Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






4000キロを超えて  | アメリカ移住
あれは私がまだ17歳の頃の事、母親とウイーンからイタリアへ向かう飛行機に乗ったの。

母と私は通路を隔てて座り、私は三つ並んだシートの通路側の端だったわ。

そこへ、座って乗客が全て乗り込むまでの時間を少しイライラしながら過ごしていると、突然通路に今まで見た事も無い美しい女性が立っていた。黒く柔らかい素材のドレスを来ていて、エレガントな帽子を浅めにかぶったその女性のスカートの裾が、風もないのにヒラヒラと揺れていのに見入った後、彼女の青く透き通る目を盗み見ようと必死だった。

ああ、あの女性が私の隣に座ってくれたらいいのに・・・・

そしたら彼女、私の目の前で止まって、『エクスキューズミー』って、私の足下を通り抜けて窓際の席へ。

彼女の後を突いて来た男性がわたしの間となりに、

どうやら、その女性の旦那様のようでした。

彼女が隣に座らなかった事を残念に思っていた私は、それでも彼女に興味津々で。。。

『いったい彼女はチキンをオーダーするのかな? それともミートかしら?』

なんて考えていると、私と同じチキンをオーダーした偶然にちょっと喜んでみたりして・・・・

もう一度心の中で、『ああ、あの女性に隣に座ってほしい。』

しばらくしてトイレに立ち去った彼女がまた席に着く頃には、男性が窓際に座って私の隣に彼女がすわったの。

彼女に軽く会釈をすると彼女はその美しい瞳を私の方へまっすぐ向けて、美しい旋律で話し始めたの。。。

何をはなしたのかしら? 美しい音楽のような彼女の話は、ただ、ただ、私の耳の中に旋律を響かせながら、美しい夢のような時間が続いたわ。

私はそれまで私と同じ女性にそんな気持ちを持った事なんて無かった。

私には彼がいたし、私自信その時の彼女に対する感情に戸惑っていたの。

しばらくして映画を見始めた私たちは、まるでその映画のストーリーラインなんて頭の中に入ってこないようだったわ。ずーっと彼女が握り返してくる手の感触に心を捕われて、思考が全く働かない様子だった。

イタリアに到着した私たちは、彼女の勧めで一緒に食事をする事にしたの。

私たちはまるで周囲に誰もいないみたいに二人きりの世界を作り上げて話し続けたわ。

そして、彼女がこう言ったの。

『私たちウイーンへ帰る飛行機にも一緒に乗りましょうよ』って。


帰りの飛行機の機中で、

私が音楽を聞いていた時、彼女もヘッドホンをしていたから、彼女いったいどのチャンネルを聞いてるのか知りたくなってね。それでチャンネルのデジタル表示を盗み見ると、私とおんなじチャンネル3だった。

それで私がチャンネル1にスイッチすると、まさか? と思って彼女のチャンネルを見ると ”1” と表示されていた。5に変えると ”5”。

『もうこれは偶然じゃないわ!』

ウイーンに帰って来た私たちは、後日会食をする約束をして、再会したの。

彼女は子供達を旦那さんに預けて、私たちを二人きりにするように促したの。

それから、彼女は私の手を握ったまま、私の瞳を見つめ続けた。彼女の声は頭の中でフルートの音色のようだったわ。

その後私と母はアメリカへ帰って来たの。

16年間。。。。。。

欠かさずおはよう、お休みなさい。。。。って メールで話し続けた。

時には私のボーイフレンドの話や、ガールフレンドの話もした。

長い年月を経て、私は自分がバイセクシャルだと言う事をとっくの昔に気づいていたの。

解らないの、彼女はあくまでも彼女の旦那さん以外と関係を持った事が無いし、彼女が私と肉体的な関係を持つ事も考えられないというの。

だったら、なぜ? 彼女は私にあんなに美しい、愛の言葉を投げかけてくるのかしら?

解らないの・・・・・彼女の旦那様は、『彼と彼女の間に私の存在が欠かせない』って言ってるって。

彼女は私にウイーンで暮らすように勧めるのだけれど、

私は『その先はどうなるの?』って、疑問を投げかけずにはいられないのよ。

4000キロもはなれた遠隔の地から彼女が送り続けるメッセージは、いったい私の人生の中でどのような意味を持っているのでしょう?

添い遂げる可能性が無いなら、ここアメリカで好きな人を見つけて一緒になった方がよっぽどいいって風にも思うのよ。

『もし、ここで誰かを見つけて結婚するとしたら、それは男性なのかい? それとも女性なの?』

それは解らないわ?

『じゃあ、子供を産みたいって思ってる?』

ええ、もちろんよ、私にもその願望はあるわ。

でも、それだけの事ならいろいろな方法があるでしょう?

大切な事は、私が誰か一生涯をともに過ごしても良いという人を見つけるって言う事。

それが何よりも大切な事なの。 だって、私は男性にも女性にも魅力を感じる事ができるんだから。。。。。

『もっと人間性そのものなのかな? 君にとっては。』

そうかもね。。。。。



スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2013/04/25 11:49】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






イラク戦争の日記  | アメリカ移住
イラク戦争に行った経験を持つお友達のアリスと食事をしました。

私は救急隊の護衛や、実際に介護の任務にあたっていたのよ。

来るひも来るひも、手や足がブラブラ繋がっているいるだけの兵士が運び込まれてくるのを見て過ごしたのよ。

貴方死体って今までに何度見た事あるかしら?

私はもう数える事も無くなってしまったわ。

誰一人信じられる者はいなかった。

ハイ、ご機嫌いかが? って話をして、その後の会話を続けると、それがどのように使われて、私に対してアタックしてくるものなのか解らないからね。

ミリタリーのような閉鎖された環境では、本当にいろいろな信じがたい事も行われていた。

その中で信じられるのは私自身だけ。

いつしか、建物の外の爆風の音も何もかもまるで、日常の何でも無い汽車が通過する音のような、そんな風に感覚が麻痺して来た頃。

天空から神が降りて来て、私に乗り移ったような感覚を覚えて、ペンを握ったの。

『生きている意味』『戦争とは?』

そんな事に悟りを得たときにに、毎日の日記に書き留める世界が変化して行ったの。

私には窓の外で起こっている殺戮など、ただの雑音でしかなかった。

『戦争は、貴方の中にあるのよ。あたし達一人一人の心の中にね。』

戦争に行った事の無い僕には、想像もつかない事なんだろうねきっと。 でも、なぜミリタリーに入ろうって考えたの?


『父親との良き関係を保つためよ。』

『え?』

私の父は元軍人で、私が大学へ行く事へ協力的では無かったの。

私が大学へ行きたいって言うと、全ての生活の援助を断ってしまって、私はミリタリーへ入隊する道しか残されていなかったの。

ミリタリーでの生活はとっても過酷なものだったからね、それは父親を恨んだわ。

今はもう、仲直りしたの?

『イラクから帰って来たときにはもう、妹の交通事故死を知るに至っていたの。父親にぶちまけたい事と、両親が失った娘への悲しみとを比べると、やっぱり彼をそっとしておいてあげよう、という風に私の気持ちがシフトしたのね。だって、私はあの飛び交う弾丸の中で生き抜いたんだもの。』


それはそうだね、方や戦争を生き抜いてもう一人は平和の世の中で命を散らさなければならなかった。


そのコントラストが君の心に与えた影響は本当に大きいだろうね。

私は、この経験をぜひとも一冊の本にしようと思っているの。

でもね、それはアメリカのミリタリー内の問題を投げかける事になるから、私の身の安全を確保する事がまず第一にしなければならない事なの。

偽名を使うとか、完全にノンフィクションとして書くかね?


全部本当の事でも?

そう、全部本当の事でも。

そうでないと軍隊のイメージをかなり悪くしてしまいかねないから。

そうだとしても、君の経験は人々に何らかの生きる意味を気づかせるだろうと思うよ。

あの日記を読むたびにこみ上げてくる感情を押さえながら、少しづつ作業を進めてるのよ。

がんばって出版してくださいね。


『うん』

あ、ボストンマラソンの会場で、今日爆弾テロがあったんだって。

え? それ本当?

ええ、今お母さんがそう連絡して来たの。

こうやって続いて行くのかな?

きっとそうね・・・・・・・・
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2013/04/16 15:31】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






あなたのDNA調べます?  | アメリカ移住
いや〜、忙しいですね〜。。。。

オーナー技術者というのは、今までやっていた事と輪をかけて、いろいろな雑用や数字の管理、小さい事から大きな事まで、沢山たくさんお仕事があるものです。

って、言っても、がんばってこのブログは書き続けますからね〜。 

これからも、よろしくお願いします。

さて、このたび、僕の美容院 b:b meme の半名付け親、『meme』について教えてくれたサンドロ君が来店してくれました。

memeを紹介してくださってありがとうございます。 貴方が僕の美容院の名付け親みたいなものですよ!

いや、それはお恥ずかしい、ちょっとしたトリビアをお話ししたに過ぎないのですが・・・・

でもね、あれからすっごく遺伝子の事について興味が湧いてしまって、とうとう新しい事業を起こす事になったんですよ。

また、何か始められるんですか?

そう。今回はね、『貴方のDNA 調べます!』っていうサービス。


そうですか、それはいったいどういうサービスなんですか?

インターネット上でね申し込んでたいただくんですが、唾液を袋に入れて送ってもらって、それを契約しているDNAリサーチャーに鑑定してもらうんです。

それでね、顧客のDNAタイプを数値やグラフ化、それから特性を書き出してお知らせするんです。


最近ではこのDNA鑑定というのが、がかなりお手頃になったんで目を付けてたんですよ。


それってファミリーツリーみたいなものですか? 『貴方の祖先が解る!』 とかって?


いや〜、もっと実用的な事だよ。

一例を挙げるとね、ダイエット。


DNA をきちんと調べると、人によっては脂肪分を接種しないと太っちゃうという人がまれにいたりするんです。

でも、その人が何も知らないでいると、どんどん脂肪分を摂取しないというのが、通常のダイエット方法でしょ?

このDNA鑑定サービスはそういった、彼らの体質をDNAの内容から調査する事で、そう言った体質のコントロールを、もっとピンポイントで行う事を目的としているんだよ。


もちろん、なり易い病気や、それを予防する方法だって知る事ができるんだよ。


へ〜、それはすごいサービスですね。
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2013/04/13 07:52】   トラックバック(0) | コメント(1) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。