Top | RSS | Admin
ザ・ダイバー (Men of honor)  | シネマ
20060721063007.jpg



男は、深く、もっと深く、潜ることを望んだ・・・・・







『ダイビングはネイビーで一番危険な仕事なんだ!』


『お前が見た男は、ネイビー・マスター・ダイバーだぞ!』


『俺はそいつになりたいんです!』





久々にガツンとくる映画を観ましたよ~!!!



不可能を可能にした一人の男   Carl Brashear 



『何故それほどまでにダイバーになりたいの?』


『俺はダイバーになれない!って、奴らが言うからさ!』



人種差別も乗り越えて!


片足を失ってまでも追いかけ続けた


ダイバーの道・・・・


もはや、彼を止められるものは何も無かった・・・・





男はこれまでの生涯を振り返って静かにこう言った。



『ネイビーの古いしきたりや伝統の為なんかでここまで来たんじゃない。』


ではいったいなんだね。


『Honor(名誉) Sir !』



義足のダイバーはその後、12年間もの間深海に潜り続け、アフリカンアメリカンでネイビー史上初めてのネイビー・マスター・ダイバーに名を連ね、史上4人目の伝説的ヒーローとなった。



この男のドラマに触れたら、貴方も何かをしたくてたまらなくなりますよ~きっと!!!


と、いう事で


試験勉強とさりなの子守でまったく行けなくなっていたESLを再開する為に、おとといからリサーチ。 今まで行ってたDown Townの教室は彼女を送っていくと間に合わないのでご近所の図書館で行われているフリーのESLへ行く事にしました。


就職までに出来るだけ語学力をつけておかなければ!


それから、本当はフルタイムできちんと教育システムが整っている美容院への就職を希望していますが、迎えにも行き続けなければいけないパターンでも検討してみようかと求人に目を通しはじめました。


できる事からやっていかないとね・・・・・


2000年 予告編

日本語オフィシャルサイト
MEN OF HONOR: THE STORY OF CARL BRASHEAR ←これ読んで見てください。 彼の一つ一つのセリフが重みがあって彼の強靭な精神が伺えます。

ジョギングから帰ってくると、義足に血の塊がついているときがあるんだ・・・
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2006/07/21 08:45】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






<<Selena 現象 | Top | キンダーガーデン>>
コメント
SAKURAさん女性が見て、このような男たちはづなんでしょうね~
今回はもう男側の視点で見入ってしまったからちょっと彼らの奥さんの気持ちは考えていなったな~そういば・・・
【2006/07/22 07:46】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

Tedukaさん ぜったい闘志むき出しになるんだろうな~

こんな映画みちゃったら。 目に炎が映っているTedukaさんの鼻息が、あっ!じゃなくって熱血丸出しの姿が思い浮かびますよ!!
【2006/07/22 07:44】 URL | coolcuts [ 編集] | page top↑

============================================================

この映画見ました!
とってもいい映画ですよね!
【2006/07/21 13:50】 URL | SAKURA [ 編集] | page top↑

============================================================

写真左上は、ロバートデニーロですよね、渋いですね!coolcutsさんの予告編だけで、なんとなくわくわくしてくるようです。絶対に見ます!
【2006/07/21 08:56】 URL | Teduka [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://coolcuts.blog6.fc2.com/tb.php/1007-482cac88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| Top |