Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






小学校卒業  | アメリカ移住
Graduation 009

先週の木曜日、さりな小学校を卒業しました。

High Tech high School 付属小学校は5年生までで卒業なので、一般小学校に比較して一年早い卒業です。

学期ごとにもらう成績表には、一度もアルファベット分けや数字の段階評価なんて見たことも無く。

この学校は文章で生徒の健闘を称える評価のしかたを終始行って来ました。


だから、自分の子供が5段階評価でどことか、十段階評価で何番とか、そんな事さっぱりわかりません。



ストレスが無いといえば無いのですが、ちょっと物足りなさも感じたりして。


と、肝心な卒業式ですが・・・・・・


アメリカは結構こういう場面でさっぱりしているので、きっとお涙頂戴シーンなんて無いよな~、

って思っていたのですが、ところがところが、

子供一人ひとりがマイクを持って先生たちに謝辞を述べる際に、次々と子供や、先生がすすり泣き。


それをみて、隣に座っていた女性がもらい泣きした時点からちょっと僕もやばくなってしまいまして・・・




ついつい泣いてしまいました。



後でさりなが友達と記念写真。

サングラスを掛けて写真を写す僕を見て、友達の誰かが


『さりなちゃんのお父さんすっごい若いね~』

って言い始めて、皆もそれに『うん、うん、って言ってる。』


そしたら、さりなが


『おとうさん、サングラス外しなよ! サングラス取ったら歳がばれちゃうから!!!』


さりな、それはお父さん今出来ないんだ。


『どうして?』


僕が困っていると、奥さんがさりなに耳打ちした。


『お父さん泣いちゃったから、恥ずかしくてサングラス外せないの。』


『え~また泣いたの?』



そう、うちの家族で泣いたのは僕だけでした・・・・・・





スクスクと育っていく我が娘に感無量なcoolcutsでした。



Graduation 019
担当の先生と記念撮影。 中学校は隣のビルなので、いつでも先生には会えるんだって。

で、このスマイル!
スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2012/06/25 04:59】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






Skype恋愛  | coolcuts
昨日いらしたお客様が、大学生になったばかりの息子さんの事についてお話をしていた。


うちの息子ね、今度大学へ行く事になったんだけど。

2歳年上の彼女がいてね。

それがニューヨークに住んでいるのよ・・・・・・。


それは息子さん寂しいでしょうね。


私もそう思ったんですけどね。

彼らにはそんなに苦痛じゃ無いみたいなのよ。

だってね~、たまに2週間ぐらい彼女が春休みとかで帰ってくるでしょう?

うちの息子男友達が多いから、結構彼らとつるんで遊んでいて。

2週間の間に二人がデートするのはほんの一二回ぐらいのものなの。



え~???僕だったら毎日でも会いたいけどな~。



そうでしょ? だから私はあんまり本気じゃ無いのかと思ったの。

でも、そうでもないようなのよ。


スカイプでいっつも話しているから、それで満足しちゃってるみたいなの。


へえ~、時代は変わりましたね。


スカイプでいいんですか?


不思議でしょ?





------------------------------------------------------------

テーマ=恋愛 - ジャンル=恋愛

【2012/06/22 02:03】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






Rodney King 自宅プールで死亡  | coolcuts


本日早朝、ロッドニー・キング氏が自宅プールで変死体で発見された。

氏は1991年のロサンジェルス暴動の原因になった、警察官5人による暴行ビデオの中で暴行をされていた張本人です。

僕の奥さんが日本人の友達を連れてアメリカへ帰っていたときに、ちょうどこの暴動のさなかロサンジェルス入りしていました。

放火や暴力、討ち入り・・・・・

煙が立ち込める大都市ロサンジェルスを、奥さんたちは空港から眺めていました。


このロッドニーキング氏の死因には不可解な点が多く、警察当局は現在死因の割り出しにあたっています。


今や、アメリカ合衆国大統領はアフリカンアメリカン。

でも、考えてみればアフリカンアメリカンが安心して表通りを歩けるようになったのは、そんなに昔の話じゃ無いんですね。



彼の死は再び当時のつらい思い出のこもったビデオ画像を全世界に流し続けています。

これを機会に、私たちが長い年月を掛けて学んできた事、戦い勝ち取ってきた事を再確認して。


アメリカでアジア人大統領が誕生する日を心待ちにしましょう!
------------------------------------------------------------

テーマ=気になったニュース - ジャンル=ニュース

【2012/06/18 02:47】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。