Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






近所で銃撃戦  | アメリカ移住
photo 2

昨日の11時頃のダウンタウン。 僕のお店から見えるブロックの道路が封鎖されました。

近所のアパートの上階に立てこもった男がショットガンを手に警察官と銃撃戦を繰り広げたからです。

その後、大勢のSWAT チームが到着して、アパートの中に入って行くとビル内に煙幕を焚き、

この男を撃ち殺してしまいました。

彼は62歳の元アーミーで、ベトナム戦争から帰還後にPTSD になったそうです。

戦場での体験が精神を病ませ、生き続ける事が困難で仕方なかったと聞きました。

彼は、SWAT が『銃を捨てて、手を上げなさい!』と、言った瞬間に

ショットガンを持った右手を少し正面に傾けて見せたそうです。

SWATはそれがこの状況下で自殺を試みる人間によくある仕草とわかっていながら、SWAT 自分達の

身を守る手引き通りに引き金を引き撃ち殺す選択をせざるおえなかったそうです。

サンディエゴはかつて対メキシコ防御ライン、そして太平洋戦争の防御重要基地であった事から、

沢山の帰還兵が住み着いています。彼らは日々戦場での恐怖やぬぐい去られぬ惨劇の回想に精神を病み、

日々己の生と戦っています。

ベトナム戦争では、多くの兵士がモルヒネ中毒になって帰還しました。

彼らにできるだけ安らかな日々をおくってもらえるように、軍機関にしっかり心のケアをしてもらいたいものです。

かつて勇敢に戦った見知らぬ男よ、どうか安らかにお眠りください。
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=海外ニュース - ジャンル=ニュース

【2014/02/28 01:16】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。