Top | RSS | Admin
僕の手  | 美容道
僕の手

僕の手はいろいろな事を教えてくれる。 

【手荒れ】というとてもつらい試練を与えながら、いろいろな事を教えてくれる。


手荒れが始まったのは、美容院に勤め始めてから2年目。

手荒れのひどかった同期の男の子がシャンプーに入らなくてもいいように、手が丈夫だった僕は率先してかなりの人数のお客様のシャンプーを引き受けた。


でもそれが災いしてかほんのちょっと手荒れが始まった。


油断をしていたら明日はわが身と言う事を悟った。


同期の男の子のようにひどくなりたくないから、急いで皮膚科の病院へ行って塗り薬をもらった。

不思議なほど一晩でかさぶたになって手荒れは治った。

僕の手はそれからというもの、定期的に湿疹が出来るようになった。


塗るとすぐ治るが、次に出た時には本当にひどい。 それもどんどん回を増してひどくなる。


しまいには手の指全体に皮が無い状態までなって、ピンク色に腫れ上がった指は絶えず体液と膿を放出し続け、ガーゼとコットンの手袋が欠かせない生活が始まった。


そして医者がこう言った。

『残る手立ては美容師の仕事を辞めるしかないね』


(あんたが治してくれるって言ったじゃない!)



心の中でそう思ったが、医者を変えてみることにした。

僕は診察室に入るなり


『ステロイドを使わない治療をお願いします。』と頼んだ。


『はい、はい・・・・・』と返事をした医者は


英語の文字でなにやら記入し始めた。


その時点で彼が僕にどのような処方箋を渡すつもりなのかが解るようになっていた僕は


『ステロイドを使わないで下さいって言ったじゃないですかぁ!』

と、医者とケンカしてそれっきり2度と皮膚科の門をくぐるまいと誓った。


権威だからといって手放しで信用するな


その事を教えてくれた。


漢方薬、電磁波治療、はと麦茶、どくだみ、パイウォーター、にんにく風呂、エステクリーム・・・・・・・・


ありとあらゆる治療法を試しながら、自力で手荒れと格闘する日々が始まった。


ステロイドを絶ったことのリバウンドはかなりひどく、ますます僕の手は血と黄色い膿と、体内に蓄積したステロイドがゼリー状になって流れ出し、通常の生活など送れやしないのに、シャンプーは続けた。


ジュク・ジュクになった手にガーゼを巻いて、綿の手袋をはめて、そしてその上にビニール手袋をつけて必死でシャンプーを続けた。



社長に『やめたいんです』と相談しに行くと説得された。


ただ、『どうしてそんなになるまでにスタイリストに上がらなかったんだ?』

言われた事だけはショックだった。

指が曲がらず練習してもなかなかワインディングが上達しなかった僕はずっとステップアップできず、他店舗でトレーニングされた子がどんどん転勤になってきて、ずっとシャンプー台に貼り付け状態だったから・・・・・

ある日、お店の技術者を店長がひっ捕まえて、こう叫んでいた。

『俺の奥さんにシャンプーをさせ無いでくれ! 手が荒れてるんだから。』

僕は耳を疑った。

店長の奥さんもアシスタントだったから、手は沢山切れてはいたけれど、僕よりぜんぜん軽かった。


僕の手が、{彼を信用するな!}と教えてくれた。


他店舗へ転勤になってからもやはりシャンプーは続けなければならなかったが、手荒れの僕の為にマイルドなシャンプーが用意され、そしてハンドクリームも用意された。


僕の手は人のやさしさも感じ取った。


そして、手指の皮膚の治療に対する猛烈な興味から、


結局皮膚の問題は表層だけで考えてはならないことに気がついた。


皮膚は人体最大の排泄器官


その事が解った頃に奥さんと暮らし始めた。

バランスの取れた食事と、技術者の階段を登る事で次第に僕の手は回復していった。

次第に身に付けていった薬剤の知識もずいぶんと助けになった。


僕の手は何か問題が生じている時には物事の表面ばかりに気を取られるな!


と、教えてくれた。


良くなったり悪くなったりで、日本の美容生活は最後の最後まで手荒れと戦い続けたけれど、2年目から3年目、そして4年、5年と段々和らいでいったのに違いは無いから


長期で根本的な解決策を施せば物事は好転する


僕の手はそう教えてくれた。


アメリカに渡ってから僕は、この一年シャンプーをほとんどしなくても良かったので油断していた。



就職が決まって一週間もするとまた手荒れが始まった。


アメリカのブリーチ剤の強さと、人一倍掃除や洗いものに勤しんだ為かあっという間に悪化して、最悪だった時の状態に近くなるまでそんなに時間を必要としなかった。


でも、今回の僕は慌てなかった。


日々悪くなる僕の指を見て、周りの従業員はとっても心配そうな顔で見ていたけれど、僕は原因を突き止めるので必死だった。


とてもアナログナやり方だけど、消去法しか無い。


まずは薬液を触った後やシャンプーをした後は必ず手をしっかり洗った。


ところがどんどん悪化していった。


水が悪い事が解った。


飲料水で手を洗い、シャンプー時には手袋を必ず装着する事を徹底した。


髪の毛を突っ張らない、手に優しい、手袋の素材もサイズも、手袋をはめた時の力加減も全て日本で手袋しながらシャンプーを続けたおかげで、全て熟知している。


手袋をしてもお客様には『気持ちいいわね』って言ってもらえる。



水道水に手を触れないように心がけ初めてからものすごい速度で回復している。

昨日から指が曲げられるようになった。

ジュクジュクだった指に薄皮が貼ってきたのを見極めてから、アルコール消毒を始めた。

すると、汁気が収まってきてかさぶたが剥がれ始めた。

日々回復をしているのが手に取るように解る。



原因を突き止め、的確な処置を施す事の大切さは、あれ程医者が治療できなかった症状を本当に安価な素材で、しかも早く治療できるまでになったのは、きっと長年戦ってきた経験に基づくもの。


僕の手は、あきらめず物事を分析して根気よく対処せよと教えてくれた



僕を心配する仲間が手袋や絆創膏、そしてハンドクリームなどをプレゼントしてくれて

マークは


『君がスタイリストになったら、シャンプーボーイを一人雇って君に専属でつけてあげるよ』って言ってくれた。


僕はその言葉だけで十分だった。


『シャンプーはできるだけ自分でしてあげたいので手袋を使ってでも続けます。そう言っていただいてありがとうございます。』


僕の手は、彼を信用してもいいよって教えてくれた。


スコットが僕に、『美容師を辞めようって思ったことは無いのか?』


『そりゃああるさ。三年目までは何度も考えたよ。でも、もう手荒れに僕の邪魔はさせない。それが証拠に18年過ぎた今でも僕はここにいる。』


この一ヶ月間すごくつらかったけれど、原因を対策を見つけないうちはただの愚痴になってしまうので書きませんでした。(シゲ爺や明婆にも心配かけるしね)


がんばって治療に向かっている僕の大切な手にご褒美としてこの記事を載せます。


何事も他力本願では無く自力で治す。


広い意味でも自然治癒能力を信じる尊さを僕の指は教えてくれました。


全国で手荒れに悩んでいる人がいたら遠慮なくメルアド付きでコメント書いてください。 僕で相談に乗れる事があればどしどし乗りますよ~。


スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=働き方 - ジャンル=就職・お仕事

【2006/10/11 15:32】   トラックバック(0) | コメント(25) | Top↑






<<SASSOON Santa Monica 最終日 | Top | 朗報第2弾!! 引っ越します>>
コメント
記事を見て涙が出ました。私も美容師で同じように悩んでいます。手荒れにより本当に人の冷たい部分を見てきました…。でも私も今この手荒れに一生付き合って大好きな美容師を続けようと思っています。マークのような素敵な人に出会えてよかったですね!
【2015/04/13 10:06】 URL | [ 編集] | page top↑

============================================================

asuka さん、手荒れに悩まれているんですか。 僕も昨日コロンを服に吹き付けたらそれで手がドラえもんのように腫れ上がっちゃってます(笑) 本当は原因究明をして、その物質を食したり、接触したりしないように心がけて、体内に入ってしまっているものを排除する治療を行わなければいけないのに、日本の皮膚科というのは、このアトピーにアトピーになっているようで、なかなかきちんとした処置方法を取ってくれません。 初期段階での副腎質ホルモンの使用が状況を悪化させるものだと僕は思っています。(実際僕がそうでした。)
僕は副腎質ホルモンの治療を『絶望的な治療と呼んでいます』。毎日刺激物に触る美容師には症状を悪化させるのみです。できれば一日も早く生活の中から副腎質ホルモンの使用を断って、『希望的な治療を』行われる事を願っています。 手袋防御、手洗いが要ですよ!
【2010/10/29 00:16】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

私ももう8年くらい手荒れに悩んでいる22歳です。
色んなハンドクリームや薬、使ってきたけど、治りません(ToT)
あまり病院には行きたくないけど、もう限界で今日は久しぶりに行こうと思ってます(>_<)
この記事を読んでたら自分と重なって涙が出てきちゃいました(;_;)自分も頑張って、克服しよう!!という気持ちになりました!
ありがとうございます!
【2010/10/26 10:22】 URL | asuka [ 編集] | page top↑

============================================================

そういえば、CAC化粧品について、質問されてましたよね?
海外での購入方???
私は単なるユーザーでしかないのでよくわかりませんが、調べてみました。海外輸送もしているみたいです。くわしくは....

↓↓ここを見てみて下さい。
http://www.cac-cosme.co.jp/index.html

左枠下に載ってるみたいです。
海外移住が決まったら、買い溜めしなくちゃいけないのかなぁなんて思っていたので、私にとってはラッキーな情報でした。
逆にありがとうございます!!

【2006/10/23 15:57】 URL | PINKY [ 編集] | page top↑

============================================================

Neutrogenaですが、こちらでは薬局でもスーパーでもどこでも売っております。£4で少々お高いですが、ほ~んの少量だけで手全体にスムーズに広がるので結構長持ちします。
良く見たらノルウェーのフォーミュラということでMade in Franceでした。
Destributorsの中に‘Neutrogena Corp, IA, USA'とあるからそちらでも手に入ると思います。
10cmくらいの白いチューブで青いキャップ(無香料のは赤いキャップ)。NORWEGIAN FORMULA Hand Cream CONCENTRATED Neutrogenaとおもてに書いてあります。Intensiveというレンジもありますが、そちらはもっと高いばかりで全く無能でした。
私はこれを常に細めにぬって、料理をする以外の水仕事には必ずゴム手袋して、毎晩、夜寝る前にまんべんなくぬってました。それに手袋して寝ればよけい良いみたいだけど、うっとうしくて...。
2週間もすると大分良くなりました。1月もすると、もとの手にもどって感激!でも油断は禁物と思い、クリームを常にぬってました。
そのうちぬらなくなっても再発しませんでした。今ではほとんどぬっていません。
手荒れ経験すると、誰かそれに悩んでたら治してあげたくなりますよね。
クリームみつかってcoolcutsさんの肌にも合うと良いですね。
Good luck & all the best!
【2006/10/21 00:33】 URL | Wir*eilen [ 編集] | page top↑

============================================================

Wir*eilenさん英国からの初コメントありがとうございます。
広島にかるがというところがありますが僕も漢字がわかりません。
でも、そちらから車で約30分ぐらいの場所にある美容院で働いていました。お父さんの生まれ故郷が日本でイギリスに暮らしている気持ちはとってもノスタルジックですね。ところで、ノルウエーのニュートロジーナって薬局で簡単に手に入るものでしょうか?
もう一分張りのところで停滞して完治にこぎつけないでいます。
発疹の出方からすると内部の問題というのが強いですが、脂線と汗腺を正常な形に戻すことができればとっても楽になると思うのですが。
【2006/10/20 17:41】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

Fumiさん虫を食べると免疫抗体が強くなるって話しは聞いたことがあるから、プロポリスもそれに似た効果があるのですかね~
僕もお湯があかんと思っていてもあのくすぐったかゆい感じがとっても好きでついついお湯に手をかざしてしまいます。
この快感は手あれを知っている人じゃないとわからないでしょう・・・・(笑)
断食はまだやり方がわからないので今度調べてからにします。
お互い手あれに気をつけながら仕事を続けていきましょう!!!
【2006/10/20 17:33】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

Tedukaさんありがとうございます。
僕は科学者でも医者でもないからぜんぜん本当のところ何がどうでアレルギー反応が起こっているか?って根本は突き止められませんが、毒素を押さえ込み表面にふたをしてしまう治療法を何故皮膚科がずっと続けるのかがとっても理解に苦しむところです。
早期に出し切って、抗体を体に作る治療を行なう事のほうが患者のためになると思うのに・・・・・歯がゆいです。
【2006/10/20 17:28】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

coolcutsさん、はじめまして。
アイレンと申します。
こちら、英国です。
‘ラストサムライ’昨夜、テレビでやったのですが、「えっ、この人、結構キャッこい~!誰かしら...。」なんて、最後のクレディット見ていたら、‘Hiroyuki Sanada'とあり、Googleしていて、貴方のblogに、今、おじゃましたばかりです。
‘手荒れ’のエントリーを読んで、「繊細で深い心を持った人だな~。」と、少し感動しているところです。
で、思わずコメントしております。
まだ、アーカイヴ、あまり読んでいないので、貴方のことあまり分かりませんが、広島ご出身なのかな? 父が、カルガ(漢字が分からない...)出身なので、何か親近感を覚え、アメリカでヘアスタイリストなさってるようで、「がんばってねぇ~!」って大声をあげました。聞こえた?
何か初めからナレナレシイ文だなぁ...と不快に思われたらお許しを! この年になると、‘初めはよそよそしく...’なんてしている時間がないのです。Mmm...?
遺跡調査のバイトをした事があるのですが、始めの3ヶ月は一日中、掘り出された遺跡物の水洗いで、それ以来、5年くらいひどい手荒れに悩まされました。皮膚科を何軒変えても、全く治りませんでした。が、ノルウェーのニュートロジーナというハンドクリームを使うようになったら、嘘のように治りました。
coolcutsさんの大事な手も早く治るといいですね。
すでに大勢の方に暖かくささえられていらっしゃるようようなので、私も‘その他大勢’の一人に加わりま~す!
近くblog作成予定しておりますが、こちらにリンクさせていただいてもいいかしら?
ややっ...。随分長くなってしまったので、ここらへんで失礼しますね。
Take care!
Bye for now
Eilen
【2006/10/19 22:13】 URL | Wir*eilen [ 編集] | page top↑

============================================================

お久しぶりで~す。
私の手もここ10年以上荒れあれでした。水というより水道のお湯、これは悪いと実感してます。悲しいかな、シャンプー&リンスは洗剤なんかより悪い物が入っている場合もままありますしね。とうとうたま~にやる自分の髪のパーマ、カラーもアレルギー発疹が出るようになりできなくなりました。
FUKUさんお勧めの断食は試してみる価値ありですよ。ファスティングは完全断食じゃないし、毒抜きは手あれの原因以外の悪いものを出すためにも必要です。
(シャンプー&リンス男性機能を低下させるものも入ってますぞ)
かくいう私は断食じゃなくって他の理由で飲み始めたプロポリスで今までの苦労が嘘のように治っちゃいました。Fukuda君には効かなかったみたいだけど...。
長年やってると手荒れはね~避けられないのでしょうかね。あと医者の仕事辞めろ!ってのもこれって彼らの職業放棄じゃないか?と思います。
長々失礼しました。(^^)
【2006/10/19 06:57】 URL | fumi [ 編集] | page top↑

