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=美容のお仕事 - ジャンル=就職・お仕事

【2006/11/20 07:59】   トラックバック(0) | コメント(8) | Top↑






<<デルタ航空倒産の舞台裏 | Top | 食わしてやらねばな>>
コメント
Tedukaさん技術でもデザインでもない、それ以前の段階の

“心”に触れる仕事を、アシスタントからの再出発で再認識する事ができてとても嬉しいです。
【2006/11/25 13:59】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

信頼できるからこそ、自分の本音や本当にしてほしいことを正直に伝えられたんでしょうね。国際舞台でそんな信頼を得ているcoolcutsさんはすごいですね!
【2006/11/23 11:30】 URL | Teduka [ 編集] | page top↑

============================================================

写真さま、はじめまして・・・コメントありがとうございます。

中近東の方はどこか日本人と同じ気風を感じます。
鏡を見ながら、髪型をチェックするその目つきは本当に真剣そのものですが、その目線の中に何かしら愛情を感じます。

そいうお客様は本当に大切にしないとバチが当たりますね。
【2006/11/22 19:05】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

Kiraさん美容師はお客様に育てられるというのは実際多々あります。

長い美容歴で初めて担当した女性は思いっきり泣かせてしまって、でも懲りずに通い続けてくれました。

本当に育成型のお客様を持つ事はありがたいことです。
【2006/11/22 19:02】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

始めまして、NewEngland地方在住の写真と申します。何気なく読んでいたのですが、この記事にひっかかりました。いや~、これ、何かが共通しているのでしょうか。内の旦那も同じようにしてバーバーを見つけ/評価しますね。旦那は元々レバノン出身です。そして行きつけのバーバーはギリシャ人の父子経営のお店。
地中海の国の都市の散髪店では、男性は男性に切ってもらい、行き着けの理容師との関係を築いて行くのが一般的な様です。旦那は、回数をかけて、色々改善した後は、そこにしか行きませんね。イタリア人も良いと言っています(笑)。もちろん、最初の腕が良くなければ改善しようとも思わない様ですけども。
仕事振りを評価してもらえたのは、すばらしい。
又読みに来ます。頑張ってください。
【2006/11/22 00:38】 URL | 写真 [ 編集] | page top↑

============================================================

お客様が 美容師を育ててくれるんですね
というより お互いに パートナーなのかしら
【2006/11/20 19:33】 URL | kira [ 編集] | page top↑

============================================================

EIJIRO おもさけなさとです。

楽しんでますよ~!!

当たりまえのことが当たり前じゃないし、今まで習得した事に理由付けをしていったら、もっと改善できる部分も見えるし、もっと理解を深める部分もあるし。 前進前進!!
【2006/11/20 15:50】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

がんばってるな~!
まぁスタイリストに昇格してからが晃司の本領発揮ってこと!
焦らないで、色んな意味で美容の復習と忘れものを取り返す最高の機会だね!
楽しもうね最後の最後まで!
【2006/11/20 12:22】 URL | EIJIRO [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1090-e7e7190f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |