Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






ヨセミテ国立公園  | 海外旅行
Tunnelview.gif

サンディエゴから約5時間でたどり着く国立公園。

ヨセミテこの絶景には言葉で言い表せないものがあります。

今回が僕たち家族にとっての初ヨセミテでしたが、グランドキャニオンに次いで

ここは、ぜひもう一度訪れたい場所になりました。

このヨセミテバリーには

大理石の一枚岩 El Capitan 

ElCapitan.gif


Half Dome

Halfdome2.gif

Yosemite Fall

UpperYosemite.gif

Lower Yosemite

LowerYosemite.gif


風が吹くたびにそよぐベイルのような Bridal vail Fallと段差の大きい滝も個性豊かです。

Bridalvail.gif

1927年創業 Ahwanee hotel は5千トンの石と、千トンの鉄3030万フィートものティンバーを使用して建てられた
非常に風格のあるホテルでした。

AhwahneeHotel.gif

Yosemite Chapelはまるで絵本の中から出てきた教会のようです。

YosemiteChapel.gif

Mariposa Grove のトレイルは子供さんでもチャレンジできるやさしいコースで、今回僕たちもこの巨木の
立ち並ぶ森の中を散策しました。

MriposaGrove.gif

リスやコヨーテ、そして鹿等が藪の中から飛び出してきて、子供たちがとっても喜んでいました。

Deer1.gif

スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ - ジャンル=旅行

【2012/07/10 14:58】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






44歳の誕生日はYosemiteで  | アメリカ移住
Halfdome.gif

Yosemite国立公園のGlacier Point へ抜ける気が遠くなるほど長いトンネルを抜けると、Half Domeが見渡せる展望丘へたどり着く。 この景観がとても絶景だ。


もう20年も前の話、

当時働いていた日本の美容院の店長が、遅刻して来ても反省の色が無い僕にこう怒鳴った!

『お前きんたまついとんかぁあ~~!!!』

モッズが好きで、当時三店舗あった美容院の中でただ一人、写真撮影や、サッスーンのカットコンテストへ出場して、売り上げはダントツだった。

とっても尊敬していたその先輩が、ショックだった。


今考えれば当然の話なのだけど。

僕は当時手荒れで曲がらない指に悩まされ、それでパーマのロッドを巻くテストがなかなか合格しなかった。

気がついたら同期はおろか、後輩にまで追い越されて。

後輩が子供のワンレングスカットをしている姿をシャンプー台から眺めて悔しい思いをかみ締めていた。


たぶん自分の置かれた状況を受け入れられず、卑屈になっていたんだと思う。



渡米をしてからの3年は結構貧困生活だった。

一年目で貯金を食いつぶし、2年目は美容師試験の合格に向けて切磋琢磨して、

3年目は就職した美容院でまたアシスタントからの再出発。

最低賃金で家族を養う。。。。。。


共働きの奥さんにも頭が上がらなかった。


いつも生活はギリギリで、チェックがバウンスする事もしばしばあった。


それぞれの時でそれぞれの危機があり、そのたびにあの怒鳴り声が頭の中で聞こえてきた。


『お前、きんたまついとんかぁあ!?』


美容師試験の一ヶ月前に試験日の通達と試験内容をはじめて知って、絶望感に駆られた時も、

今のお店を3回もクビになりかけて、その都度路頭に迷う家族の姿を思ったときもその声は聞こえてきた。



あれから20年。


見知らぬ土地にやってきて、自動車免許の取り直し、スーパーでの買い物の仕方、郵便局の使い方、

今まで普通に出来ていた事が、まるで小学生に戻ったように出来ないでいる歯がゆさ。


そのたびに、『きんたまぁあ! きんたまぁあ!』って。。。。


変なものですね、あれほど侮辱的な言葉が今

苦しいときに僕を勇気付けてくれる。。。。。。


かの先輩は、今でも時々様子伺いのメールを送って来てくださいます。

創業以来僕ほど手がかかった従業員はいなかっただろうから、お世話をかけたのはその先輩だけでは無いけど。

あの言葉はかなり強烈で印象に残るものでした。


今年は、いよいよこのアメリカで、サンディエゴの地で

自分のお店を出店する事になりました。


そんな事を知る由も無いその先輩が、久しぶりに様子伺いのメールを送って来てくれました。


『おかげさまで、出店をする運びとなりました・・・・・』



と告げると、一冊の本を紹介してくださいました。


『小さな美容院が大きな美容院に勝つための5つの方法。』

これはほんとうに小さな美容院を今から開こうとしている僕にとって理想的な考えが書いた本でした。


そして今年の誕生日はYosemite国立公園で迎えました。

トンネルビューの上に立ち、ハーフドームを目の当たりにした。


大自然を体いっぱいに感じながら、これから先のプロジェクトに思いを馳せた。



『きんたまついてますよ~! 先輩!』

と、展望丘から叫ぼうかな? っと思ったがやめといた。


いつかそんな言葉を従業員に吐けるぐらいの信頼関係が自分のお店の従業員と築けたらいいな、と思います。

もちろんアメリカではタブーですが・・・・・


日本で修行して本当に良かったって思います。


何度も何度も通り抜けて来た、長い長いトンネル。

今、その僕の目の前に広がろうとする新たなる世界!。

がんばるぞぉおおお! coolcuts 44才!




------------------------------------------------------------

テーマ=*小さな幸せ・・ - ジャンル=ライフ

【2012/07/06 14:09】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。