============================================================

貴重な体験をシェアーしていただいてありがとうございます。困難にあっても決してあわてずに、自分で考え、対策を練って、解決に結びつける姿勢は、すごいなと思いました。
【2006/10/15 09:36】 URL | teduka [ 編集] | page top↑

============================================================

Fujikoさんコメントありがとうございます。
手荒れに育てられるっていうのも変な話しですがいろんな勉強をさせてもらいました。 実際には親わしが巣から突き落としてくれたから生き抜く気力を得たというとこともあるので、一概にだれも攻めららないのですが・・・・・・手荒れは自分自身問題だし。

今後もがんばっていきますよ~!!!
【2006/10/13 14:53】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

PINKYさんシャワーヘッドって『フリオン』ですか?

僕も日本で使用していて、アメリカにも持って来たのですがいそうろうの身で取り付けることが出来なかったので倉庫にしまってあります。 新しい住家で早速とりつけて快適ライフを送ろうと思っています。CACの粉って言うのはなんですか? アメリカでも手に入るのかな? 僕はもっぱらイオニートシャンプー(リンゴ酸洗浄成分)で全身洗ってました。 アメリカにやってきてからはまだ商品事情が良く解らないので『ダブ』を使ってます。
お互い手あれと戦い抜いて楽しい美容師生活を送りましょう!
【2006/10/13 14:48】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

Fukuさん断食だなんて到底僕の満腹中枢が黙ってるわけが無いじゃないですか~

それにビタミンBとカルシウムを沢山取っておかないと新しい皮膚が作れませんから。 

あ、食べ物を食べたい言い訳ってばれた?
【2006/10/13 14:41】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

まりまりさん手荒れは知らないに越した事はわりません。
それに対しての感じ方の感覚を変えるしかしょうがなくなりますからね。
それにしても美容試験お役に立てて幸いです。『先生』は大げさですが、ほんとうにがんばってくださいね~

それから就職おめでとうございます。
【2006/10/13 14:38】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

桑さんお涙頂戴、ありがとうございます。
桑さんも足の骨折大変そうですね~
見知らぬ土地での怪我や病気は本当に不安になりますよね。
日本で手に入れていた治療グッズがこちらではぜんぜん手に入らないので本当にオーソドックスな方法で介抱していますが、『な~んだこんなので治るんだぁ~』ってあきれてます。
【2006/10/13 14:36】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

おじゃるちゃんもアトピーだったよね。
薬を絶ってからのリバウンドのすごさを考えると、とても薬を絶ちなさいなんて言えないけれども、皮膚疾患の根本はステロイドでは治らないので、体質改善も同時に行う必要性が大です。
実はシャンプーの腕はかなり新しいシャンプーボールのせいで落ちているのですが、アメリカ人の方は受けたことの無いサービスのようなので・・・・・(あっ!でもクオリティー上げていきますよ!)
【2006/10/13 14:32】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

REDさんありがとうございます。根拠の無い自信が必要な時も多々あるから僕も根拠無くやり切れる自信をもってがんばりたいと思います。 REDさんもがんばって夢を実現してくださいね~!
【2006/10/13 14:28】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

凡人の私には想像を絶する美容師の職業病(と表現しても良いのかしら?)との格闘のさま。何だかcoolcutsさんのスゴサが、今回はまさにズシリときました。とってもインスピレーショナルなお話を、どうも有難うございます。
【2006/10/12 15:57】 URL | Fujiko [ 編集] | page top↑

============================================================

そうなんですよねぇ~水なんですよねぇ~。
美容師にとっては、手荒れは深刻な問題です!! coolcutsさんのご苦労、共感します。私もアシスタント時代、食生活などを改め、オーリングっていう診断方法を用いる漢方の先生と出会い、薬を処方してもらい、手を洗うときは必ず“CACの粉の洗顔石鹸”で..治るまでは手袋、ゴム手生活でした。今は、いろんな製品があり、シャワーヘッドに取り付けるだけで(っていうか、換えるんですけど..)イオン水になるものもあり、美容師にも、お客様にも喜ばれています。髪質も変わりますよぉ~。 お互い、頑張りましょうね!
【2006/10/12 12:52】 URL | PINKY [ 編集] | page top↑

============================================================

手荒れかあ、ぷーさんあれてたよね。

僕の場合はストレスで荒れるのと 寒いところで風にあたると 一発だね。
それでもたいしたこと ないんだけど・・・

5月にプチ断食して 僕は体調が すごく良くなりました。
一回 体を空にすると デトックスできるよ。
一度 おためしあれ。
【2006/10/12 10:17】 URL | Fuku [ 編集] | page top↑

============================================================

手荒れで随分辛いおもいをされていたのですね。
毎回、coolcutsさんの頑張り、ストイックさに、心打たれます。
私は手の皮が厚いのか(顔の皮は厚いですが)、修業時代から手荒れを知らずにきました。

今日はお礼が言いたくて・・・
一応主婦なので、家にいると動き回ってしまうので
午前中、図書館にこもって試験勉強をしていました。
coolcutsさんがわかり易く日本語で解説してくれてるEXZAMすべてをプリントアウトして持っていきました。
もぅ~感激×100!!!
私が苦しんでいたside bonds,chemistry,electrisity…などなどのチャプターが日本語で説明してあり、
心の中で「coolcutsさん、ありがとう!!」と何度叫んだかわかりません。

そちらの美容学校はどうかわかりませんが、
こちらの学校では、8ヶ月通っても学科も実技も習得できるものは何もありませんでした。
これからcoolcutsさんのことを『先生』と呼ばせていただきます(笑)

昨日初仕事行って参りました。
一人、カットさせてもらいました。緊張しました!
あとは一日中、鏡とイスを磨いていました。

何度も書き込みさせてもらってすみません。
【2006/10/12 05:06】 URL | まりまり [ 編集] | page top↑

============================================================

読んでて涙が出そうになりました。
同時に僕は日々の努力を怠ってるなとつくづく反省させられもました。
coolcutsさんの今のステップアップはこういうところに裏打ちされてるんですね!
そんな優しい手でシャンプーされてみたいです。
【2006/10/12 00:17】 URL | 桑 [ 編集] | page top↑

============================================================

coolcutsさんにシャンプーやカットをしてもらっていた頃を思い出しました。
すっごく気持ちよかったです☆
手荒れが大変とはお聞きしてましたがそこまでとは知りませんでした。
手から学ぶこと・・・自分にも置き換えられることばかりで反省です。
がんばろうと思います。
【2006/10/12 00:06】 URL | おじゃる [ 編集] | page top↑

============================================================

お久しぶりでーす!
PCの調子がおかしく修理にだしていたこの一月の間COOLCUTS
さんのブログにもご無沙汰でしたが、状況が激変していることに、ただただ驚きと喜びの雄たけびを遠く日本から上げております。
にしても凄いじゃないっすかぁぁぁ~!!!!
ってしか言えない自分のボキャブラリーの無さをお許しください。
美容師にとって手荒れは深刻な問題ですよね・・
それでなくてもカリフォルニアの気候は乾燥気味だしボクも訪れるたびに感じていたのが水質です。
でも絶対大丈夫な気がします(根拠が無くてスイマセン)!
GOOD LUCK!!!
【2006/10/11 15:58】 URL | RED [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1061-5779439b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |