Top | RSS | Admin
Vidal Sassoon(ヴィダル・サッスーン)との思い出  | 美容道
Sasson.gif


ガリーナが長期休暇を終えて職場に復帰してきた。

僕が面接に来た日にこの人の仕事振りを見て本当に感激したのを覚えている。

年の頃はもう60才に近いのだろうと思うけど、本当にカッコイイ美容師で、コームとハサミを操る仕草はそん所そこいらの美容師さんには無いエレガントなオーラを感じる。

彼女は去年、故郷のウクライナに暮らす娘の婿を交通事故で亡くした。ウクライナで有名なアナウンサーをしている娘の子供を夏休みの間アメリカで面倒を見るために連れてきて、また連れ帰った。

彼女はバックルームに掛かっているサッスーンの記事を眺めながら、

僕に 『Sassoonについてどう思うか?』 って質問を投げかけた。


サッスーンのアカデミーに行ってモデルになってくれた年配の女性が“彼は女性の生き方を変えた”って言ってたけど本当にそのとおりだと思います。だから彼を尊敬しています。』

って言うと・・・・・・・


『あたしも彼をとっても尊敬しているわ。』

私がサッスーンの美容学校へ行っていた頃ね・・・・・・  
『彼がロンドンやマイアミ、ニューヨーク、サンタモニカにある美容学校全てを毎年巡回するのはサッスーンアカデミーの伝統だったの。


私が学校へ行っているときも彼がサンタモニカ校を訪れて、目の前で彼とお話して写真まで一緒に写ったのよ。

これがその時の写真よ、本当にラッキーだったわ。


それにまだ若かったわね私(笑)


それから、あれ程有名な方だから彼が現れるとみんなピリピリすると思うでしょ。

でもね、実はぜんぜん違うのよ。

彼は本当にHUMBLEな人で

誰とでもしたしみを込めてやさしく話しかける、本当に人間味のある男性だったわ。』


HUMBLE(謙遜)と言う言葉がある。


これが結構日本独特のもののように思われがちだが、以外にもアメリカに来てからも人を評価する褒め言葉としてよく耳にします。


偉そうな人を見るとムカツク


それはもしかすると人類共通のものかもしれません。


だけど、往々にしてちょっと地位が高くなると、小金が手に入ってステイタスがついてくると、忘れてしまいがちになる・・・・・・・


地位や財産がどうであれ人に対して邪険な扱いをしない。 

絶えず相手を尊重し,立場は関係なく、礼を尽くす



というのが良い人間関係を保つために必要なことなんでしょうね~。


いつも丁寧に技術の説明をしてくれるガリーナはそんなサッスーンの教えが染み込んだような人なんです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ところで彼女の友達の宇宙旅行の夢をかなえた女性の事ですが、
ジョンソン&ジョンソン社に現在勤めていて、同社が彼女をスポンサーリングすることで彼女の夢が叶ったとい事実もガリーナ聞いて知りました。 彼女もまたハンブルな人でした。

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=美容のお仕事 - ジャンル=就職・お仕事

【2006/09/30 16:24】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






<<SASSOON Santa Monica 四日目 | Top | 夕日は水平線に沈む?>>
コメント
Fukuさん千田さんが警察に起こられているシーンをばっちりミクネタでみましたよ楽しそうですね~。

Skypeずっとアクセス待ってるのですが、いつお話できるのでしょうか? そちらのハンドルネームを教えて下さったらこちらからかけますよ~!!

一応僕のハンドルネームはcoolcuts1でございます!!
【2006/10/02 14:27】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

Sacchiさんはじめまして!

これからアメリカへ移住されて美容師を目指されるんですね!!
日本人美容師が海外で美容師をしようとおもえば、そんなに難しい話ではないですし、日本人美容師を欲しがる美容院は沢山あると思いますよ! だから、キャリアを続ける事はあまり心配なさらないで下さい。 ただ、きちんとした会社に就職しようと思えば免許の取得は免れないし、特に外資系は免許の有無に厳しいです。
でもSacchiさんは僕と違ってきちんと英語学校へ通われていたようですし、(ブログを拝見しました)ホームステイ経験もあり、サッスーンカットになじみがあるとしたら、結構プロセスはスムースに行くと思います。 何かできる事があればご相談に乗りますのでいつでも言ってくださいね。 ってどれだけ応えられるか解りませんが・・・・?
【2006/10/02 14:24】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

HUMBLEですか?
大事だね 僕もいつか 人から 自然とそういわれるように がんばります^^

skypしようよ 登録したから
近いうちに よろしく^^

そういえば この前 夜中にHIROさんたちと 野球してて警察に通報されました(反省)
【2006/10/01 09:45】 URL | Fuku [ 編集] | page top↑

============================================================

こんにちは! はじめまして。
アメリカの、美容師免許取得方について 調べていたら、coolcuts さんに たどり着きました。 
私も、1999年 ロンドンにて SASOON アカデミーに参加したことがあります。私にとって、すごい影響力のある講習でした。
通訳付だったため、意思の疎通がうまくいかず、すごく悔しくて、日本に帰ってきてから、英語の勉強を始めました。
そして今、縁あって、アメリカ人男性と知り合い、5年の交際を経て、アメリカに移住することになりそうです。現在、職場を辞め、準備中なのですが、アメリカに行き、落ち着いたらライセンスを取得できたら..と思っていたのですが、なんだか大変なんですね! お金もいっぱいある訳ではないし、出鼻を挫かれた感じです。
coolcutsさんのブログを『お気に入り』に追加してしまいました。すみません...。
私も、FC2 に登録はしたのですが、何も書いてません。 日記は違うサイトにて、なんとなくつけています。よろしてれば、よってみてください。http://pinky-yuppy.at.webry.info/ です。
また、楽しく拝見させて頂きます。 よろしくね!
【2006/09/30 21:54】 URL | Sacchi [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1055-c109c441
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |