Top | RSS | Admin
スポンサーサイト  | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
------------------------------------------------------------
【--/--/-- --:--】   | Top↑






最近の音楽  | MUSIC
最近そういえば、ぜんぜん音楽ネタを書いてなかったですね~。

毎日満杯で仕事をしているから、忙しいというのもあるのですが・・・・・・・

原因は音楽の質。


何か良い曲は無いか? とラジオをチェックしているのですが。

ヘビーローテーションでかかっているのは、かなり性表現に偏った歌ばかりで、”心の歌” と呼べる内容のものが見当たらない。

Lady GaGa のPoker Faceは本題のポーカーフェイスの他にセクシャルな内容eの含みがあったというのは有名な話で、結構それからというもの、表現の自由がエスカレートしている。

Usher の Omg  はまだ可愛いもので、小さな子供に結構人気のある Katy Perry はそのファン層に対しての考慮も薄く、Last Friday Night 発表。

Bruno Mars の Lazy song だって結構危ういところがある。

『オッオー』や『オーマイガット』 や 『ポッ、ポッ、ポッ』 『I'm not doing anything.』

みたいな表現がどれもこれも子供が好きなタッチで表現されているから子供が好んで歌う。

それでいてティーンエイジャーが好む馬鹿騒ぎ的な表現をふんだんに盛り込んでるから、やっぱりキャッチー。

大人層も手中に入れてしまう、隠し性表現が、最近のポップシーンには仕掛けられているから、マーケットがグッと拡大してヒットにつながってるみたい。


でも、これだけはちょっと困る。

DevVEVO のIn The Dark

そのまんま、女の子が自慰をしてる歌。 これを子供に歌われるとちょっとキツイ。

思わず『そんな歌を歌うのは辞めなさい!』って言いたくなる。


以外にも少しはましかな? って思うのは Bad Meets Evil のLighters だけど、言葉遣いがお行儀が悪い。

でも、もともと80年代のラップシーンを支えていたのは、第二次公民権運動のようなものだったから、彼らがマーティンルーサーキングの思想を隠し味にラップの伝道者として頂点に登りつめるぞ! っていう意気込みはガンガン伝わってくる。

でもお行儀が悪い・・・・・・。

それに、結局自分が有名人なんだ、偉大なんだぞ~って言っているようにしか聞こえない。


Adeleは相変わらず美しい旋律を奏でるけど 今かかりまくってる Someone Like You はどうも頂けない。

分かれた男のことをネチネチ想って、『結婚したって聞いた。』 『私を忘れないで』 『あなたのような人を見つけるわ』ってのは ちょっと自己中心的な考え方だなって想う。

できれば彼のことを心から祝ってあげて欲しい。


Maroon 5 の Move like Jagger? う~んあれもちょっと軽いな~。 

きれい目な性表現だけど、完全に女の子が私物化しちゃってる感じ。


そんなこんなで、ちょっと感動的な心の歌を探しています。 何か知ってたら教えてちょ~だい!



スポンサーサイト
------------------------------------------------------------

テーマ=洋楽 - ジャンル=音楽

【2011/10/30 18:02】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






青春の輝き  | アメリカ移住
お~!、今日はモッズテイストですね!!

Quadropheniaって映画をご覧になったことがありますか?

The Who がBGMを担当した60年代のライダースVSモッズの闘争をモチーフにした映画。


『ええ、知ってるわ。

あの頃の若者は何かしら躍動的だったわね。』



そうですね。 25歳以下の若者あ、全米総人口の25%を占めたベイビーブーマー達。

それまでの古い価値観をひっくり返すパワーがあった。

人権運動に公民権運動、女性差別開放運動、ベトナム戦争の時だって、国を相手にプロテスト。


『私はベトナム戦争反対運動に加わっていたわ。』


あれ? そうなんですか? (そんなふうには見えないが・・・・・)


ベトナム戦争は何が若本たちの中でわだかまりとなっていたんですか?


『だって、ベトナムは私たちに何も悪いことはしていなかったじゃない?

あれは内戦だったのよ。アメリカは内戦干渉をしただけ。』


そうですね、僕は当時のチェゲバラの考えを支持しているのですが、と

遠い侍の時代の日本がそうだったように、内戦は国のシステムが一つにまとまるのに必要な作業だと思うんです。

アメリカの南北戦争もきっとその類だったのではないかと僕は思っています。


そうね、当時の若者たちもあなたと同様の事を訴えていたわ。でも、事はすでにもっと巨大な勢力争いに発展していたのね。


あの反戦運動では友達が一人死んでしまったのよ。


バリケードで警官に袋叩きにされて、死に物狂いで家に逃げ帰ってきたその夜にね。

内臓が破裂していた。


今でも時々彼の事を思い出すことはあるわ。

だからかどうか判らないけれども、私は何かに生かせてもらっているような気がしてならないの?

あれから後も私たちはあらゆる法の壁に挑んで、さまざまな封建的な価値観をひっくり返してきたわ!


私は、私の人生の中で [確かに何かをやってのけた!]


そうれは自負して今を生きてるわ!

一生懸命だったのね~、何に対してもあの頃は。



------------------------------------------------------------

テーマ=生き方 - ジャンル=ライフ

【2011/10/25 04:14】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






SF福田杯優勝!  | SARINA
IMG_4513.jpg

先日10月16日にサンフランシスコで行われた福田型トーナメント

さりな(10)マドリン(9)ペアも出場しました。

女性柔道家史上初の10段保持者で人間国宝に指定された福田恵子氏(98)が見守る中、

二人は 投げの型 と 固めの型 の二種目に出場して それぞれ金メダルと銀メダルを獲得しました。

彼女達のディビジョンにはワールドチャンピョンに3度も輝いた師匠が教える女子中学生のペアもいたし、

さりな、マドリン組みは出場者の中で最年少だったので、彼女達を破っての優勝は本当に僕たちを驚かせました。


福田先生も遠くの方で小さな二人ががんばる姿をほほえましく見守って下さっていました。

IMG_4523.jpg

ところで、この福田先生。 驚いたことに、柔道創始者の嘉納治五郎先生が柔術を学んだ侍福田八之助の孫娘
にあたるそうです。


IMG_4479.jpg

最後は人間国宝と一緒に、「はい、チーズ!」
------------------------------------------------------------

テーマ=成長の記録 - ジャンル=育児

【2011/10/23 15:48】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






ホームレス救済  | アメリカ移住
私たちはねホームレス救済活動しているのよ。


『救済活動って食事を給仕したりするんですか?』


う~んもうちょっとひねりがあるわね。


ホームレスに家を持ってもらうっていう活動よ!


へえ~、どんな風にするんですか?

ウエストコースの守りの要サンディエゴでは、ホームレスたちの多くはベトナム戦争経験者なの


だから、あの当時からモルヒネの依存症状が抜けない人だったり、メンタル異常を抱えたまま、通常の生活になじめない人がほとんどなのよ。


だから、まずは私たちの団体が彼らに提供するリハビリテーションプログラムを受ける事を前提に、


最終的なゴールは彼らに低所得者ホームを斡旋することなの。


『ええ~! そうなんですか? 僕にも家を世話してくださいよ!』


ダメよ、低所得者じゃないじゃない。


『じゃあ、ホームレスからはじめたら家が買えますか?(笑)』


(爆)もう、本当に笑わせるわね。。。。


『本気です。って!』


ところで、ベトコンももうかなり年をとっちゃいましたね。


『もう半世紀になるからね、これからは湾岸戦争やイラク戦争の影響者を面倒見るようになるのかな?』


*この話から、先日話をしたアシュリーが自力で立ち直った事は、ものすごい事なんだなって思った。
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2011/10/18 06:21】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






アシュリーの夢  |
アシュリーは20代後半のオーストリア系アメリカ人。

手元のiPhoneのスクリーンを差し出しながら、はにかんだ笑いを見せた。


『これ、私よ。』


カモフラージュを着て砂漠の中のテントをバックに一人ポーズをとっていた。

そして、手にはものものしい機関銃が握られていた。


『イラクへ行ったの?』


『うん。』


『じゃあ、いろんなもの見てきたね。それとも後方救援部隊だったの?』


『私は戦闘機やヘリコプターの準備部隊に配属していたわ。毎日、毎日、アメリカ兵やイラクの民間人が品詞の怪我をして運び込まれるさまを目の前で見てきたの。』


『帰国後メンタル面で異常は無かったの?』


『もちろんあったわよ。特別なセラピーを受けて、早く通常の生活になじめるように努力したわ。

戦友達の中では今だに心身の障害を乗り越えられず廃人のようになっている人もいるけど、私は何とかリカバリーしたわ。』


『それは大変だったね。』



『記憶は日々薄れていくの。 爆発の熱風でむき出しにされた肉片や骨、兵士たちの体に巻かれた血まみれの包帯のどす黒い血の色も。 もう私に嘔吐を感じさせるものでは無くなったし、夢にも出てこなくなった。

私にはそれが判っていたのね。 


だから、イラクにいた一日一日を、毎日日記に記したの。 

その日に見てた事全てをね。 




いつかそれを元に本を書いて出版するのが私の夢なの。

------------------------------------------------------------

テーマ=小さな幸せ - ジャンル=ライフ

【2011/10/17 23:23】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






ロホイヤ・ミリオンダラーの景色  | アメリカ移住
LJMillion3.gif

iMACが喪に服してからというもの、ずいぶんとブログを更新していませんでしたが、6年前に買ったNECのラップトップがやっとこさ、まともに動作するようになったので、そろそろアメリカ生活話の続きを始めることにします。

先日、サンディエゴで一番不動産価値の高いといわれる、ロホイヤの海岸沿いに立つ家に行ってまいりました。

美しいロホイヤの海が目の前に開けて、すばらしい景観でした。

大きな鉄の門をくぐりぬけたら、一階には海の面した庭を望むベッドルームが3部屋。

玄関から階段をあがると、そこには広いリビングと宝石のようなクッキングセットが散りばめられたキッチン。 

そして広い海が望めるのベランダからは水平線がきらきらと輝いているのが見える。

LJMillion4.gif

もう、とろけるような景観です。
こんなのところに住んで海に沈む夕日を毎日眺めてみたいものです。

資産価値はわかりませんが、10億円行くか行かないか? というレベルの話だろうと思います。
ここの住人は家賃を支払っているので、毎月$12,000だそうです。 ゼロが一つ多いですね。

普段はNYに住んでいて、ここは別荘として借りているそうです。 いったいどんな仕事をすればこんな別荘が持てるのでしょう?

借主はローファームを経営する弁護士さんだそうです。


LJMillion2.gif

とってもいいものを見させて頂きました。

でも、ちょっと意外だったのは、人間が必要な居住空間はそれほど違わないって事。

立地は最高立地で、もちろん中にあるデコレーションはとっても高価なものばかりだったけど・・・・・


---------人間が生活するということはあまり変わりがなさそう。-----------


と、いうのが正直な感想かな?

しかもこの景色は生まれ故郷の瀬戸内海と比較すると、瀬戸内海もなかなか互角で戦えるかも?


なのに何故、今眺めている景色と同じ感動を感じ取れなかったんだろう?


そういえば広島の海沿いの家って、ミリオンダラーじゃないよな。



贅沢はある程度仕組まれたところにあるってのが実際のところ。



織田信長が土地を褒美に分譲する事をやめ、高価な茶器を家来に与えた当時。

茶器は土地よりも価値のあるものへ変化した。


動乱の戦国時代では、日の本一の権力者に認められるということが、土地を得る事よりも最も栄誉あるな事だったからではないだろうか?



現在の資本主義の世の中では、人々が幸せを追求するという事=お金持ちになる。 そんな風に考える風潮が多いような気がするが、

このベランダに座って海風を受けながら、宝石のような波間の輝きを眺める

このことほど至福の時は無かった。


もしかしたら、ここに実際に暮らして毎日この景色を眺めている人よりも、10倍も感じ取る感受性を持ち合わせているんじゃないかな?


”幸せである” という事はそれを感じ取る感受性を持つ事なのだとつくづく思います。


こんな良い景色が見れるのだから、明日からもがんばって仕事しよう!

そして、一つづつ、一つづつ、自分の描くものを形にしていけばそれでいい。


どんなちっぽけな事だとしても、この景色と遭遇した時と同様の感動が得られるなら。

それは、僕の人生の中で得られる最大の宝物では無いだろうか?
------------------------------------------------------------

テーマ=アメリカ生活 - ジャンル=海外情報

【2011/10/17 11:22】   トラックバック(0) | コメント(7) | Top↑






スティーブ ジョブス逝く  | 本物


10月5日、アップルコンピューター創始者、スティーブ・ジョブスが他界した。

56歳という若さだった。

織田信長が人生50とってから、気の遠くなる時間を経て、21世紀現在、人口増加率の最も高いのは

80から100歳だというのに、彼の死は本当に早すぎる。

GUIシステムのコンピューターをパーソナル化した一人者として時代を駆け巡った。

今や音楽業界、映画業界、出版業界に独占的な販売網を築き上げた。

彼の功績は偉大だ。

某世界最大手ソフトウエアー会社の豪邸で働いていた友人が、よく訪ねてくるジョブスを見かけたという話を聞いて以来、ちょっとだけ身近に感じていたから。


余計に残念な気持ちになる。


僕が最初に買ったコンピューターは MACのPerformer


おまけに僕のiMACも現在危篤状態でなお悲しい。


ご冥福をお祈りします。


それではスティーブ・ジョブスの伝説のスピーチをシェアします。


もうこの時癌に侵されていたんだよね。



------------------------------------------------------------

テーマ=気になったニュース - ジャンル=ニュース

【2011/10/09 10:22】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。