Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






ロシア人の立場から  | アメリカ移住
ユリア!久しぶり、

元気してましたか?

『ええ、元気よ。やっと司法試験に合格してね、晴れて移民法の弁護士よ!』

それはおめでとうございます。

XOXOOXXO………

ああっ、そういえばロシアはどうなってるんですか?

ウクライナに干渉し過ぎなような気がしますが。

『でもね、歴史的背景をみると、ウクライナはいつもロシアの一部地域だったのだから、

”あれはロシアの領土だ!” という主張も、まんざら嘘では無いのよ。

ウクライナに譲与された後も、結局はソビエト連邦の管理下にあったのだから、やはり一国の中の一部には違いなかったの』

でも、歴史的背景を言い始めるとですね、、、、このカリフォルニアだって、メキシコに返還しなければならなくなっちゃいますよ。

『そうね、それはその通りだと思うわ。でもね、のペニンシラは黒海に面したロシアにとって物流と防衛上重要な立地という理由とは別の側面からのロシアのウクライナ干渉があるのは事実よ。

ウクライナの近年の状況はね、ほとんど第二次世界大戦時代のホロコーストに類似する状況下にあったの。

支配する側と支配される側が、はっきりと別れていて、支配される側がロシアの救いの手を待ち望んでいたのよ。

だから、プーチン大統領はロシア側から見ると、国連のような動きをしているに過ぎないの。

世界の番人と主張するアメリカ合衆国と同じメンタリティーね。

あれ程差別意識の高いロシア人が番人じゃ、とっても皮肉な気がするけどね。』

ロシア人が差別意識が高いって、ロシアもアメリカと同じ多民族国家でしたね。

『そうよ、ロシア人はロシア人しか認めないの。え? ロシアにロシア人以外の国民がいるんですか?
 ええ、ロシア人以外は全て非ロシア系民族よ。 私もその一人、アジア人系ロシア人は絶えず差別対象になってるわ。』

ああ、そうか、ロシア人はロシア人で、他の民族は他の民族なんですね。

『そうよ、ほぼアメリカと同じね。


だからね、同じような性質を持った他民族国家のアメリカが、あのウクライナの件について忠告するというアクションはとっても滑稽ね。

だって、アメリカだって、メキシコからずっと以前に取得した領地を変換するなんて考えもしないでしょう?

私は2001年にロシアからアメリカへやって来ました。だから、冷たい戦争のまっただ中をソ連で過ごし、ペレストイカ以降のロシアも見て来ました。アメリカへ渡った今、ロシア内での物事の認識と、アメリカから見た認識では、やはり少しギャップが出てしまっているのを、両方の立場になって考えてどうしても感じてしまいます。』


今日は、ロシア側から見た視点が聞けてとっても学びがありました。 今度からできるだけロシアからの視点も意識してニュースを見たいと思います。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=政治・経済・時事問題 - ジャンル=政治・経済

【2014/04/12 14:37】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






感じてますか?  | アメリカ移住
『あ、ごめんなさい。 この方私のお客様なんだけど、毎日のように電話かけてくるのよ。
 お客様だから邪見にも出来ないし、適当にお話をして、次の仕事の為に繋げるようにしているの。ごめんなさいね手を止めさせちゃって。』

いいえ、かまいませんよ。彼は、貴方の事を好きなのでは無いですか?。

『ええ、間違い無くね。』

貴方は彼氏がいるの?

『いないわよ。私の友達も。”どうして彼氏にしないの?” って言うんだけど、
 私、仕事とプライベートを一緒にしたくないのよ。

 だいたい、何も感じないのよ。

感じ無いって、つき合う前からそうそうわからないと思いますよ。

私は感じるのよ。もし、その相手が結ばれるべき相手なら。。。。

私の元カレがサンフランシスコに住んでいるんだけどね。

彼とは繋がってるの。

彼が体調が悪い時には、私がそれを感じる事が出来るし、私が落ち込んでる時には、彼はすぐに解るの。
お互い同じ日の同じ時間帯に ”お腹痛〜い” ってね。

彼とよりを戻して結婚するとか考えていないの?

『もう結婚してるのよ。 娘も一人いるわ。その娘がもっとサイキックなのよ。

先日ね、私がネックレスを探しながら彼に電話していたの。彼に、電話で ”ねえ、ネックレス何処?” って娘に聞いてみて? って言った瞬間にね、彼の目の前にいた娘がね、

私たちの会話も聞いて無いのに、穏やかに笑ってこう言ったの。

”ネックレスはあるわよ” って。


その瞬間ね、ネックレスがふって来たのよ! 私の手の中に。

えええ!!!それってマジですか?

彼は奥さんとは繋がっていないのですか?

『あんまり彼女にはどうでもいいみたい。でも、彼は彼女の悪い”気”を吸い取ってしまう事ができるみたいよ。』


貴方の方がそんなに繋がっているなら、何故彼と関係が続かなかったのでしょうか? だって、どうやら貴方は自分にコネクトする人を感じる事ができるんでしょう?

『ええ、一つ確かなのはね、”彼もその人じゃ無い” って事なの。

だから、もう7年も彼氏がいないのよ私。』


たった一人の人と結ばれるっている事は大変な事ですね。

でも、探し当てたら、間違いが無いのだから、絶対幸せになりますよ。

『そうね、私もそう信じてるわ』

------------------------------------------------------------

テーマ=恋愛心理 - ジャンル=恋愛

【2014/04/12 13:42】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。